よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 記事「凋落し始めた業務スーパー」をうけて

<<   作成日時 : 2009/04/14 11:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

昨年8月に東京へ行った時に業務スーパーに立寄って「凋落し始めた業務スーパー」を書いたが、現時点で3879人の方々に見て頂いている。
これは開業僅か10年一寸の神戸物産が創出したビジネスモデルへの警告だ。
10年やそこらで様々なソフト面の整備が出来る訳ないのに、既に既得権益面している所が鼻持ちなら無い。

兎に角、既得権益と言うのは始末に悪い。
昨日の「麻生総理は中福祉中負担と言うが」でも書いたが、既得権益層の保守エネルギーの強さには辟易する。
今日の日経でもイオンがコンビニ型スーパー「まいばすけっと」を首都圏中心に500店舗展開すると言う。

イオンと言えば価格値下げで業績回復を目指すのではなかったのか。
昨日のローソンを初めとするコンビニ大手が挙って収益力アップになったと言う情勢を見て、1番旨味の多い首都圏に狙いを定めて利益を確保するのが本心のようだ。
値下げをして、顔の見えない消費者よりも自身の儲けを第1に考える資本主義1辺当で、3方皆良しと言う日本に根付く商習慣はどうなっても良いと言うのが資本の論理と言う事のようだ。

業務スーパーに戻ろう。
開店した当初は、兎に角安いと言う事で、集客力には飛躍的なものがあった。
ある時、その時の店長が「少しずつ値上げしているんですよ」と耳打ちされ、気付いていたがその気になって見回すと結構な品目に登っていた。

顕著になったのは昨年春、ガソリン高による値上げが小売業界一斉に施行された時だった。
この時ばかりと多くの品目に付いて値上りした。
一寸したトラブルがあったのだが、ある時に周辺の小売店を見回すと業務スーパーよりも企業努力している小売店の多さに驚いた。

只、既得権益層の大手スーパーでは見回ってみるけれども買いたい商品が見当たらない。
ここ松山で言えば、ジャスコ・フジ等である。
努力しているのは地場中型スーパーは生残りに掛けて懸命に努力している。

最近、「ラ・ムー」と言う大型ディスカウントスーパーが流行っている。
目に付くのは安さ、に他ならない。
周辺の業務スーパーが神戸物産以外の仕入先商品を値下げしている。

流通の原則は水は高きより低きに流れ、密度の高い所より低きに流れると言う熱力学第2法則に則ると巧く行く。
既得権益は密度の高い所をますます密度を高くさせ、結果的に流動性を低めている。
円高差益が既得権益権者にのみ流れ、一般消費者には流れない仕組みを作ってしまっている。

麻生総理はその既得権益者だけを集め有識者会議「安心社会実現会議」を開いた。
既得権益者だけ集めて益々その既得権益者を肥え太らせ、社会の非活性化を狙っているのだろうか。
その分、日本国力は弱まっているのか分からないのだろう。

麻生太郎は日本国力を弱める総理に他ならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マーケット事情
水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そのものの過去記事を以下に連ねる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/04/14 11:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
記事「凋落し始めた業務スーパー」をうけて よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる