よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 高機能自閉症である私に世界観を与えた囲碁

<<   作成日時 : 2009/07/14 17:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

囲碁と言語は覚える回路が全く一緒かと思わせる程に相似しているように考える。19路盤の囲碁を覚えようとすると全く知らない人は驚くほど苦労する。囲碁を始めたばかりの人は碁盤の前で長い時間考えているように周りの人からは見られるのだが、実はあれは迷っているに過ぎない。

最初の内は誰しも特に最初の内は何処に打って良いのか迷っているに過ぎないという事を知って欲しい。よく囲碁は時間が掛ると言う話を耳にするが、あれは碁を知らない人の言う話で、例えば私が同レベルの人と考えずに打とうとお互いの納得づくでゲームをやり始めれば3分もあれば、3百手前後のゲームを終了させる事ができる。そう言う場合は、大いに勘違いをお互いに連発するが、終わってみれば長く考えたのとそうは変らない勝率に終わっている。人生の達人が何事に拠らず素早い決断で大きな収穫を上げているのと余りによく似ているのには驚くばかりだ。

弱い人を指導する時に私は「考えるな」とよく言う。先程指摘した通り、考えているように見えて実は迷っているに過ぎないのだから、早く打って経験を多く積んで考える要素を掴みなさいと言うのが真意だ。これは例えば小さな子供同士で取っ組合いの喧嘩をして、痛みであるとか実戦においてどう取組むべきかのパターン取得に似ている。

もう1つは「プロの棋譜を並べなさい」ともよく言う。その時に解説の日本語は読むなとも言っている。これは我々大人がよく陥るミスなのだが、言葉で覚えたような気持になってしまう事がよく有り、所謂論語読みの論語知らずになる事を諌めている訳だ。定石所を学んだ低段者が得意げにそれはああだこうだと説教している姿を見るが、囲碁の格言の中に「定石知って一段弱くなり」と言うのがあるがそこらをよく検証しないと囲碁と言うゲームに何時まで経っても本質を掴めない事になる。

以降で自閉症の理解が囲碁を習得する事によって深まり、その実戦力によって自閉者は勘の重要性に気付き、社会生活においてその勘を活用できるようになると考えるので自閉症者に囲碁を推奨している。
1、 健常児の言語獲得
2、 言語獲得と囲碁習得の相似性
3、 自閉症者に囲碁習得を薦める訳
4、 終わりに
上記8回に亘って詳説していく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
所詮、囲碁なんてシジイのゲームだよな。
cars
2009/07/14 21:10
囲碁との出会いで、世界の開けたHbarさん
素晴らしいじゃないですか・・
なんかこんな記事を読むと、Hbarさんに対する私の考えも変わってきました
っていうか、少しいえ、だいぶ見直しましたよ〜
って言いかたは、おかしいかな・・(=´ー`)ノ
風子
2009/07/14 22:00
ご丁寧にありがとうございます。
少し、囲碁の与える効果が理解出来たように思います。
物事を深く考え過ぎても、なるようななるし、また経験を積む事しかないって事なんですかね。
以降の記事も楽しみにしています。
美香
2009/07/15 11:20
carsさんようこそ。
覚え難いのは確かですがチャレンジされる事を祈っています。真剣にやれば非常に体力が要り、決して年寄りの為のゲームではありませんよ。
風子ちゃんようこそ。
見た侭だよ。風子ちゃんも自分の中身を検証してご覧よ。きっと良い宝の山が詰まっていると思うよ。
Hbar
2009/07/15 11:29
美香さんようこそ。
疑問を感じた時点で色々と疑念を指摘して下さい。多分、今回の疑念は氷山の一角と理解しています。互いの自閉症理解に対してもコメントして頂くと有難く思います。還暦を過ぎた私も日々考えが進化していますのでお待ちしています。
Hbar
2009/07/15 11:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
高機能自閉症である私に世界観を与えた囲碁 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる