よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS オバマを見習え

<<   作成日時 : 2009/07/24 08:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 4 / コメント 0

本年1月に米大統領となったオバマは逆風の中、確実に一貫した哲学の元で政策を実行している。暗殺され伝説となったケネディだけは例外かもしれないが、歴代米国大統領の中でもこれだけ一貫した政治姿勢で以って実行した人は居ないのでは無いかに見える。

一方、3日前解散された衆議院議員の中で惹き付けられる世界観を持っている政治家が居るだろうか。様々なメディアやインターネットを通じて入ってくる情報の中にはそういった信頼のおける政治化の姿は浮上って来ない。これは一体どういう事なのか、疑問を感じる人が多いと考える。

この原因は日本の教育制度にあると言っても過言ではない。理科や英語等に力を入れる余り、国語教育が疎かになりそうして自身の世界観の幹を形成する為の哲学教育が為されていない現れであろうと考える。世界観あって、人間はその習得した仕事に拘るテクニックをその仕事や人生に応用できる。

教育現場を垣間見ると、そう言う時間は週に1時間有るか無しではないのだろうか。我々の中学や高校時代において、政治倫理社会と言う科目はあったが、それは週に1時間添え物のようにあるだけで、無論受験には全く必要が無いので自身も全く興味を示さず漫然とその時間を過していたように考える。

しかし、我々団塊の世代には学園紛争と言う空気が大学時代にあり、その空気を吸ったお陰で自分と言うものを見詰、様々な事柄を仲間達とディスカッションする空気はあった。我々以降においては学園紛争も収束し時代は一気にバブル経済へ向かって進んでいったように感じる。その中においては、マネー第1主義であって、マネーに振回される人しか輩出してこなかった所にポリシーの欠片さえも無くした世代を多く生んだように感じる。

そういう時代・行政的背景があって現在の閉塞感しか生まなくなった。その結果が、現在の自民党の凋落現象に繋がっているのだろう。パスカルは「人は考える葦である」と言った。それは何を考えるかと言うのは自分に付いて考えるという意味であって、その他の付随的なものに付いてではないのだ。現代の不幸は「マネー」についてしか人間が考えなくなり、そういった付随的なものが無くなった時に、自身の存在価値すら失う時代になってしまった。

明治の初めにあれだけの人材が輩出した背景には徳川末期の心学ブームがあった。心学とは自身の心についての学問であるから、それをあの時代の人は多く身につけていた結果が日清・日露戦争での勝利と言う結果が付いて来たと考える。学校教育において何を為さねばならないのかと言う回答がそこにはある訳だ。


日本の国を変えなければならないと感じている識者は多く居るだろうが、その答えはそこにある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
何者にも平等に法律が適用されているか?
    樋渡利秋最高検察庁検事総長の前任者であった但木敬一前最高検察庁検事総長が、日本記者クラブの昼食会(2006/8/25)に語った言葉が残っている。 http://www.jnpc.or.jp/cgi-bin/pb/pdf.php?id=238 ____________________________________________________________ 法の下の平等 但木 検察と、皆さんの社会の決定的な違いは、我々は有罪のレベルまで持っていく証拠がない限り何もできない、という限界... ...続きを見る
雑感
2009/07/24 18:16
オバマの軍縮・F22生産停止で軍産複合体にストップ
   ||| オバマの軍縮・ノーモア F-22 |||  米国上院決議で F-22戦闘ジェット機の製造停止を可決、軍縮への一大方向転換  オバマ大統領「国税浪費」民主党半世紀の悲願達成、軍産複合体解体への第一歩 ...続きを見る
米流時評
2009/07/25 13:05
黄昏のラプター F22廃止・軍産複合体に半世紀目の楔
   ||| 軍産複合体 半世紀目の黄昏 |||  米軍 F-22ラプターの生産中止は、米国に跋扈した軍産複合体 解体への第一歩か  アイゼンハワー半世紀の悲願「米国の主権を軍需産業に渡すな」をオバマが実現 ...続きを見る
米流時評
2009/07/25 13:16
また墜ちた!イラン2度目の旅客機事故で17名死亡
  ||| アーリア航空着陸事故で17名死亡 |||  イランで今月2度目のジェット旅客機事故、着陸時に滑走路ランオフで17名死亡  イラン航空墜落事故で168名全員死亡から、わずか10日目のアーリア航空の惨事 ...続きを見る
米流時評
2009/07/25 13:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オバマを見習え よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる