よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬鹿な麻生とそれに立向わねばならない小沢

<<   作成日時 : 2009/03/07 10:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

定額給付金を命がけで通した麻生総理は日本国のリーダーとして馬鹿としか言いようが無い。

総理にまで上り詰めたのだから馬鹿と言っては失礼かも知れないが、自身の役割を全く認識していない。
グローバル化した地球で、景気対策は何か。
答えは貧困の解決に他ならない。

日本は元々資源も何も無い農業国家だった。
しかし、明治維新当初日本はジパングと呼ばれ、金や銀の産出量は群を抜いていた。
それ以上に識字率が高かった。
これが殖産興業に成功した大きな要因でもあった。

麻生総理は本当に分っておられない。
本当に企業家なのか。
何代も続く財閥の当主として、全ては執事に任せておけば企業は大丈夫なのだろう。

その執事を育てる事こそ景気対策なのだが、そんな事はどうでも良いらしい。
総理の執事たる官僚が総理の顔を見ているかどうかが気になるようだ。
そういう総理に対抗する政党を創出しなければならない民主党党首小沢一郎も大変だ。

地盤看板を持った自民党議員を全て敵に回し、新人を当選させねばならないのだ。
違法にならない集金マシンを作らねばならない訳だ。
それを持つ小沢が麻生は憎くて堪らない訳だ。

集金マシンと官僚の作文の不用な選挙制度を構築する事が大切だ。
そろそろ麻生も小沢も必要の無い制度改革をしなければならない。
無論、森元総理も要らない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/03/07 10:42
作家フォーサイス 次の小説はギニアビサウのクーデタ
  ||| 暗殺とクーデタと作家フォーサイス ||| 反乱軍側が擁立し即日元首に即位したレイムンド・ペレイラ新大統領 外国勢力の傀儡政権であることだけは確か ...続きを見る
米流時評
2009/03/08 09:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
もう3月。。Hbarさんの『己のなかに、敵もいて、味方もいる。』のテーゼを、私、自己の気持ちに入れてますので、チェックを入れながら、今後の自分の商売のことを考えてます。厳しいので、テーゼに助かってます。
麻生さんも小沢さんも、「攻撃のしあい」的な、そうした雰囲気を感じますが、国民の願い
を受け入れ、支持されることが、一番の勝利者なのでは。。
旧田中・竹下派時代の集金力は小沢さんは凄かった。今やることは、権力維持や奪取でなく、少しでも早く景気の底を浅くし、仕事を作れる日本に、一刻も早く。。
それが、古い選挙制度では無理かもしれませんねー。
官僚に今の中央・地方どちらも苦しいことの「危機意識」がはたしてあるのだろうか?疑問です。
さとし君
2009/03/07 21:54
新しいリーダーは出現するんでしょうか
ちょっと前の世論調査では、小沢さんがトップになってたけど・・
今回の事で、小沢さんも絶望的だし
日本丸の行く末が心配ですね
風子
2009/03/07 22:22
さとし君・風子ちゃんようこそ。
今の官僚制度をスクラップアンドビルドしてくれる政治家に登場願いたいものですね。消費税上げなくて良くなるかも。
Hbar
2009/03/07 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬鹿な麻生とそれに立向わねばならない小沢 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる