よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS マネーの怖さ

<<   作成日時 : 2009/06/05 08:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

今、世界経済は基軸通貨であるドルの軋む音に身を縮込ませている。金本位制を放棄した基軸通貨たるドルはドル紙幣を需要に応じて印刷し、その結果生じた過剰流動がバブルを生み、そのバブルが弾けた結果が世界企業GMの破綻という未だかつて無い不透明な時代を迎えている。

しかしこのバブルの崩壊現象に当って、処方箋の書ける人が居ないという不幸が現在の社会のありようだ。この処方箋のヒントは歴史にあると考える。人類が貨幣を手にして早4千年近い歳月が流れている。その貨幣経済の登場こそが人類を哲学へと導いた主役でもあった。キリスト教の母であるユダヤ教・仏教の母であるバラモン教、そしてギリシャでも形而上学の種が花開いていた。

ひょっとすると、貨幣という存在が無ければ哲学は生まれていなかったのかも知れない。そうして、それらの哲学は富との付き合い方について言及し、それなりの結論が得られているようにも思える。
現在社会は金本位制を離脱して、電子マネーと言う新たな貨幣が市民権を得ようとしている。この21世紀に入る前後から電子ツールの発達に伴うインターネットの普及が進み、経済活動が紙幣の存在を飛び越えて、一人歩きしだしたようだ。

これに連れて、その付き合い方を規定する哲学の登場が望まれている。マネーの動きは益々早くなり、我々の頭脳では想像もできない世界を作りつつある。そういう世界を前提にマネーの怖さを論じていきたい。

@ マネーは一種の麻薬
A マネーに対する距離の置き方
B マーケットはこれからどうなるか
C マネーに振り回されない為に

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
屋山vs小沢vs麻生
6月1日の「TVタックル」で、ひとつの異変が起きた。とまぁ〜書くと植草氏のようになってしまう。 現実には、小沢氏から鳩山(兄)氏に民主党代表がかわり「友愛」という言葉の内容に関してのコメントであった。 小沢氏が代表の頃には、ボロクソに言っていた屋山氏が鳩山(兄)氏の友愛に関しては友好的な言葉を吐いたのが原因というものだ。 屋山氏の経歴から自ずと原因は見えてくる。 *財団法人日本国際フォーラム理事 北朝鮮に対抗するためには、米国への反対は「道理にも正義も反している」と取りまとめている財団法人である... ...続きを見る
雑感
2009/06/05 22:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マネーとの付き合いは、限りなく難しいですね
お金は本当に魔物です・・
ハイレベルな学問を修めた人だって、中にはそのお金で身を滅ばす人もいるくらいですものね・・
無欲にはなれませんが、
それでも、お金だけが全てだというようなことの無い人生が送りたいです
風子
2009/06/05 14:33
風子ちゃんようこそ。
今日もソウルの街を歩いていたら2人も乞食と出会ったよ。ああいう生き方は嫌だねと言えるのも日本人だからかも知れないね。日本にはあそこまで落とせばやる仕事幾らでもあるからね。
Hbar
2009/06/05 19:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
マネーの怖さ よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる