よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 橋下大阪府知事の発言で直轄事業地方分担と税源移譲の議論が始まった

<<   作成日時 : 2009/04/20 10:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

橋下知事をして国の奴隷と言わしめた国の直轄事業。
ここが官僚が地方を支配する巨大な橋頭堡だ。
田中康夫代議士が「脱ダム宣言」をして久しいが、先の宮城・三重・鳥取3県元知事がコメンテーターとしてTVに露出するようになって、国と地方の問題が庶民にとって分り易い議論となった。

50年前に全国知事会ではこの問題を国に要請しているらしい。
小泉構造改革の時も大揺れに揺れて、結果的に霞ヶ関に押し戻された経緯がある。
今回は東国原旋風に煽られての橋下竜巻と相成った。

40才前の知事がよくやっていて、全国民が大阪府の行末を見守っている。
今回森田健作千葉県知事の誕生で、発進力が更なる強化された知事会でもある。
官僚の無節操な税金食い潰しのつけを地方に負担させようというのが地方分担金に他ならない。

建設中止が決ったにも関らず、多くの合同庁舎が着工したとの話だ。
丹羽地方分権改革推進委員長はバカな事と責任者を呼びつけると田原総一郎に言っていた。
兎に角、お役所日の丸、税金の無駄使いと言うこの国の白蟻達がせめて白蟻位には役立つようになって欲しい。

今朝の朝ズバでやっていたが、熊本・大蘇ダムが水漏れで機能していないのには驚いた。
最初の予算は160億円と言う事だったのだが、予算がどんどん積み増しされて600億円近くに膨れ上がり、30年掛けて完成したと思ったら水漏れで機能不全のダムと言う話だ。
これも直轄事業としての追加調査・工事が必要で、その地元負担金の問題に火が点いている。

農林水産省の直轄工事という話だが、社会保険庁ならぬ仕事の出来ない官僚達に税金が無駄遣いされている訳だ。
探せば幾つ出てくるか、底無し沼の感が否めない。
消えた年金だけでも底無し沼であるのに、それを1つと勘定しての底無し沼と言うのは空恐ろしい。

それを象る官僚郡が作成する行政プランを実行するしか芸の無い総理には困ったものだ。
それでも、知事から声が出て、官僚達は追詰められている。
そのあがきが谷総裁・漆間官房副長官・宮崎法制局長官という事だろうか。

暮らし良い日本を造って頂きたいものだ。
その為に我々は何を為さねばならないかよく考えねばならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
行政改革
大蔵省に始まり、社保庁や国土交通省における近年の報道には目を覆わんとするものがある。 5千年に及ぶ人類の歴史を紐解いても制度疲弊による官僚腐敗が時代を終わらせている。 折角手に入れた、民主主義である。 是非、この疲弊を正して現行の平和な民主国家を守ろうではないか。 以下に過去記事を配置する。 社会保険庁よお前は何者なんだ(2008/01/23) お手盛りは何とかならんか(2008/01/24) 上級公務員は自身の私服の事のみ考えているのか(2008/01/28) 社会保険庁... ...続きを見る
よく考えよう
2009/04/20 10:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
橋下さん、結構やってますよね
自分の年収が、10分の1に激減しても、選んだ知事の座ですから、
真の意味での改革やって貰って、従来の悪の根源を少しでも断ち切って欲しいものです
国は地方へ要求するばかりではいけないんですよ・・
いい流れが、できてくればいいのですが・・
風子
2009/04/20 20:04
風子ちゃんようこそ。
橋下さん偉いねぇ。麻生さんの減点を結構1人で減らしてるからね。麻生さん橋下さんに表彰状ださないとね。
Hbar
2009/04/20 20:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
橋下大阪府知事の発言で直轄事業地方分担と税源移譲の議論が始まった よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる