よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 公務員制度改革よりも自民党政治体質抜本改革の方が先という事だ

<<   作成日時 : 2009/06/10 07:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

昨日の鳩山総務相の発言を受けて考えたのだが、官僚が政治家を動かしていると言う自体は自民党の派閥均衡閣僚任命制度にあったようだ。

それは無論、政治家の方々は志高くして高いハードルを越えて政治家になった訳で、議員経験年数が多くなれば言われる事もまともな先生方が多いのも承知している。

しかし、あの鳩山総務相の無責任発言の連続は何が生んでいるのか国民として真摯に考えねばならない。派閥均衡にによつて政治家は自身が長になった省庁の概要を把握する前に辞めなければならなくなる。

結果として官僚の裁量が大きくならざるを得ない。

政治家が政治家としてまともであれば、公務員のあの体たらくは考えようが無い。

全て資質の無い人が政治家に当選するこの選挙制度が悪いと言える。

国民も高度成長で全て国に任せておけば良いと言う考え方が災いしたようだ。

それを打破しようと考えたのは小泉元総理で、一内閣一閣僚、詰り内閣改造をしないと宣言している。

結果として、殆どの閣僚が長く在職している。

しかし、小泉内閣で無くなってから後継総理が全てお友達内閣になってしまったのには恐れ入る。

人情として親しい人を閣僚に任命したいのは分る。

結果として、還元水自殺事件まで起きてしまった。

これも派閥均衡事なかれ人事をした罪であろう。

鳩山総務相の軽々した発言も同じくその罪から出ている。

これを改革するには自民党は1度下野すべきかも知れない。

本当に田中角栄のような政治家のみになる自浄作用が政界に欲しいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『日本郵政』西川社長続投問題
『日本郵政』の西川善文社長の続投問題。 鳩山邦夫総務大臣が再任を認めない事を明確 ...続きを見る
本質
2009/06/10 07:41
第三者委員会と産経新聞
   昨日、 第三者委員会 から民主党に報告書が届けられた。 昨夜から、NHKをはじめ各TVで報じられているのだが、かなり つまみ食いをしただけの報道 となっている。 【委員一覧】 飯尾潤(座長) 政策研究学教授 郷原信郎(座長代理) 名城大学教授、弁護士 櫻井敬子 学習院大学教授 服部孝章 立教大学教授 委員会の記者会見 http://www.videonews.com/asx/press/090610_dpj_300.asx 報告書 http://www.dai3syaiinkai.com/... ...続きを見る
雑感
2009/06/11 17:17
6/10 (水) カエルのダミ声
 ☆アマガエル ...続きを見る
酔語酔吟 夢がたり
2009/06/11 19:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おじゃまします
私も世襲議員には反対です。
さて世襲議員の定義ですが、簡単に云うと先代の地盤、看板、鞄(カバン)をそっくり受け継いで議員活動をおこなう議員を指します。
先代が作りあげた地元業界や系列下にある地方議員.後援会・公務員をフル稼動させ当選を目指します。
このようにして当選した後継者は当然のように地元業界のために活動することになります。
長瀬 優
2009/06/10 15:35
長瀬 優さんようこそ。
兎に角、選挙制度を変えないと駄目ですね。お金ばかり掛けて、一般には連呼しかないのですから。能力あれば世襲も良いんですが、能力の無い人ばかりが世襲で残るんでは考え物ですね。
Hbar
2009/06/10 19:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
公務員制度改革よりも自民党政治体質抜本改革の方が先という事だ よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる