よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊文春で麻生総理酷評

<<   作成日時 : 2009/04/19 06:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

昨夜、道後温泉へ徒歩で往復中にコンビニで週刊新潮と週刊文春の冒頭だけ立読みした。
我家から道後温泉まで歩いて3km、25分の丁度良い散歩コースだ。
昨夕は、TBS報道特集を終って、土曜日で本館が混んでいたので椿の湯に行った。

晩酌をしながら報道特集を見たのだが、昨日の特集は「中国経済失速の波紋」と「破綻SFCGの会長を直撃」の両極端印象を伝える内容は興味深かった。
失速した中国経済で低賃金の中格闘する若い夫婦と不況に喘ぐ富裕層に対して破産して身を小さくしているはずのSFCG大島会長が高級外車に乗回し、次のビジネス構築に動く姿の映像だ。
SFCG破綻の影響を受けた中小零細企業経営者の苦闘を思えば懺悔していなければならないはずがと思うのは筆者のみではあるまい。

立寄ったコンビニで直目に付いたのは週刊新潮で二週間前に放映された「NHKスペシャル シリーズ「JAPANデビュー」 第1回「アジアの“一等国”」」の酷評であった。
このレビューは筆者も違和感を感じたので書かなかったのだが、特に台湾統治に関するNHKディレクターの拙劣さに対するものであった。
筆者の見解はこのブログの始めの方の記事で紹介しているが、日露戦争満州軍参謀長児玉源太郎が前任台湾総督府時代に台湾統治が植民地経営として西欧列強に比しても成功していると認識しているが、番組での評価の拙劣さに違和感を感じたものだ。

風呂を出て、そのコンビにに立寄ると今度は週刊文春が目に止った。
そこには何と麻生総理が支持率アップに対してその傲慢な強気の見苦しい姿が復活しているとある。
支持率アップと言っても3割に届かないのだ。

無論、この年の初めに1割を切ろうとしていた時に爪噛みをしていた事を思えば、心躍るのも無理からぬ話だ。
民主党代表第1秘書逮捕事件や定額給付金配布を受けての支持率上昇だ。
真に麻生支持では無く、元々の自民党支持者の麻生離れが戻ってきただけの話だ。

筆者も元々は自民党支持であるが、全て官僚任せの麻生総理支持は出来ない。
国家を食い潰す白蟻集団の官僚のいいなりしか出来ない総理を支持する方が見識を疑うというものだ。
昨日、自閉症の記事に対してコメした人が居たが、総理批判した記事に対してして欲しいものだ。

多分、3〜50年後に歴史家は日本を駄目にした総理の汚名をつけるに相違ない。
百年後には話題にすら登らないであろう。
祖父である吉田茂、曽祖父である大久保利通は日本史に永遠に残る英傑であったのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/04/19 06:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
椿の湯は良いですね。
護国神社の川沿いですか?
それとも市電の線路沿いに下るのかな?
椿の湯は銭湯感覚で、市民の皆さんが安く利用できて。羨ましい限りです。
一般人
2009/04/19 19:36
一般人さんようこそ。
椿の湯は本館正面から商店街を抜けた所です。本館も入洗料は400円で銭湯感覚で入れます。本館は流石に100年以上の歴史を持つ程に見所が多いのですよ。
Hbar
2009/04/19 20:38
おはよう。
椿の湯の場所は護国神社方面ですね。
私の書き方がまずかったです。
散歩のコースが川沿いからか、市電沿いかを聞いてみたかったので。
一般人
2009/04/20 05:46
一般人さんようこそ。
散歩コースは石手寺から道後にかけての川沿いです。松山は詳しいのですか。
Hbar
2009/04/20 07:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
週刊文春で麻生総理酷評 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる