よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS ソウルへ来て早や2週間、あっちへうろうろこっちへうろうろ

<<   作成日時 : 2009/05/14 11:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

生活の見通しは大分経ち嬉しい事に銭湯が近くにあった。
最初は聞くだけで違和感があった韓国語の響きも耳慣れし、そろそろ来週位から会話を練習する予定だ。
勝手に喋るだけなら、カン文字を振った会話文例集のカナを読めば良いのですが、相手が何を返してきたのか分らないでは会話は成立しようも無く、成立させるには相手が何を言ったか何度も聞き返してでも理解しなければならない。

それで会話を後回しにして文法に取組んだ訳だ。
それで習ってみると母音だけでも21文字子音は19文字、実に4百文字に1つ足りないだけの表音文字があり、その字母配列順を覚えていないと辞書も引けない。
それに加える事の27種類のパッチムがあり、表音文字で「子音+母音+子音」の構成で表意文字を構成する。

韓国人が漢字を覚えない訳だ。
口から出る音だけで全ての会話や論文が書けるという優れものが約六百年前に作られた朝鮮言語なのだ。
それにしてもこういう事を頭に入れて会話に取組むようになれたのは大きな進歩だ。

昨日は韓日辞典と韓国語で書かれた料理の概説から始まり、肉や魚を使った主菜・汁物・惣菜・漬物・野菜料理・それらの概説があって韓国の代表料理が紹介され、最後に食材の概説まで書かれた料理本を購入した。
無論、今は写真や調理手順を見て分る程しかわからないのだが、辞書を引く為に購入した訳だ。
帰るまでにどれだけ読めるか挑戦しなければならない。

これを読む事によって韓国語と親しみ、商売人相手に色々と話題が広がろうと言うものだ。
ソウルに来て、1日平均10kmは歩いただろうか。
地下鉄に乗れない訳では無いのだが、韓国語の音声に慣れず、駅を数え間違える可能性はあり、地図を頼りに移動する方が安心できる。

5日目に駱山公園に迷込んだ話は書いた。
翌日には反対方向から登る事に挑戦し、碁会所も見付けたし、恵化門から東大門へと続く城壁はもはや懐かしささえ感じる。
昨日も初めて京東市場に行ったが、その帰り道に古本屋街へ行き、千ウォンショップで買い物をして東大門からこっちへ行けば良いだろうとどんどん歩いたのは良いが、全く見当違いの場所にでてしまった。

地図を広げて、若者に聞くのだが真直ぐ行くと遠回りになるようなので、途中で左に折れて坂道を登り始めた。
色々迷いに迷って、行止りに2回も行き当たったが、初志貫徹登れ登れで見えたのが、見慣れた城壁だった。
2kmも続く目印だから間違いはない。

結果として、駱山公園の直下まで登った訳だ。
それから階段を下りて、一路恵化門方面に向かう。
大方は城壁沿いに本当は通ってはいけない道なのだが、恵化門方面から登れる道の造成中を通った。

帰ってみると未だ暗くはなっていないものの、午後7時半を超えていた。
又、この記事を索引に色々と書いていきたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
語学のほうも頑張っておられますね
毎日たくさん歩かれているようで身体にもいいんじゃないですか
銭湯があったなんて・・
日本みたいな感じですか?
風子
2009/05/14 18:00
風子ちゃんようこそ。
日本より良い所だね。人は皆と言って良いほど善良で親切だし、日本に居ると韓国の悪い面ばかりが目立っているけれども、都市景観も風光明媚といって良いね。何処だって、駆け足で見て回るから良い所を見逃すんだよ。
hbar
2009/05/14 19:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソウルへ来て早や2週間、あっちへうろうろこっちへうろうろ よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる