よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 血も涙もない麻生総理

<<   作成日時 : 2009/04/29 08:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

福田前総理はご自身の事を可哀想な位努力したと言って、自分を客観的に見れると言って辞めた。
政権放り出した人を言って、どうなるんだと言う向きもあろうが総選挙をする為に選挙の顔を選ぶ為に辞めたには違いない。
全く縁の無い筆者には計り知れないのだが、総理の椅子は手放したくないもののようだ。

麻生総理が取る最近の笑顔や態度を見れば一目瞭然だ。
ここで、国民が考えるべき事は現麻生政権で出来た事は福田内閣でも出来たという事だ。
福田前総理は直近の国民による支持を取り付けていないと言う事で、辞任を決意した。

福田内閣には太田弘子大臣が閣内に居た。
リーマンショックが起きた時、あの明快な説明を国民にして頂ければ補正予算案増額に異を唱える国民は居ないだろう。
麻生内閣に至っては百年に1度の繰り返しのみで、国民に不安と恐怖しか与えていない。

何の羅針盤も持たない麻生内閣は08年内には何も手を打てなかった。
その為に先進国で最大の経済減速に見舞われている。
福田前総理が託した国民の信託さえ守れず、何の対策もとってこなかったから支持率は下がり、日本経済は落ちる所迄落ちた。

何の為に09年まで待ったかと言えば官僚の作文待ちと言う他ないであろう。
それを昨日「フフン」なる人物が我が記事に訳の分らないコメントを寄せてきている。
麻生びいきの人も居るという事だ。

前政権の引継ぎも出来ず、日本経済を急落させた張本人は麻生太郎その人ではないか。
元々自民党支持者として腹立たしい。
こんな事では、奢れる者久しからずとの如く自民党は壊滅へと向かうのかと義憤に耐えない。

福田前総理及び過去の歴代総裁が可哀想だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政情を想う
一時たりとも休もうとしない政治情勢に想いを馳せる過去記事を以下に載せる。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/04/29 08:13
プレ・パンデミック秒読みの限りない憂鬱
  ||| プレ・パンデミックの限りない憂鬱 |||  欧州から中東、アジアまで拡大した新型ウィルスのインフルエンザ最前線報告  CDC: 蔓延の実情は「プレ・パンデミック」フェーズ5への進展も時間の問題 ...続きを見る
米流時評
2009/05/01 06:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
血も涙もない麻生総理 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる