よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の政策当局は日本叩きをして、責任回避しているのか

<<   作成日時 : 2009/06/20 08:44   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日は南山韓屋村へ案内されて行ってきた。先日の雲峴宮と同様、李王朝末期を美化したものである。李王朝末期は冊封されていた清国が衰退し、その代わりに日本が台頭した時代だ。その日本の台頭によって滅亡した李王朝最後を称える事によって反日感情を煽っているのではなかろうか。

日本でも昨年はNHK大河ドラマで「篤姫」があったが、あれも滅び行くものへの愛惜には違いない。李王朝末期にああいう女帝が居れば、又歴史展開も変わったのではなかろうか。揺れ動く国際情勢の中で家臣団の分裂や政権末期特有の賄賂の横行が激しかったのだろうと推測される。

否定しようも無い歴史認識に立たない限り、真の国力増加はあり得ない事を韓国国民は知らねばならない。李王朝末期を懐かしんでいる余裕は無いはずだ。過ぎ去った、それも滅び行く時代は何の参考にもなりはしない。寧ろ、その時代における政権腐敗のあり方を探る事こそ必要なのではないか。

少なくとも李王朝時代には庶民の生活は貧しく、その観光地において展示されているものとは格段にかけ離れた存在だったはずだ。それよりも、江戸時代までは朝鮮半島は日本人にとって先進地域としての憧れであった李氏王朝に着目して欲しい。如何にすれば国家が繁栄するかのヒントがそこに隠されて居そうに考える。

南山韓屋村へ行く前に鷺梁津水産市場へ行った。

着いた時間が10時過ぎていたので、当然ながらせりは終り、一部の店は閉まっていた。それにしても700件に迫る店は築地の場外の比ではない。地下1地階部分がせり場と各商店のブースに分かれ、照明に照らされた貝や蟹、水槽に泳ぐ魚など盛り沢山だ。あるは、あるは大方の水産物が並んでいる。


ここで待合せていた人と昼食を摂る。
魚のあらの鍋物であったが、韓国独特の辛い味付けはまあまあの味であった。料理屋で食べる料理は始めてでもある。会計は2人分合せて日本円にして千円一寸、韓国は押並べて安い。

只、日本では百円ショップでお馴染みのダイソーの商品群の方が韓国商店よりも安いのも事実だ。
韓国におけるダイソーは地元との調和に難渋しているように見える。そこに、日本その侭のビジネスモデルが実現できていない原因があるように思う。しかし、一店舗へ行けば結構な品揃えと言うのは日本であれば当然だが、韓国では革新的でもある。

確実に韓国マーケットは変りつつある。

その変える原動力としての歴史認識を確立して欲しいものだ。

人はパンのみにて生きるものではないが、そのパンは人生にとって大きなものなのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
しかし、出来の悪い冒頭陳述としか言いようがない(爆
 産経新聞の西松公判の冒頭が、 「起訴事実をおおむね認めていたとされる取り調べ段階の供述」 とされているものは、大久保氏の 「政治資金規正法の記述記載もれがあるなら、会計責任者である私の責任」 としたもの歪曲・誇大報道である。(ソースは明かせないが) 前にもこのブログでエントリーをしたのだが、3月23日のこの発言でストーリーは、作られている。  過去新聞等では、これらの政治団体から寄附を受領した側の政治資金収支報告書には、 これらの政治団体の所在地として「西松建設の本社所在地」が記載されている場... ...続きを見る
雑感
2009/06/20 10:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国の政策当局は日本叩きをして、責任回避しているのか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる