よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 総理大臣面したいなら、麻生総理は政治空白の総括をすべき

<<   作成日時 : 2009/04/27 13:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 2 / コメント 37

麻生総理のにやけ顔、秋葉キャラの知ったかぶりには些か反吐が出る。
元々決められていた時に解散していれば、どちらが勝つにせよ百年に1度の危機に対する予算は昨補正予算で審議され、民意を得た内閣での対応が得られていたはずだ。
これによって日本国民が受けた被害は甚大なものであるのは論を待たない。

このブログの読者であれば経緯は充分に理解できると考える。
定額給付金が支給が始まり、西松と小沢問題を追風を受けて3割の支持率を回復したのは引受けて頂くには悦ばしい限りではある。
しかし、就任時には過半数を上回っていたはずだ。

何が支持率を低迷させたのか良く分っておられるのだろうか。
そうして、ズルズルと5月まで引伸ばして、野党に責任を負わそうとする小狡さには呆れる。
鉱工業生産指数があれだけ下がったのは対応が遅れたからではないか。

未曾有の不況だから先が読めないと言う言い訳は、前内閣まで3代続いて経済学者が閣内に居たのを外したのは麻生総理ご本人は言う権利は無い。
総理大臣の決断で学者でなくて政治家を選んだのだ。
それでもって景気対策を1年近く後回しにした結果、日本経済がどうなったか。

派遣切りは言うに及ばず、潰れなくても良い企業倒産がどれだけあったか。
全てはズルズル爪を噛むしか能が無い総理が作った政治空白のせいではないのか。
多分、多くの人が自殺もしているだろう。

俺のせいじゃない

と仰りたいだろうけれども麻生総理の犯罪とも言える始末だ。
卑しくも一国の総理を引受けるからにはそれ位の覚悟が必要ではないか。
それを、でれでれと。

国民は怒っている

それも根拠も無い補正予算をぶち上げて、赤字国債の垂流しをする。
これもそれも官僚の作文でしか動けない総理だからではないか。

ご自身の尻を拭いてくれ

と言いたい。

まあ、麻生総理の評価は歴史が決めてくれるだろうが、その前に政治家であれば総括して当然ではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/04/27 13:40
麻生内閣の支持率が上昇傾向
麻生内閣についての最新の世論調査結果。            支持率    不支 ...続きを見る
本質
2009/04/27 22:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(37件)

内 容 ニックネーム/日時
大変失礼ですが、突っ込みどころ満載ですので、色々と突っ込ませていただきます。
長文になってしまいましたので、分割してカキコしますね。
>元々決められていた時に解散していれば
任期が今年の9月までなのは決まっていますが、それ以上のことを定めた決まりごとはありません。
マスコミ謹製の日程と現実とが異なることは良くあることです。

>民意を得た内閣での対応が得られていたはずだ。
もし自民党が勝っていた場合、現状+再議決が出来ない状態というコンボだったと予想されます。
民主党も「都合の悪い民意」を重んじる政党ではありません。

>就任時には過半数を上回っていたはずだ。
40%台だったはずであり、これを過半数とは呼べないと思いますけど。
フフン
2009/04/28 18:44
>ズルズルと5月まで引伸ばして
常識的に考えれば、もっと先に伸ばすと思います。
新型インフルエンザもありますし・・・

>それでもって景気対策を1年近く後回しにした結果、日本経済がどうなったか。
いつから算出されているのでしょうか?賛否はともかく、景気対策は昨年の秋から実施中ですけども。

>それも根拠も無い補正予算をぶち上げて、赤字国債の垂流しをする。
今の経済情勢ならば、日銀の買い受けを期待できますので、想像されているほどの後年度負担は発生しません。

>まあ、麻生総理の評価は歴史が決めてくれるだろうが
今以上に悪く言われることはないでしょうね。

>その前に政治家であれば総括して当然ではないか
いかなる総括をしてもらえれば満足されるのでしょうか?
フフン
2009/04/28 18:46
フフンさんようこそ。
コメ頂けるのであればリンクも張って頂きたかったですね。日頃の意見も拝見した上で返事をしたいのですが、字面のみになってしまいます。
福田前総理はご自身で解散したかったけれども、支持率の点で侭ならず総理を退陣されましたね。
それを受けた麻生総理は解散すべきでした。就任時には6割近くの支持率があったはずです。ご確認下さい。
その時解散していれば、自民党が勝っていても直近の選挙で選ばれた訳ですから福田総理の時のような審議が進まないと言う状態は回避されたはずです。
解散すべきを解散せず、居直るなら法的には問題は無いのですが、百年に1度であれば昨年の補正で今回の補正までやるべきでしょう。識者の大方はそういう見解と見受けています。
前総理の想いも踏み躙り、ご自身で百年に1度と言いながらその対応もしない総理の歴史的評価は如何なものかと。
戦前にも田中儀一総理は昭和天皇からおしかりを受け辞めていますが、今は叱る人も居ず、居座りを見守るしかない国民です。
これが歴史に残らずにおりましょうか。
出自を明らかにせずして、論拠の無いコメントは以後削除致します。
Hbar
2009/04/28 19:31
>コメ頂けるのであればリンクも張って頂きたかったですね。日頃の意見も拝見した上で返事をしたいのですが、字面のみになってしまいます。
ブログを持っていないので、現時点でそれは不可能です。まだ、持つかどうかは思案中ですので、お答えしようがありません。持つことがあったら、お知らせしますが。

>自民党が勝っていても直近の選挙で選ばれた訳ですから福田総理の時のような審議が進まないと言う状態は回避されたはずです。
民主党の胸先三寸で何とでもなります。「あれは冒頭解散という卑劣な手段によるものだから、必ずしも『民意』とは言えない」と強弁するのも十分に可能です。
民主党は、今まで負けた選挙でこういう発言をしていますよ。当時の記憶を呼び戻してくださいませ。
フフン
2009/04/29 20:32
>前総理の想いも踏み躙り
補正予算、テロ特措法、消費者庁の3点セットを「宿題」として次期総裁に委ねる旨の指示をされております。
これらを実施した場合、理想的な日程でも早期解散は不可能でした。
現実には、1次補正が10月、テロ特措法が12月、消費者庁は今月にようやく成立しています。

>就任時には6割近くの支持率があったはずです。
当時の世論調査を見渡しても、50%を越える数字を見出せません。福田総理のものと勘違いされているのでは?

>出自を明らかにせずして、論拠の無いコメントは以後削除致します。
では、止むを得ませんね。
だが、貴方の書かれている記事の論拠は何処でしょうか(苦笑)
フフン
2009/04/29 20:33
何れにせよ百年に一度と言って、官僚任せにすればフフンさんの仰るとおりでしょうよ。それでは政治家は只のお飾りかと言いたい。
Hbar
2009/05/01 20:44
先日、ブログを開設しましたので、報告に参りました。

>それでは政治家は只のお飾りかと言いたい。
国会での審議を忘れていないですか?
引き延ばしに遭えば、時間はそれだけ延びますよ。
また、予算編成して提出するには20〜30日はかかります。
「単純に15兆円を支出します」だけでは、駄目なわけで、官僚任せという次元の問題ではありません。
たかが何百人程度の議員で、そんなものを作れると本気で思っているのですか?
恐らく、不幸にも政権交代があったとしても一緒でしょう。
フフン
2009/05/15 00:56
審議引延しの口実は2年近くになりますが直近の国政選挙で自民党が大敗を喫した事です。それを解消する勇気も無くて政治家が聞いて呆れる。只の臆病であり、日本経済の失速を呼んだのもこの臆病所以です。
無論、官僚の手助け無しには何もできませんが、政治家が確固たる政治哲学を持てば官僚も給料を貰っている訳ですから仕事しない訳は無い。丸投げしているから、日本経済が悲鳴を挙げ、自殺者が急増しています。
hbar
2009/05/15 08:50
>それを解消する勇気も無くて政治家が聞いて呆れる。
参院の解散が出来るのならばともかく、たとえ自民党が勝てたとしても、まず現状の2/3を維持するのは不可能なので、再議決も不可能になることを忘れないで下さい。
僕はこれが頭にあったので9月当時、少なくとも平成21年度予算を通すまで解散すべきではないと考えていました。
それと、これは今もですけど、郵政選挙並みの勝利を収めない限り、小沢一郎という何でも政局にする政治業者が民主党の最高実力者に止まるであろうというのも大きなネックですね。
ですから、「麻生総理は、たまたまかもしれないが、よくぞ耐えてくれた」という考えです。
現時点でも、補正予算や海賊対処法が成立するまで解散すべきではありません。
フフン
2009/05/15 12:44
フフンさんようこそ。
ここが貴方と私の違いですね。2/3条項を与党だけで可決できると言う状態は民主主義から反しています。小泉元総理が総理であればそれが民意ですから文句も無いのですが。支持率の低い与党が使うのは民主主義に反します。それでも2/3条項を使いたければ、マニュフェストを掲げて総選挙を戦い、勝取れば良いのです。もし、民主党政権になった所で細川内閣のようにアラが出て、総選挙になりますよ。当然政界再編制されねばなりませんが、民主主義とはそういうものです。フフンさんは全体主義者ですか。
hbar
2009/05/15 15:28
>民主主義から反しています。
憲法に則った行為です。そう仰るのならば、憲法改正をお望みですか?
私としては、憲法改正の際には9条と参院の廃止の方を望みますが(完全に話題からそれてしまった・・・)。

>民主党政権になった所で細川内閣のようにアラが出て、総選挙になりますよ。
あの時と選挙制度が違いますから、分裂して選挙に追い込まれる状況にはならないでしょう。
グダグダのまま、次の任期一杯まで続くと思いますよ。

>フフンさんは全体主義者ですか。
国政選挙が多すぎるんじゃないかとは思っていますが、そこまで言われるのは心外です。
ですけども、ここまでメディアに左右されるのを見ると、日本の民主主義の行く末に悲観的な見解を持っているのも事実ですね。
フフン
2009/05/15 22:23
フフンさんようこそ。
話が全て擦れ違って、何処まで行っても平行線のようです。フフンさん曰くは自民党独裁政権であるべしのように聞こえます。私も元々自民党支持者なんですよ。しかし、直近の選挙で自民党が敗れていて、それでも利権を押通す所に民主主義の歪みが見え隠れしているんですよ。
hbar
2009/05/16 00:08
>自民党独裁政権であるべしのように聞こえます。
民主党に政権担当能力無し。
また、アレな方向に行っても党を割るだけの連中もいないと見ます。
しかも、2007年の参院選でそんな彼らが勝ちすぎてしまったため、2010年での再逆転はありえない。
なので、現時点では衆院を任期一杯まで引っ張って欲しい海賊対処法案のような民主党には絶対に出来ないものを通して欲しいというのが僕の考えです。
・・・確かに、そう見えるかもしれない。

>それでも利権を押通す所に民主主義の歪みが見え隠れしているんですよ。
民主党は民主党で旧社会党系のものだとか、近年、自民党を離れたものを色々と取り込んでいるようですが・・・
もし、政権交代をしても、今度はそっちのスキャンダルだらけになるんじゃないですかね。
フフン
2009/05/16 18:25
フフンさんようこそ。
仰る通りなればこそ、解散して2/3こそ無いものの過半数あれば、それはそれで民意でしょう。それに民主党が勝っても化けの皮が剥げる訳でしょう。
それに結果として政治空白を作った罪は大きい。フフンさんが仰る通りなればこそ、堂々と解散して昨年の内に福田案でなく大型補正を組めば評価できます。
尤も、選挙制度が変らぬ限り駄目でしょうが。
hbar
2009/05/16 19:40
>堂々と解散して昨年の内に福田案でなく大型補正を組めば評価できます。
ですから、それをやってた場合、新しい補正が完成するのは12月になってます。
そうなると、今とタイムスケジュールは同じですよ。
つまり貴方が描かれているタイムスケジュールと現実は差異が無いわけで、政治空白とも呼べないと考えます。

>それに民主党が勝っても化けの皮が剥げる訳でしょう。
それで分裂するのならともかく、今日の一件で民主党の連中は馬鹿(←「史記」に書かれた本来の意味で)ばっかりということが証明されたわけで、そいつらがグダグダのまま引っ張る悪夢になってますよ。
フフン
2009/05/17 00:28
名目にせよ、百年に1度と言う認識で解散先送りしたんですよ。百年に1度と言うのは大震災と同じ扱いにして良い国民に対する災害であるのを、平時と同じスタンスで前総理の決めた補正予算を審議した訳です。何の百年に1度ですか。もし、関東東海沖大地震が起きて、その対策に3ヵ月も掛るんですか。百年に1度の経済危機での自殺者増加も多いのですよ。麻生総理の弁解が多すぎる。言った事とした事の違いを分った上で書込んで下さい。
Hbar
2009/05/17 05:26
12月になって、やっと補正を出すよりは、とりあえず10月中に手元にある補正は通しておくというのは、良い判断だったと思いますが。
また、麻生総理の仰る「百年に一度」というのは、世界的な状況だって、日本はそのとばっちりを受けているというニュアンスです。
実際、欧米は借金を返さなきゃならん状況ですが、我が方はそういう状況ではない。
だいたい、日本のみに限って言うと、10年くらい前の銀行や証券会社がバタバタと倒れてた時の方が酷かったんじゃないですか?
いや。100年で見ると、昭和恐慌や敗戦直後の混乱期といった、今よりも数段酷い時期がありますね。

>関東東海沖大地震が起きて、その対策に3ヵ月も掛るんですか。
仰る意味が分かりません。そういう災害だとか戦争への対処は、また別問題でしょ?
フフン
2009/05/17 18:16
フフンさんようこそ。
経済学者を閣僚から外したというより、衆知を無視したから百年に1度と言って震災とか戦争並の感覚を持てず、自殺者が頻発しているのではないですか。これまでの3代続いた学者を閣僚とする内閣と一線を画したからこういう結果を招いたと言えるのではないですか。自殺者の数は銃器による死傷者よりも多い位です。それを如何お考えか。
Hbar
2009/05/17 20:26
>3代続いた学者を閣僚とする内閣と一線を画したからこういう結果を招いたと言えるのではないですか。
・・・経済学者の全てが財政積極論者じゃないでしょうに。
小泉政権時代の竹中さんはどういう考えの持ち主だったか、よくご存知でしょう?
確か、医療費や公共事業のシーリングを外した今年度予算は過大だと批判されていたはずです。
現に、今でも過剰支出なのではないかと言う学者さんもおられますし。
ただ、景気は3月に底打ちしたのではないかと見る人が増えてきているようですね。

>自殺者の数は銃器による死傷者よりも多い位です。
そんなの当たり前でしょう。我が日本は銃器の保有は厳しく制限されていますし、世界に冠たる犯罪少国なんですから。
フフン
2009/05/17 23:42
もうちょっと書きますね。
現実世界での1次補正が成立したのは10月16日。
もし、何度も仰っているような選挙→大規模補正をしていたら、予算が出来るのは12月初旬で、成立するのは年末〜年明けとなり、それまでは予算の裏づけを得た支援を得られず、年越しを出来ずに自殺していた人はもっと多くいたと思います。
それと、補正予算が12月までずれ込む関係で、21年度本予算の編成作業にも悪影響が出ていたと思います。
また、組み直しをしていたとして、それができるのは現実世界の2次補正より1ヶ月半程度早い11月初旬だと思われるので、成立は11月下旬〜12月。
ですから、年末を考えるとあまり時間は無い次期になっていたはずです。
しかも、このシミュレートは引き延ばしが無かった場合ですので、それすら微妙だったかもしれません。
フフン
2009/05/19 18:35
フフンさんようこそ。
冒頭解散していれば、その補正予算の頃には内閣は組めますね。何処が勝つにせよ、リーマンショックで世界が揺れているときです。それこそ政争している場合でなく、民主も自民も責任政党ですから挙国一致でああのこうのは無いでしょう。当然、リーマンショック後の選挙ですからお互い公約として補正予算案の内容を詰めて選挙戦を戦うはずです。あの経済的大暴風雨は内閣ができるまで一緒でしょう。補正予算組むのにそんなに掛る訳は無いし、編成内容が緊急措置が大型になった筈です。官僚の方々も平時はルーチンワークでしょうが百年に1度、詰り戦時体制です。フフンさんの仰るようにはならなかったはずです。
Hbar
2009/05/20 05:34
>それこそ政争している場合でなく、民主も自民も責任政党ですから挙国一致でああのこうのは無いでしょう。

金融国会当時の小沢一郎氏を覚えているので、そういう楽観的な考えにはなれません。
あの時、非常事態だからと政府・自民党との協議に応じた菅代表率いる民主党を「腰抜け」と嘲笑し、ひたすら政局にしていた人ですから。
日本だけで見ると、当時は金融機関の倒産が相次ぎ、不良債権も積み上がっていましたから、状況としては去年後半よりも悲惨な面が多々あったんですよ。
そういう時でも、ああいうことをしている人なんですから、「自民党の辛勝。しかし、小沢は居座る」という状況だと、どういう悪いことになっていたか想像するだけで寒気がします。
あの人の今までの行動パターンだと、ひたすら審議を止めて、再度の解散に持ち込むことを優先させるでしょう。
メディアなんて「首相の誤読」の方に熱心なんですから、何とでもなりますし。

フフン
2009/05/20 18:56
>冒頭解散していれば、その補正予算の頃には内閣は組めますね。
新しい内閣が出来るのは11月になってからですよ。
それで、新しい予算を組み始めるんですから、完成するのは、やはり12月に入るかどうかという微妙なタイミングになります。
12月に入ると21年度に行う税制改正の決定、そして21年度予算の編成があり、これを遅らせるわけにいきませんから、日程的にかなり無理があります。
「大和魂があれば解決できる」的な意見には賛成できません。

>リーマンショック後の選挙ですからお互い公約として補正予算案の内容を詰めて選挙戦を戦うはずです。
残念ですが、それは買い被りがすぎるでしょう・・・。
両者とも選挙戦にのめりこんで、そういう細部まで煮詰める時間なんか無いと思いますが。
ですから、時間短縮などはできないでしょう。

>経済的大暴風雨は内閣ができるまで一緒でしょう。
とりあえず、不十分だが10月に第1弾を投入できた場合と、大規模だが年末ギリギリまで投入できるかどうか微妙なものとでは大違いだと思います。
予算には、「真水」部分以外のものもあることをご存知でしょう?
フフン
2009/05/20 18:57
>官僚の方々も平時はルーチンワークでしょうが百年に1度、詰り戦時体制です。

補正予算の編成作業から成立するまでの間は、いかなる場合でも戦時同然だそうですよ。
日本の国家公務員は、独立行政法人の分も含めても欧米各国に比べて人口比では少ないようです。
というわけで、国家公務員の増員でも提案されるつもりですか?
そういうご意見なら、僕も賛成なのですが・・・
フフン
2009/05/20 18:59
フフンさんようこそ。
長々と長談義ご苦労に存じます。第一の小沢一郎さんの金融国会における態度をどうみるかですが、小泉旋風で吹っ飛びましたね。要は麻生総理に力量があれば小沢一郎なにするものぞです。安部元総理がお友達内閣を作って、参議院選挙で散々な目にあわされましたが、麻生内閣もお友達内閣なんですよ。選挙管理内閣であれば出来る程度の当り前だのクラッカー内閣しか編成していない。次の冒頭解散ですが、麻生総理に百年に1度の意識あれば解散の日から40日以内ですから40日とらずに早々に選挙しても良い訳です。40日取るから11月になる訳で、百年に1度だから20日で投票をすれば良いのでは。官僚の百年に1度は民間では通用しない。今や民間ではルーチンワークは全て機械任せの時代です。そういう仕事体系にするなれば公務員は増やすべきです。官僚が国益を増やし、消費税に頼らない国家にする事が私の持論ですから、仕事体系さえ変れば増やす方が雇用の為にも良い。社会保険庁のような仕事振りで、消費税ありきを通すので公務員批判になります。夫々が優秀な人材ですから、胸を張る仕事をしてくれれば増やす方が良いに決まっています。
Hbar
2009/05/20 20:49
>小泉旋風で吹っ飛びましたね。
金融国会は1998年の秋。小泉旋風は2001年ですから3年近くもずれてますよ。
また、2001年当時、小沢氏率いる自由党は前年に連立政権からの離脱を巡って、一部が保守党として分裂しており、一部では「過去の人」と見る向きもありました。
ですから、あの頃大丈夫だったから、今も大丈夫だろうというのは飛躍がすぎると思います。

>40日取るから11月になる訳で、百年に1度だから20日で投票をすれば良いのでは。
まことしやかに囁かれていた日程でも、解散〜投票までは3週間程度(10月3日解散→10月26日投票)でしたよ。
ですから、新内閣の発足までは1週間程度空くと考えれば、何度も言っているように11月に入ってからですね。
なお、1993年に政権交代が起きたときは、衆院選開票〜新政権発足まで20日もかかっていたりします。

>今や民間ではルーチンワークは全て機械任せの時代です。
公的機関も似たようなものになっているのでは?
フフン
2009/05/21 20:02
>官僚が国益を増やし、消費税に頼らない国家にする事が私の持論ですから
人口分布を見ると、少なくとも高齢化社会の到来は避けられませんから、間接税の比重を高めた税制への移行をしてもらわないと、現役世代は困ると思います。

>社会保険庁のような仕事振りで、消費税ありきを通すので公務員批判になります。
全ての省庁が社保庁のような温い環境でやっているとは限らないでしょう。
僕が聞く範囲では、むしろ逆に厳しい勤務環境ですが・・・
だからこそ、こういう「マスコミに踊らされすぎではないでしょうか?」という反論を書いています。
フフン
2009/05/21 20:05
フフンさんお疲れ様です。
事実、金融危機が吹っ飛んだのは小泉改革あってが現実です。ああいう力強いメッセージを発信してこそ、又強さには裏付が無ければ強さも感じられません。
内閣成立は百年に1度ですから、もっと短くて良いと思います。
公的機関はそういう意味では無茶く茶サボタージュしてますよ。そうでなければ貴方のように優秀な方にとって分り辛い作業にはなり得ません。
というより、公僕たる官僚が真価を発揮して財源がどんどん出来る仕組みを作って頂きたい訳です。何しろ日本で1番のエリート集団の筈ですから。
済むからやっている訳です。当然風水害が起きれば担当部局は火事場騒ぎでしょうが。頭の良い人揃っているのだから、仕組作りに精を出して頂かないと。貪る仕組作りは狡猾ですからね。
Hbar
2009/05/22 08:51
また長くなりますが、これでも読んで、ちょっと頭を冷やしてはいかがですか?

アマチュア=問題の難しさや危険を知らないか,過小評価する。


アマチュアの論理

@理想論を規範論にする
A当事者の能力や努力を知らず,無能・無責任・怠惰と批判する。
Bプロは,ミスをせず,また,変化や危険を予知できる存在と決めつけ,
 それに反する事故が発生すればプロ失格と批判し,時には,犯罪者にする。
C難しいこと,危険なことを簡単に考え,「やれ」と言う=「素人の暴論」
D成功や失敗の理由を,1〜2の要素に求め,短絡的に理解し,論じる。
 特に「アイデア」,「意識」,「体質」,「制度」,「組織構造」など
 に求める。

E現在の制度のデメリットのみをあげつらう。
F新たな制度のメリットのみをアピールして提唱する。
G新たな制度のデメリット,副作用を考えない(知らない?)。
フフン
2009/05/23 19:21
H新たな制度が諸問題を一気に解決すると考え,改革や革命を連呼する。
Iできない理由を,改革する想像力や意欲の不足に求める。
Jトレードオフがある課題を,同時にやれという(たとえば,迅速と的確)。

ランチェスター思考 競争戦略の基礎 (福田秀人著 東洋経済新報社刊)より


さて・・・
>内閣成立は百年に1度ですから、もっと短くて良いと思います。
失礼ですが、それでも同じ週の後半にはなるので、大差ないですよ。

>公的機関はそういう意味では無茶く茶サボタージュしてますよ。そうでなければ貴方のように優秀な方にとって分り辛い作業にはなり得ません。
一般会計だけでも80兆以上、特別会計も含めると200兆を越えるわけで、その規模の大きさを分かって仰ってます?
フフン
2009/05/23 19:26
フフンさんご苦労様です。
ランチェスターと言うのは懐かしい響き。確かに私は麻生総理やフフンさんから見れば素人には違いない。しかし、戦後から連呼とポスター張りだけの制度にお金が掛り過ぎ。こうやって、知らない同士で無料のやりとりできる時代に。そう言う制度の下では殆どが麻生総理のやり方が普通なのでしょうね。元農水相は還元水の問題で自殺までしたからね。こんな制度は素人だろうが玄人だろうが変えなければ駄目。自殺ですよ、どうお思い。
予算の規模も重々承知してます。だからこそあれだけ人を配置している。明治の頃はお役人と言えば偉いし給与も高かったものです。それを一般並みに下手すると民間の方が高くなる場合すらあります。お役人になる時は皆さん志高くなられるのですよ。それがこれでは腐るのも当然。腐らせなくて効率的はどうすれば良いか、民間なら当然の発想。役人を役に立たせるのが政治家の務め。しかし、政治家は資金集めに奔走が仕事と言う制度がある。そんな自殺者もでるような腐った制度を汲々と守る代表が森元総理でありその傀儡麻生総理その人。だから政治家なら信が1番と批判している。もっと明るい志高い政治が欲しい。
Hbar
2009/05/23 20:21
>そんな自殺者もでるような腐った制度を汲々と守る代表が森元総理でありその傀儡麻生総理その人。
僕は小沢一郎だと思いますけどね。
残念なことに、そういう輩に民主党は乗っ取られてしまい、今や一個人の私党に成り下がってしまいました・・・。

>だから政治家なら信が1番と批判している。
そんなもの、メディアのさじ加減次第でどうにでもなりますよ。
フフン
2009/05/25 21:05
フフンさんようこそ。
そういう政治家が国家を駄目にしていると言う日本の平和ボケが駄目なんでしょうね。恥知らずをしても盧武鉉のように自殺も出来ないのだろうね。
Hbar
2009/05/26 14:42
>日本の平和ボケが駄目なんでしょうね。
それはどういう意味で仰ってるのでしょうか?
野党第1党の前党首は「国連至上主義」を唱え、現党首とされる人物は「友愛外交」という訳の分からんことを言ってることを指しているのなら、僕もそう思います。

>恥知らずをしても盧武鉉のように自殺も出来ないのだろうね。
ノ・ムヒョン前大統領が犯した最大の罪は、「バランサー論」を本当に実践してしまったことだと思います。
僕から見れば、言っちゃあ悪いですけど、あんな金銭疑惑なんてチンケなものです。
本人は、そうじゃなかったんでしょうけどね・・・。
フフン
2009/05/26 20:32
フフンさんご苦労様。
野党の党首が何を吼えようとも、吼えているに過ぎません。責任政党の為す行為は歴史が証明してくれます。折角積上げた埋蔵金、使っちまった太郎ちゃんはどう評価されるのかな。折角、渡辺前大臣が苦労して作った法律を骨抜きにした評価は未来の歴史家に託しましょう。どうもお疲れ様です。
Hbar
2009/05/26 21:28
>野党の党首が何を吼えようとも、吼えているに過ぎません。
参議院のあの有様や次期総理候補の一角と考えると、とてもそうは思えません。

>折角積上げた埋蔵金、使っちまった太郎ちゃんはどう評価されるのかな。
状況が状況なだけに、止むを得ないんじゃないですか?

>渡辺前大臣が苦労して作った法律を骨抜きにした評価は未来の歴史家に託しましょう。
結局、メディア謹製の公務員叩きに逆戻りですか・・・

>評価は未来の歴史家に託しましょう。
まあ、少しすれば歴史家じゃなくても「麻生を叩きすぎた」と後悔する声の方が多くなると思いますよ。
特に、政権交代なんてことになったら、尚更でしょう。
フフン
2009/05/28 19:10
フフンさんご苦労様です。
私も自民党支持者なんですが、麻生総理の自覚の無い時間が余りにも長すぎる。それ故に、官僚に良い目に合されるんですよ。この無自覚期間が百年に1度の突風だったから、今の体たらくです。もし、真剣に総理をまっとうされる積りがあるなら、自己批判をして国民に陳謝した上でなされば人気でるかも知れません。昨日偶々ソウル駅前で盧武鉉前大統領の国葬に対する集会に出くわせましたが、その哀悼を集会に出てまでする国民の多さには驚きます。国民に人気が無いのは何か、真摯に受止めて頂きたく思います。多分後世の歴史家からみれば無評価になるのではないでしょうか。時代に対しては評価するだろうけれども麻生総理は1行出てくれば良いのでは。
Hbar
2009/05/28 20:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
総理大臣面したいなら、麻生総理は政治空白の総括をすべき よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる