よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 欧米の泥沼金融市況に何もできない麻生政治空白

<<   作成日時 : 2009/03/03 15:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

今朝、起きてNYダウが300ドル程下がっていたのには予想していたとは言え、震撼とした。

欧米の金融が彷徨する闇は深い。
底無しであるかのように錯覚さえ覚えそうな最近の金融破綻が続いている。
しかし、底無しでは無いとだけ言っておこう。
必ず底はあるものだ。

小泉・竹中改革で、金融の資産評価をしてその後の政府資金注入によって失われた10年にピリオドを打った。
未だ、欧米では負債の再評価は行われていない。
どれだけの泥沼か訳も分らず、ドル資金を垂れ流しているだけだ。
これを続けていれば、負のスパイラルはまだまだ続くのかもしれない。

日本にしてもバブル崩壊後、暫くして住専問題が起きた。
農協の焦げ付きは惨憺たるものであった。
今の欧米の状況はその頃の日本が呈していた情況に近いのではないか。
あの頃も政府による銀行への一率注入が目を引いたものだ。
あの後、長銀や山一の破綻が起き、その後小泉・竹中改革によって抜本対策が取られた。

欧米の金融危機はまだまだ続くと言わねばなるまい。
この時期に日本の政権基盤が強ければ大きく世界に貢献できるし、円の価値は大きく膨らむのにと残念だ。
麻生総理は国賊と言っても過言ではない。

こんな時に古賀選対委員長は09年度補正予算とのたまうのに驚く。
08年度補正予算を通して解散すると民主党と密約したのでは無かったのか。
それを反故にし、あろう事か2次補正予算案提出を越年させた。
国会が空転して当然だ。

方向音痴も良い所だ。
自民党守旧派が麻生総理を羽交い絞めにして解散を先送りしているのだろう。
それにしても実行しているのは麻生総理であるから1番詰みは重い。

政治空白が無ければ、国家として1番傷が浅い日本が主導権を取って世界経済を牽引していくものを。
それこそ政治空白しか生出さない麻生内閣は世界の恥と言わねばならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マーケット事情
水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そのものの過去記事を以下に連ねる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/03/03 15:21
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/03/03 15:22
ウォール街ブリザード!ダウ平均6千ドル台へ急落
   ||| NYダウ平均6千ドル台へ急落 |||  週明けのニューヨーク株式市場ダウ平均株価、11年ぶりの6千ドル台へ急落  2月まで6か月連続下落を記録した直後の暴落で、明日の世界市場にも影響か ...続きを見る
米流時評
2009/03/03 20:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
欧米の泥沼金融市況に何もできない麻生政治空白 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる