よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 年季と意気込み

<<   作成日時 : 2009/09/27 22:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

本日、東京国技館で行われた大相撲秋場所で横綱朝青龍が優勝決定戦の末に勝名乗りを受けて24回目の優勝を果した。千秋楽の本割では白鳳の当りが強く、出鼻を挫かれた朝青龍はズルズルと後退して呆気なく土俵を割った。しかし、優勝決定戦では朝青龍の出足が鋭く終始攻勢を崩さず大相撲の末下手投げで白鳳を転がした。

本割と決定戦の差は年季の相違であろうと考える。決定戦での意気込みは双方変らないのだが、その意気込みを体に現す技能に朝青龍の1日の長があるように感じる。朝青龍と白鳳には仕切りにしてその違いが現れている。前者は手の平を前にかざしているのに対して後者は手を握り締めている。

日頃素行が問題になっている朝青龍が仕切りに対して見得を切っているのに対して、精進の塊と言われている白鳳は見得を切れていない姿に年季の差を感じる。ヒールとして売っていても相撲界に長年染まっている朝青龍の方が優等生の白鳳よりも見世物興業としての力士として自覚を感じたのは私1人ではあるまい。

結果として、優勝決定戦での意気込みは形として朝青龍に軍配が上がった。大相撲ほど気迫に左右される格闘技は少ないのでは無いか。殆どの取組は30秒を越すものは少ない。解説を聞いても突き押しを奨め、投げ技は推奨されない。立会いにおいて頭からぶちかまし、そのぶちかました勢いで押切る相撲が評価される。

仕切りと言う儀式があれ程厳格に行われる格闘技も他には例を見ない。柔道や剣道は礼に始まり礼に終る。最近のショービジネスのレスリングやK1等では不意打ちすら駆引きに使われているのを見ても相撲の特殊性が際立つ。仕切り線から手を離した瞬間の意気込みが問われ、その瞬間の美しさが大相撲人気の真骨頂だ。

そういう美しさを持つ国民として生まれてきた事に感謝しなければならない。茶の湯の侘びや寂の美しさもここにあり、日本の芸が美しいのはそういう勢いと間が醸しだしている。鳩山総理の外交デビューの意気込みが成功したのもそうした国民文化の蓄積が功を奏したと言えよう。

細川政権が発足してから鳩山総理の誕生までに17年間の歳月を擁している。実際に政権奪取するにはそれだけの歳月が必要であったのだろうし、そうであればこその意気込みを国際舞台で表現できたのだろう。民主党政権は生まれたばかりでこれから年季を積まねばならない。

充分準備されたマニュフェストだろうが、それは政権奪取以前に想定した理想に過ぎない事を心して欲しい。初心は大切なのだが、事に当るには柔軟さが必要だ。今の民主党を見ていると白鳳の千秋楽の1番での当りのように感じる。実際に現実に当って、現実対応をして修正をするという事に国民は寛容でなければならない。


これからの精進で年季を積み、朝青龍が仕切りで見せた見得を切れるように成長して欲しいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年9月28日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 ...続きを見る
護憲+グループ・ごまめのブログ
2009/09/28 18:09
速報!M8サモア地震津波で死者100名以上
  ||| 南太平洋サモア地震津波で死者多数 |||  米領サモアでマグニチュード8.0の強震発生、南太平洋全域沿岸に津波警報発令 ...続きを見る
米流時評
2009/10/01 17:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日の朝青龍の試合は、ニュースで何度か観ましたが確かに気合が入ってましたね
最初負けて決定戦に持ちこんだだけに、優勝への思いがひとしおだったのでしょう・・
何ごとも意気込みというか、気持もあるんですね
新しい政権にも、そんな気持の篭った政治を期待したいです・・
風子
2009/09/28 10:09
風子ちゃんようこそ。
僕は偶々三役に入ってからテレビの前に座っていて、本割と決定戦両方共に見たんだ。何時見ても、本気の格闘技と言うのは良いね。新政権が心地良いのも初心を感じるからなんだろうね。
Hbar
2009/09/28 13:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
年季と意気込み よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる