よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 行政刷新会議は木偶か

<<   作成日時 : 2009/10/20 10:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

最近のニュースを聞いていると、来年度予算案が凡そ97兆円で概算要求がありそれが92兆円を下回るとかの議論が仙石・藤井両大臣から出てくるには呆れる。元々この予算は麻生政権下で各省庁が要求したものが下地となっていて、今回の選挙によってNoを突きつけられた縦割りありきである事は言うまでも無い。

3日程前に道後温泉に入った時に偶々横に居た人が公益法人の検査技師であったのだが、彼等が所属する公益法人は各省庁の各課毎や独立行政法人の下部組織として存在する。数は数えていないが数百は下らないだろう公益法人には天下りや渡りで個別に多くの役員を抱えていると推測する。

縦割りを無効にする機能を行政刷新会議が持つとするなら、それらの公益法人を一本化する事によって多くの役員は要らなくなり、役員の人件費だけでも数百億円が浮いてくる勘定になるのではないか。まだ、同様の機能を持つ検査機関は都道府県・市町村別にもあり、その統廃合を進めるだけで数千万円の削減となるだろう。

検査機関という一例を挙げたが、行政課題を受持つ特殊法人の種類は無数と言って良い程あり、その悉くに統廃合をしていけば、その役員報酬減額だけで数兆円になると推測する。予算は法律を作成・制定する事であるので、様々な機関毎にあるものの抜本的統廃合を考えれば地方交付金も合せると大幅減額できると考える。

政治家には1人当り税金が1億円掛っているという。それだけのコスト負担を国民に強いて仕事らしい仕事が出来ないと言う姿にげんなりせざるを得ない。もっと議論百出していて良いのだが、国民が気付かないのだから頬かむりする姿に自民党政権でうんざりしていたのに、民主党でもこのざまでは泣いても泣ききれない。

出来たばかりで、どう機能して良いのか分らない存在に1億円を掛けている訳では無い。先進国で最悪の公債残高は放置できるものでは無く、コストに見合う仕事をして欲しい。それこそ野党時代に無駄・無駄・無駄と切込んでいたのだから1億円掛っている程は頭を使って欲しい。自民党政権と比較するのは噴飯ものだ。

例えば検査機関を統廃合する事によってどうなるかは、検査機関を機能的に配置でき、これまで出来なかった高度な検査を重点施設で行える点だろう。現在の低水準の検査機能しか持たない機関ばかり数多く、天下り・渡りの温床であった所から郵政のように民営化も考えられる機関へ成長するに違いない。

そういう機関が多くの大学と連携を取るネットワークを持てば、新たな対外サービスを請負うようになれば、国産衛星・飛行機等と肩を並べる外貨獲得企業へと成長するのではないか。国家戦略に基いた予算編成というものは各あるべきではなかろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
石原は、大嘘つき野郎だ!
   知事らが、6人も雁首を並べて八ッ場ダムを視察に出かけたのは昨日のブログでも書いたし、テレビ・新聞でも我先にと伝えている。 その中で、東京都では 水の需要が減っている ことは一言も話してはいない。それどころか敢えて、利水・治水に関しては 「できるだけ触れないでおこう」 とする報道姿勢はみえみえである。 これには、理由があって群馬選出の福田が 国会で洪水に対して八ッ場ダムの有効性に対しての質問に、「あまり効果がみられない」との回答 をしているからであろう。 ここに一枚の表を掲載をしよう。  表... ...続きを見る
雑感
2009/10/20 17:07
驚愕!日露和平条約を進めていた鳩山・民主幼稚園外交の自爆
  ||| 日露和平条約を進めていた鳩山首相 |||  米国を切ってロシアに切られた鳩山政権 ロシア外相が「一線を越えた」と非難  メドベージェフとの会談で二国外交と「日露和平条約」を提言していた鳩山首相 ...続きを見る
米流時評
2009/10/20 18:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おっしゃることはごもっともですが、政権について一月やそこらで出来ることではないですね。
shiraga
2009/10/20 15:30
shiragaさんようこそ。
予算を建てる事は様々な法律を実行する為のものであり、その元になる法律変更を協議する場所が予算委員会であり両議院でもあります。鳴り物入りで発足させた行政刷新会議に命を吹込むのは時でなく志と考えます。その志を作る時間は野党時代に充分あった訳で、是非とも命を吹込んで欲しいものです。
Hbar
2009/10/20 16:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
行政刷新会議は木偶か よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる