よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS ひたひたと押寄せる価格破壊の波

<<   作成日時 : 2009/08/19 06:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

1991年度の9兆7394億円をピークに長期的な下落傾向に入っている日本百貨店協会が7月21日発表した2009年1〜6月の全国百貨店売上高は前年同期比11%減の3兆2133億円だった。半期の下落率としては1965年に現在の手法で統計を取り始めて以来、過去最大。金融危機に端を発した消費者の買い控えの影響で、主力の衣料品や高額品が不振を極めた。

この流れは7月も止らず17カ月連続の前年割れで、2ケタ減は2カ月ぶり。7月としては過去最悪の下げ幅だった。この現象は日本における百貨店と言うビジネスモデルが終焉を迎えたと言う事に他ならず、百貨店の抜本的ビジネスモデルの改変無しには生残れない厳しい現実に直面していると言えよう。

百貨店の凋落が始まった20世紀末に誕生した100円ショップはまだまだ成長期にあり、他の小売店舗の不振を尻目にどう言う時間帯に行っても客の途切れる事は無い。渡韓前の店舗状況と現在を比べれば明かに進化している。以前は安かろう悪かろうが当り前であったのが、その商品充実振りには目を見張るものがある。

一昨日、自転車の前籠が壊れたのでダイソーで見付けたのが1万円を切る完成車安売りをしているホームセンターでの価格が1,980円であるものが420円のものであった。昨日も修正テープ-18のカートリッジとその詰替えタイプ2品で210円を購入した。百貨店・コンビニでは幾らするのであろうか。

その以前にはトイレの便座カバーと便座前マットを買って来たのだが、合せて630円だ。百貨店ではこれが2千円はすると言う。これが2〜3年前までは我家の女性陣から買ってきても使えないと不評であったのだが、今回は全く問題ない。百円ショップはまだまだ進化途上にあるのだろうと考える。

多分、完成した暁には世界で1番繁盛するビジネスモデルになるのではと考えている。何代、人件費が安い海外で生産し、それを韓国の仁川を物流拠点として利用して全世界の店舗に発送しているビジネス形態を取っている。日本でも品揃えでは発展途上だが、あの品揃えに勝てる百貨店及びスーパーを知らない。小売業ビジネスをモデルとしているのでは無く、全く新しい形態としてスタートしている点が斬新だ。

ソウルにもダイソーはあるが、品揃えと言う点では日本の店舗に遥かに及ばない。特に、文房具類の品揃えに格段の相違があるように感じる。海外長期滞在予定者は日本の百円ショップで色々と買い揃え、国際宅配便で送っておく事を勧める。今回の韓国旅行でも、日本では何の不自由も感じない事をソウルでは不便を感じた。

原因は、未だ日本国内でのビジネスモデルが発展途上にあり、その日本国内にあるソフト移転する人材不足にあるのだろう。国内では非正規労働者が増え、低賃金化が進んでいる。それの下支えしているのが百円ショップに他ならない。食品分野も業務スーパー・24時間型大型スーパーが頑張ってはいるが、まだまだ百円ショップには敵わない。


日本において完成されたビジネスモデルは海外でも通用する。百貨店業界の脱皮を期待したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
どこかがずれていて、ずれている事を指摘できない産経
  選挙戦が始まり、各政党の党首が 全国各地で遊説を始めている。 各党首の遊説先を克明にマスコミが伝えるのはいいのだが、肝心の遊説内容に関しては、殆ど突っ込んだ記事がみあたらない。 「一番馬鹿らしい記事」 を書いたのが産経で、麻生が何分謝罪をし 全体の何パーセントであったかかや、鳩山が 演説の何パーセントを「自民党の非難にあてた」かなどとどうでもいいことだけは克明に書いてはいるが、 実際の演説内容が克明に書かれていない のでは、 嘘か本当か わからない。 ただ、はっきりわかるのは、麻生が遊説先の... ...続きを見る
雑感
2009/08/20 15:26
謎の貨物船カーボベルデ沖で発見!ロシア人乗組員は無事
  ||| 見つかった貨物船の解けない謎 |||  ロシア政府発表「大西洋航行中消息を断った大型貨物船、カーボベルデ沖で発見」  ロシア人乗組員15名全員無事で、ロシア海軍戦闘艦に収容、事件の顛末は調査中 ...続きを見る
米流時評
2009/08/20 17:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひたひたと押寄せる価格破壊の波 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる