よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車操業の会社が生残る確立は100万分の1

<<   作成日時 : 2009/05/26 21:15   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

GMは無論そうだが、米国において政府に介入して欲しくなくて済ませている企業の多い事。
現実にクラッシュが起きた時、どういう状況になるか甚だ心配だ。
半世紀も前から労働組合で米国が滅びると言われていたではないか。

そこで行われたのがニクソンショックに他ならない。
あの時は1ドルが360円だった。
どうにも対日赤字が減らないので引起したのがあの騒動だった。

日本だってね、労組の問題は大きいよ。
結局働く場所を無くしているのは労働組合のせいなんだ。
日本の場合はロボット技術が優れているから、海外移転しなくても働き場はどんどん減っていく事を忘れてはいけない。

今回のGMが引起している騒動を他山の石としなければなるまい。
筆者はこのブログが始まった時から、価値創造への係り方の変化への警鈴を流し続けてきた。
しかし、分っている会社はそれなりに工夫して生残るべく頑張っているが、官僚を筆頭に金融等はまだまだ既得権益を守り続けるだけのように見える。

何時の日にか、行政はもう要らないという声が出かねない。
あの黒猫ヤマトが規制の網の中で宅急便のビジネスモデルを開発して数十年になるだろうか。
運輸業界は黒猫ヤマトと佐川急便のみ覇権を掛けて成長を続けているという。

今回、日本郵便とペリカン便が合併したそうな。
日通と郵便局と言えば親方日の丸の象徴2社でもある。
その2社が組んでも草の根から出でたヤマト運輸と黒い霧疑惑で揺れた佐川急便の2社のみ覇権を競っているという。

結局は逆境に立ち、その逆境を跳ね除けたものが強くなるという論理だ。
GMの経営苦境は労働組合の驕りから来ているのは違いない。
現在の日本で奢っている人達は誰なのか、それは夫々の人が良く知っている。

いえる事は、今回の百年に1度の経済危機において、麻生総理も後世の歴史家から処断されるに相違ない。
小沢前頭主を引合いに出す人が居るが、責任の無い野党の人に違いない。
責任政党の麻生総理の行為がどう跳ね返るか、それは後世の歴史家に委ねねばなるまい。

大きくタイミングをずらした予算執行で喜ぶ庶民は未来に何が待受けているか知らない。
GMの凋落を胸に刻まねばならない。
そうして、雑草の如く踏まれ続けた会社が生残り繁栄を続けている事も今一度胸に刻もうではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
経済関係の事は、全くわかりません
っていうか、興味も無いのかな(笑)

まぁ今の大きな経済危機が、一日も早く解決に向かってくれることを祈るのみですが・・
風子
2009/05/27 10:04
風子ちゃんようこそ。
風子ちゃんは恵まれ過ぎているんだよ。クロクマ君に感謝をしなければ。そしてここ韓国では手を繋いで散歩している夫婦の多い事。独り者には堪えるが、日本の主婦には努力せよと言いたい。
Hbar
2009/05/27 11:42
ふ〜〜ん
手を繋いでる夫婦ですか
若くなくても手を繋いでるんですか
夫婦で手なんて繋いでもね〜(´゚ω゚)ブッ 
風子
2009/05/27 17:56
風子ちゃんようこそ。
韓国では臆面も無く、若いカップルは無論の事いい歳をした叔父さんや叔母さんが手を繋いで歩いているんだよ。クロクマ君といちゃつけば良いんだよ。
Hbar
2009/05/27 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
自転車操業の会社が生残る確立は100万分の1 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる