よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ荒し

<<   作成日時 : 2009/08/14 22:14   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 38

我が「よく考えよう」に「フフン」さんと言われる方がコメントを寄せて下さる。批判精神溢れるコメントを頂けるのは嬉しい限りなのだが、この所意を通すのに強引さが目立ち些か当惑している。彼の主張では私の記事が民主党小沢前党主に対する見解が事実と異なると数度に止まらず記事の記載に対する訂正を求めている。

人は夫々主張があって良いし、それに対する批判もあって当然だ。しかし人間は知りうる事は自身の通った道端にあるご縁に基づくものしかないので、自己主張の強すぎるのは些か閉口する。誰しも人の言い分を受止め、その上で自身の論を展開し説得しなければならない。その時に注意しなければならないのは論拠を明確にする事だ。

元々フフンさんは私が麻生総理批判をしている時にコメントをして来た人だ。その時に私の持論として、自身のブログも持たない人には返答しないと言ったのに対して「フフンの嵐」なるブログを立ち上げて再びコメントして来たので応答を繰返している。しかし、そのブログ開始動機が自身の意見発信で無く批判に問題がある。

嘗て3年前にTHと名乗る人から言いたい放題の批判に見舞われ、結果としてその討議の全てを「どこまで続く、壮絶バトル」と記事を公開した事でそのやり取りが終わったほろ苦い想い出を持っている。であるから、ブログにリンクされない人からのコメントには答えない原則を持つに至っている。

「フフン」さんはそのふざけたようなニックネームと共に、私からブログ開設を勧められてブログ開設した経緯からブログ新人であって、そのインターネットにおける作法に疎いのも仕方ないのかも知れない。しかし、大人として他人の意見を受入れると言う懐を持たねばならないのは当然の常識と信じる。

「フフンの嵐」を見せて貰ってもコメントに対する答えは独善的で、折角コメントをして来た人が次にもコメントをし続けてくれると言う配慮に欠けている。顔の見えない人にこそ配慮の心が必要と言う事だ。ああいう人の意見を無視して、自身の主張を相手に押付けていると日常生活にも支障が出てくるのではないのか心配だ。

どういう社会生活を送っているのだろうか。とてつもなく偉い人で、周りにはイエスマンしか居なければああいう態度が出てくるのかも知れない。知識としては我々が気付かない事柄にも精通しいるので、とんでもない偉い人なのかも知れない。それはそれで裸の王様という状態であるから哀れでもある。せめてインターネットで揉まれ、縁あるものとして人の痛みが分り情けを身に付けて欲しいと思う。

真のブログ荒しと言うのは、TBを乱発するとか、悪戯にアダルトを振りまいて、全く関係の無い所で色々と小技を繰返す人がいる。顔の見えないインターネット上で塵を整理する手間が馬鹿にならない。できたらできるだけ善意でブログと向合って欲しいものだ。

政治においても、政治家が実名で自身の信条を吐露して欲しいものだ。そうする事によって、その人の信条に共鳴する人も多くなるのではないのだろうか。それ無しで、裏工作ばかりしているように見える政治の舞台も選挙民に近づき、支持者が増えるのではなかろうか。そういうインターネットとの付合いが増えれば、より一層政治家と国民の溝が埋まって来ると信じるが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
最近笑える話が多くて困る
  口を尖がらせて、「郵政民営化したんだから自民党は公約を守った」と言い放った麻生さんには、久しぶりに大笑いをさせていただいた。 日本の9.11テロともいえる郵政選挙からもうすぐ4年になろうとしている時に、郵政民営化の総括もせずに、「郵政民営化したんだから自民党は公約を守った」て言い方をされた有権者は、気持ちを逆撫でされた思いのかたも多かったのではないだろうか。 まして、「郵政民営化に自分は賛成ではなかった」と一度は口にしているのだから尚更であろう(笑 もう一つ笑わせてくれたのが、「自公が共通公... ...続きを見る
雑感
2009/08/15 00:37
タリバンのエンドゲーム・テロ戦争の潮目
   ||| タリバン戦線のエンドゲーム |||  テロ戦争8年目の潮目 パキスタンのタリバン拠点へ米軍のミサイル攻撃開始   ここ数日で、アフガンとパキスタン国境地帯のタリバンの拠点に対して 米軍・パキスタン政府軍・アフガン政府軍の総攻撃が展開している。 7月の対タリバン戦線の戦死者数が、 米軍もNATO軍も、テロ戦争始まって以来の記録となってしまった。 もちろんそれ以前から「アフガン・サージ」(増兵)は始まっていた。 ...続きを見る
米流時評
2009/08/15 10:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(38件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは

選挙が近くなり、揚げ足取りが議員のもならずブログでも目立ちはじめましたね(笑

民主党や野党支持には殆ど見られませんが、自公支持者からのコメントには多いですね。

体質というより、見方をかえると政権交代が現実のものと彼らにも写っているのでしょうね。

それだけ、焦っているのでしょう。

こちらがトコトン論破をするか、無視をするしかないのですが、彼らの共通点は全体の流れの中での考察ではなく、一文(一説)のみに対する攻撃である事が多いのですが、あくまでもネチケットを守って冷静に対応をするしかないでしょうね。
udonenogure
2009/08/14 23:23
ご指名のようですが、それでは小沢一郎が秘書逮捕の件で自己弁護に終始している場面を提示すれば訂正して頂けるのですね?
もっとも、これは当時の会見録を引っ張り出せば極めて容易なことなんですけども。
フフン
2009/08/15 00:51
udonenogureさんようこそ。
何時もTB有難う御座います。お陰で、縁が無い方々にも読んで頂いていると感じ、この場を借りてお礼を申上げます。コメントと言うのはあくまで対話であると言う認識が欲しいですね。そういう意味で批判と言うのは有難い話で実りある対話が実現すれば自身の考えの偏りが修正されようと言うものと思っています。これからも可愛がって頂きたく存じます。

フフンさんようこそ。
違う考えの人を説得すると言うのは難しいものです。文章に書表すのは自身が信じた事しか書けないものです。しかし、それを人から同意して貰うのは至難の業でもあります。興味本位で見れる記事は自ずと読者も多く居ますが信念を貫く記事に興味を抱く人は少ないのに私も苦労しています。どうせされるなら、心が動くべく努力して頂く事を願います。裁判なら判定を職業としている人が居ますが、ネット上では縛られるものはありません。そう言う中で私の記事にフフンさんに注目して頂いて批判頂いているのは光栄に思っています。
Hbar
2009/08/15 08:08
Hbarさんの例とはまた違いますが
私も何回も、悪質な嫌がらせカキコの被害にあったものですから・・
Hbarさんのお気持もよく解ります

結局は書いた文章の中から揚げ足を取るようなことしかできないんだとは思います・・
冷静に対処されこうやって記事にしたHbarさんは立派です・・
風子
2009/08/15 20:32
Hbarさま
記事のみならず、その良識と真心のこもった振る舞い、謙遜な姿勢からいつも多くを学ばせていただいております。お忙しい中、決して手を抜くことなく対応してくださることに感謝申し上げます。
maria
2009/08/15 21:27
フフンさま
なにかが、あなた様のハートに響きますように。。
maria
2009/08/15 21:29
風子ちゃんようこそ。
「ブログ気分」でも荒しにあった事があったんだ。今回の「フフン」さんはブログ初心者でネットで万人から見られている事を知らなかっただけだと思うよ。対応は原則に則するしかないんだね。
mariaさんようこそ。
偉く評価して頂いて恐縮です。記事は自身の心に素直に書いているのみです。楽しんで頂ければ幸いです。
Hbar
2009/08/15 22:13
フフン様
ようやく、伝えたいことが言葉としてまとまりました。
@日本を良くするため、建設的な議論を展開しているHbar氏に対し、フフンさんはネガティブ・キャンペーンに終始している。
 ○喩えるなら 土俵上から呼びかけるHbar氏に対し、フフンさんは場外から砂を投げつけているようなもの
A良識、相手に対する敬意の度合い、等から導き出される人格を鑑みると、政治の素人としてはHbar氏の主張がより事実に近いと推論する。
B自説を説くだけでなく実際に行動しているHbar氏に対し、ネガティブ・キャンペーンは何も生み出さない。
Cこれ以上、Hbar氏の時間と労力を無駄に消費させる行為は慎んでいただきたい。(個人的にHbar氏を稀有な人材と評価しているため)
Dこの文章をここに投稿する意図は、誰が見ても明らかなHbar氏の優位性を証明することではなく
 恐らくフフンさんが外部に投影しているであろうご自身の内面の問題に気づき、周囲に毒を撒き散らすような生き方ではなく、その知識を 建設的に用いる(=ご自身を真に生かす)生き方を選び、幸せになっていただきたいということ。
E人は、変わろうと思えばいつでも変われるものです。
 若輩者が多分に差し出がましいかとは存じますが以上です。ありがとうございました。

Hbarさま
この場を勝手にお借りし、長々と失礼いたしました。
益々のご活躍を祈念いたしております。
いつもありがとうございます。

maria
2009/08/16 08:47
>皆様方
ネガティブキャンペーンですかね?
ただ、時系列を無視している点とか、気持ちは分かるが無茶なことを仰っている点について指摘しているだけなのですけども。

Hbar様におかれましては、何だかんだ言ってこうやって長々と弁明する暇があるのですから、少しは1次情報に触れて見られてはいかがでしょうか?
フフン
2009/08/16 10:43
フフンさんようこそ。
ご自身の論を通したければ、充分な説明責任が要ると言う事です。私にとっては議論する必要の無い事ですから。それよりも発信しなければいけない事が多いのです。主張される方が論拠を示し、衆目を納得させる必要があるのです。
Hbar
2009/08/16 12:32
忌み嫌っている官僚顔負けの逃げっぷりですね。
所詮、同じような立場になったらやることは一緒だということでしょうか?
例えば、3月4日の会見にて小沢氏が「不公正な国家権力の行使」という表現を12回、そもそもその内容について疑念がもたれているのに「収支をオープンにしている」という類の表現を4〜5回使って逃げているわけですが。
フフン
2009/08/16 23:43
フフンさんようこそ。
訂正しろと言う言い分は私の考えを変えよと言っている事です。フフンさんが変えるべく主張しているのですから、説明責任をもっています。人の考えを変える位大変な作業はありません。頑張って下さい。要らぬ事ですが考えを広く持たれる事を願います。
Hbar
2009/08/17 08:56
>要らぬ事ですが考えを広く持たれる事を願います。
・・・あのぉ、今まで批判オンリーに近い文章しか書いていない方に、そういうことを言われるとは思いませんでした。
鸚鵡返しで申し訳ないですけども、たまにはこういう人の意見も読んでみた方が、視野が広がると思いますよ。

この国をダメにする政策を官僚が提言すれば、世の中きっとうまくいくという話
http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/korunakare244.pdf
フフン
2009/08/17 22:14
とりあえず、当時の会見録をどうぞ。
発信で忙しいとかいう、面白い言い訳をして逃げないで下さいね。
「不公正な国家権力の行使」云々というのは、実に見苦しい言い訳です。
3月4日分
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090304/stt0903041028006-n1.htm
フフン
2009/08/17 22:25
フフンさんようこそ。
2つの記事共に斜め読みさせて頂きました。朝の忙しい時間、それもフフンさんから読むように強制された文章は斜め読みが精一杯です。
官僚はなくてはならない存在ですが、現在の在り方は如何なものかと提言しています。悪いのは麻生総理が官僚丸投げと取れる手法を摂っている事です。
2番めの記事は小沢さんの釈明の記事でしたね。斜め読みする限りでは訂正事項は感じられませんでした。
説得させる為には他人様の記事を読ませるよりもフフンさん自身の言葉で説得して下さい。麻生総理が官僚丸投げと言っているのはそういう意味ですよ。
Hbar
2009/08/18 08:05
会見録をコピーしたのは、「国策捜査」という類のことを確かに言ってたではないかという証拠を提示するためです。
3月6日からは、「大久保に任せていたので」という言い訳が登場するようになります。
そこで、これは率直な疑問なのですが、小沢氏の「不当な権力の行使」という言い分を是とされるのでしょうか?
フフン
2009/08/19 21:05
フフンさんようこそ。
「不当な権力の行使」と言う言葉は野次馬としての国民から見れば至当に見えます。私から見た麻生総理は官僚丸投げですので、その官僚からの麻生総理に対するご褒美が元小沢秘書逮捕だったのでは。多くの政治家が西松問題に関与していて、何故小沢だけなのかと言う疑問が膨らみます。検察の国民に対する分る説明は為されないでしょう。
Hbar
2009/08/20 07:23
>その官僚からの麻生総理に対するご褒美が元小沢秘書逮捕だったのでは。
面白い意見ですが、内偵捜査は1年前(2008年春)から行われていたとのこと。
当時は福田政権であり、麻生氏が総理になったのは2008年9月です。
ですから、時系列的におかしいですよ。

>何故小沢だけなのかと言う疑問が膨らみます。
献金額が図抜けて多かったから、中央政界での捜査対象第1位に小沢氏がされるのは当然の成り行きです。

>検察の国民に対する分る説明は為されないでしょう。
大久保秘書が起訴されたときに、検察は理由を国民にも説明していますが・・・。
フフン
2009/08/21 20:21
フフンさんようこそ。
内偵捜査は福田前総理の時かも知れませんが、逮捕の決断をしたのは麻生内閣においてであり、その公判すら行われていない実情にあります。裁判の結果が果たして思惑通りにいくかどうか分らないので公判が行われないのでは。官僚のパフォーマンスのようにも見えますが。
Hbar
2009/08/21 21:27
>その公判すら行われていない実情にあります。
7月乃至8月に公判をすれば良かったと仰りたいので?

>裁判の結果が果たして思惑通りにいくかどうか分らないので公判が行われないのでは。
献金した側の裁判は既に行われており、その中で小沢氏側からの請求書という物的証拠が提示されているわけで、大久保氏が有罪判決を受ける可能性は極めて高いですよ。
フフン
2009/08/23 08:11
フフンさんようこそ。
どうでも宜しい事ですよ。肝心な事は漆間官房副長官や谷人事院総裁が麻生総理の代であれだけマスコミを賑した事ですよ。重箱の隅を突くのは止めましょうよ。私にとればフフンさんの突込みは頭をよぎりさえしないのです。
Hbar
2009/08/23 13:23
>どうでも宜しい事ですよ。
で、小沢の意見はもっともだと言っていたことは何処へ?

>重箱の隅を突くのは止めましょうよ。
>私にとればフフンさんの突込みは頭をよぎりさえしないのです。
「発信に忙しい」とか言ってワイドショーそのままの意見を書いてみたり、反論に窮したらそう放言してみたりと実に深い意見で感服いたします。
フフン
2009/08/24 18:53
フフンさんようこそ。
貴方の執念からみれば万分の一ですよ。小沢さんがどう言ったのか忘れましたよ。貴方の執念深さは印象的です。
Hbar
2009/08/24 20:23
それで、小沢氏の件についてですが、嘘もしくは事実誤認があったことを認めてくださるのでしょうか?
西松側の証言だとか、請求書という物証があるため、政治資金規正法21条3の「企業・団体献金を要求することを禁ずる」規定に引っかかる可能性が認められ、非常に悪質であると判断されるのは至極当然のことでありましょう。
ついでに言うと、大久保秘書を3月中に逮捕しないと時効になる件があったことも見逃せません。
フフン
2009/08/26 20:51
フフンさんをかばう訳ではありませんが、
Hbarさんの過去からの記事を読むと、
かなり言ってる事がマスコミ同様にコロコロ変わって
一貫してない分、矛盾は多々生じていますよ。
その矛盾に関して気が付いているかは分かりませんが、
読む側から見れば、疑問に感じても仕方ないように見えます。
初見
2009/08/26 21:02
フフンさんようこそ。
小沢さんが嘘をついていようがいまいが、野党の党首で日本の運営に些かも影響ないと思いますよ。これ程執着するのは何か利害でもあるのでしょうか。
初見さんようこそ。
私は自分の感じた事を正直に書いているのみでマスコミに阿る事はありません。何処が矛盾しているか教えて頂ければ幸いです。尤も、フフンさんの言われる如く重箱の隅であれば責任を持つつもりはありません。
Hbar
2009/08/26 22:20
>小沢さんが嘘をついていようがいまいが、野党の党首で日本の運営に些かも影響ないと思いますよ。
恐らく来月からは与党になる政党のボスですから、日本の運営に大きな影響をもたらすのは確実です。

>これ程執着するのは何か利害でもあるのでしょうか。
僕は、小沢氏がやってきた所業や大きく変動する言動を覚えているので、それだけHbarさんの記事の粗が良く分かるからです。
フフン
2009/08/28 22:04
フフンさんようこそ。
小沢さんがもし日本の運営に大きな影響を及ぼすのであれば、それは20年近く続けてきた努力が実ったと言う事で良いじゃないですか。国民に対して背信行為があれば次回の選挙で責任を問われるのですから。記事の粗は放っておいて下さい。所詮は短時間で好きに書いているだけですので。フフンさんの記事は批判のみ多くて主張の見えない記事が多いですね。このブログで批判している回数が記事の回数より多いし、自身の考えを記事で述べて下さい。批判は何もものを言いません。
Hbar
2009/08/29 09:50
で、小沢の件はどうなりました?
>20年近く続けてきた努力が実ったと言う事で良いじゃないですか。
実に浅い考えですね。その結果、現状よりも更に悪化するのは確実なので、今年春までは頻繁に書いておられた「自殺者」が更に増えるでしょう。
所詮は、政権批判のための材料として自殺者を
使っていただけなのでしょうが、こういうのは頂けません。
また、あなたは「自分の考え」だと思っているかもしれないが、言ってることは所詮、朝のワイドショーの受け売りに終始しており、もう少し自分の意見を書けるように、研鑽して下さい。
したがって、たまには発信を中断して違った考えをする人間の
フフン
2009/09/01 19:00
フフンさんようこそ。
自殺者は更に増えるかもしれませんね。今日発足した消費者庁の如く自民党政権の置土産としてですが。それに私の考えはそんなに暇人では無いですから何の前提もありません。フフンさんこそ貴方のブログや他のブログでのコメントに巡り合いましたが、批判が多いですね。小沢前代表の西松問題に執着されますね。貴方の心はネガティブで一杯なんでしょうね、同情を禁じえません。
Hbar
2009/09/01 20:28
>私の考えはそんなに暇人では無いですから何の前提もありません。
不勉強を開き直る素晴らしいお言葉です。
だから、実はメディアの受け売りなのだが、自分でよく考えたつもりの誤高説を垂れることになるのです。

>小沢前代表の西松問題に執着されますね。
官僚の陰謀説を唱える人ほどじゃないですけどね。
3月頃のご自分のエントリーを読んでくださいな。

>貴方の心はネガティブで一杯なんでしょうね、同情を禁じえません。
メディアの受け売りで極めて安易な官僚叩きをしている人が言うセリフですかね?
まあ、しばらくしたら「民主党=芋侍」というのは買い被りだったことに気付くでしょう。
フフン
2009/09/13 19:54
フフンさんようこそ。
民主党議員の芋侍論は、民主党議員にとって腹立たしいものでしょう。何代時代が違うのですから。私は控え目に言っている積りです。しかし、芋侍の苛烈さが無ければ今回の政変は上手くいかないでしょう。何代、当時の芋侍は攘夷と称して人を殺していれば良かったのです。その上澄みが明治維新として花開いたのです。上澄みだけ真似できれば平成維新でしょうね。
Hbar
2009/09/13 20:56
その芋侍達は、馬関戦争とか薩英戦争とかで身をもって「現実」を知ったわけですが、民主党の場合は依然として浮世離れしたことばかり言ってるんで、やはり全然違うと思いますよ。
どう考えても、劣化版ノ・ムヒョン政権じゃないでしょうか。
フフン
2009/09/15 20:39
フフンさんようこそ。
浮世離れは明治の元勲もそうでしたよ。そう言う意味で言えば民主党の議員は論理的に国会討論して、結果的に国民を動かしていますから本質としては異なるでしょう。国会での討論と言う舞台で国民に異を唱えられたのが自民党ですよ。
Hbar
2009/09/15 21:00
>浮世離れは明治の元勲もそうでしたよ。
例えば?彼我の力の差を認識していたが故に、三国干渉を呑んだりしたんだと思いますけど。

>そう言う意味で言えば民主党の議員は論理的に国会討論して
失礼ですが、どこの世界の民主党ですか?
米国?韓国?
まあ、少なくとも日本ではないでしょう。
民主党の行動様式はノ・ムヒョン政権そのものと言ってもいいくらい類似点が多いですよ。

>国会での討論と言う舞台で国民に異を唱えられたのが自民党ですよ。
メディアの影響力の大きさを示しただけでは?
実際のところ、国会中継なんて見たことないでしょ?
フフン
2009/09/16 21:11
フフンさんようこそ。
国会中継は丁度時間が合えば見ていますが、何を見るより面白いですね。仕事と同じ位面白さを感じるのは国会中継が最大ですね。フフンさんこそ未だに三国干渉まで持出して言うのですか。好い加減にお顔を拝見させて頂きたいものです。
Hbar
2009/09/16 21:51
で、芋侍がどうこうってのは何処へ?
そういう浅い知識しかないから、簡単に突っ込まれるのですよ。
それと、先ほど温室効果ガスの件でのエントリーを読みましたが失笑ものですね。
失礼ながら、これほどまでに世間知らずだとは思いませんでした。
フフン
2009/09/24 22:01
フフンさんようこそ。
芋侍は頑張っているではありませんか。長妻さんの所では補助金の不正流用が発覚してテレビを賑わわせています。総理も芋侍宜しく立派にやっているではありませんか。温暖化ガスの問題についても論拠も示せずチャチャ入れて欲しく無いですね。コメ頂けるなら学ばせて頂きたいものです。
Hbar
2009/09/24 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ荒し よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる