よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党政権の成否は公務員制度改革にある

<<   作成日時 : 2009/09/14 11:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

いよいよ明後日に迫った民主党政権の誕生だが、その成否は国家戦略局が有効に機能する事と公務員制度改革に掛っている。公務員制度改革無しには国家戦略局の機能は半減せざるを得ず、その有効性を高める為に早急に改革に取組まねばならない。そのポイントはこのブログで以前から主張している如くスクランブルに他ならない。

現在、民主党の公務員制度改革で議論の種になっているのは主に2つある。1つ目は情報を握っている現状公務員からの抵抗を抑え込み、政治主導が貫けるかと言う問題だ。2つ目は天下りを無くし65才定年を実現することによって肩書きだけの無任所窓際公務員が増え、財政圧迫の要因にならないかと言う疑問点だ。

1つ目の問題に対処すべく公務員組織をスクランブルすべきと考える。現状の公務員制度を肯定する理由は入省以来、様々なキャリアを積上げる事によってこれ以上ない専門家を作り、政策実現に力を発揮できる人材を育てる為と言っても過言では無い。様々な情報が紙ベースでしか出て来ない時代において他に選択肢はなかったと言える。

しかし、今日IT技術が進化し、様々な情報は紙ベースを離れデータベース化が進んでいる。詰り、政策立案に対して多くの情報量を個人が持っている必要はなくなり、寧ろデータベースに対してクエリをどう打ち込んでいくかが問われている。詰り、1つの省庁に長く居てその所轄情報を丸暗記する必要が無くなったと言える。

大臣が省庁でお客さんと呼ばれていた如く、様々な省庁から人材が混在する事によってクエリの選択肢が大幅に増え、丸暗記よりも国民の要望を知ることの方が重要事項であるとの認識が時代の要請と言える。又、スクランブルする事によって議員を始めとする様々な癒着問題も解消する事になる。雅に、スクランブルは一挙両得とも言えよう。

国家戦略局が真っ先に取上げなければならない政治課題は公務員を如何にスクランブルさせる仕組を作る事に尽きる。それにより、省益を考える公務員は無くなり、国家戦略局から下りて来た問題のみに専念する仕組が出来上がると考えるが如何。1法案に対して10人〜50人位の公務員が選抜されて法案作成に当れば良いのではないか。

無論、公務員にはデータベース整備と言う仕事もある。幾ら、クエリを書く能力が高くてもそれを検索すべきデータベースが無ければお話にならないからだ。しかし、政策立案チームとデータベース整備チームを合せても人員は現在の半分で済むと考える。しかし、他にもロボット任せに出来ない問題は多くあり、窓際公務員問題は発生しないと考える。

国民の声を聞く作業はパソコンや携帯からメールで打込める人は問題ないのだが、真に行政が立向わねばならない問題を抱える人々の多くはその要望を行政に伝え得ない。その為に弱者が生まれ、2極化が進んでいる。これらの人々に視点を合せ、声を吸上げる為には人海戦術あるのみで、窓際に座って何もしない公務員が出てきようも無い。
国民の為国家に奉仕する公務員が胸を張って生きる公務員制度改革を実現して欲しいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【政権交代】事務次官等会議廃止は政治主導実現に向けた一歩だ!【官僚支配打破】
 日本初の「民意に基づく政権交代」が実現した第45回衆院総選挙から早2週間余が経つが、いよいよ民主党を中心とする新たな連立政権の発足が間近に迫ってきている!  今回の総選挙において民主党は、 「官僚支配体制の打破」「政治主導の実現」 を謳って選挙戦を戦ってきた。  旧来のシロアリ体制下においては、政官業がトリニティー(三位一体)となって日本の土台を蝕んできたわけだが、その 根幹となってきたのが強大な権限と予算を握ってきた官僚機構 であることは今更言うまでもない。  そして今回、主権者たる国民の民... ...続きを見る
ステイメンの雑記帖 
2009/09/14 22:02
天下り先家賃も丸抱え
  「天下り先家賃も丸抱え 厚労省系行政法人、委託費を濫用」との記事が朝日新聞のWEB版に出ていた。 その後、イザ!でも同様の記事を見かけた。 まぁ〜、なんと言ったらいいのやら(笑 交付金と補助金の合計が500億円以上もあり、高齢や障害者という 「弱い立場の方の生活に直結をする部分」 を食い物にしているのと同じである。人件費が50億で業務委託費が51億とあることから、厚生労働省内の1つの部所で扱えたのなら、それだけでも人件費は浮くことになる。委託をすることでマージンが生じるわけであることから、委... ...続きを見る
雑感
2009/09/14 22:38
教育改革を後退させるな
この記事カテゴリーを「政治」とすべきか「教育」とすべきか大いに迷ったが、やはりこれは「教育」が「政治」によって歪められる一つの典型例として捉え、「政治」に整理した。本題に入ろう。民主党の輿石参院会長が「教員免許更新制度」の廃止に向け早速動き出した模様だ(産経電子版)。 ...続きを見る
三四郎の日々
2009/09/14 23:02
国家戦略局に民主党議員20名 社民・国民新は排除
民主党は13日、新政権で予算編成など国の基本政策を ...続きを見る
ネット社会、その光と影を追うー
2009/09/14 23:08
【政権交代】事務次官等会議廃止は政治主導実現に向けた一歩だ!【官僚支配打破】
 日本初の「民意に基づく政権交代」が実現した第45回衆院総選挙から早2週間余が経つが、いよいよ民主党を中心とする新たな連立政権の発足が間近に迫ってきている!  今回の総選挙において民主党は、 「官僚支配体制の打破」「政治主導の実現」 を謳って選挙戦を戦ってきた。  旧来のシロアリ体制下においては、政官業がトリニティー(三位一体)となって日本の土台を蝕んできたわけだが、その 根幹となってきたのが強大な権限と予算を握ってきた官僚機構 であることは今更言うまでもない。  そして今回、主権者たる国民の民... ...続きを見る
ステイメンの雑記帖 
2009/09/15 00:16
日中コンセンサス? 全体主義国家への危険な傾斜
  ||| 日中コンセンサスはあったのか? |||  危機を招く鳩山政権の中国急接近。軍事・外交での日米同盟の重要性に目覚めよ!  日本の政治の地殻変動。新設「国家戦略局」が暗示する全体主義への危険な傾斜 ...続きを見る
米流時評
2009/09/16 07:22
9.14 夜/ 政権交代で続々。靴投げ記者英雄。消費者庁。違法耳かき店摘発。アジアシリーズの代り
鳩山代表 新閣僚15日内示 党役員は小沢氏が選任 9月14日21時45分配信 毎日新聞  民主党の鳩山由紀夫代表は14日、新内閣の閣僚予定者に15日中に内示する意向を明らかにした。15日の両院議員総会で小沢一郎代表代行の幹事長就任を正式に決めたうえで閣僚・党役員 ...続きを見る
地球の日記☆マーク♪のblog☆
2009/09/16 14:22
9月15日の出来事
詳細、写真ゎ最新版「地球の日記☆マーク♪のblog☆」を ...続きを見る
もぅ新聞紙ゎ要らない
2009/09/16 14:25
公務員制度改革の考察
民主党がかかげる行政改革がスムーズに進まない場合を想定して. ...続きを見る
亀吉のブログ
2009/09/24 00:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党政権の成否は公務員制度改革にある よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる