よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS バブル崩壊の足音

<<   作成日時 : 2009/10/24 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 2

最近の景況感では上向きと言う見解が政府の見方のようだ。リーマンショック以降、世界挙って殊に先進国では0金利政策を採っていて、最近のドル安傾向に歯止めが掛らない状態に見える。EUの景況も泥濘の中を草鞋を履いて歩いているようなものだ。殊に米国の景況は悪く、0金利で金融商品に歯止めが掛ったものの実体経済は下げ止まる気配すら見えない。

そんな中にあって、中国が1人気焔を吐いているかに見える。50兆円に昇る財政出動と金融機関に対する貸し出し指導に中国のマーケットは大きくぬかるんでいると見るが、それに対する懸念が表面化せず、世界の牽引役として期待が大きすぎるのでは無いか。中国の金融機関は殆どが国営であって親方日の丸ではないが、もしもの時にその貸出金は悉く不良債権として経営を圧迫する事を忘れているのではないか。

日本のリーマンショック後も不動産不況に見舞われた。大して景況感が良くならない推移の中で0金利による泥濘に侵食されていた証左であった。現在の先進国の状況は経験の無い0金利下にあって、景況感の良くない状態はリーマンショック前の日本と酷似しているように感じる。

何とか百年に1度の経済危機から脱したと思っている矢先にバブルの崩壊がもう一度起きるのではなかろうか。0金利と言うのは金利が掛らないのみでなく、量的緩和が大きく経済を支配する。人は目の前に金を見る事によって安心し、金の無い時の怖さを忘れて様々な投資行為に走る。

現在の世界の置かれている状況が雅にそういう姿にある。あのリーマンズショックも様々な延命策の果てに弾けたのを忘れてはならない。現実に中国の投資家は見境無く投資を続けているが、これが弾けた時に世界中から中国に期待して集まったマネーが引上げられた時にどういう事態が起きるか想像されたい。

中国のバブルが弾けた時、世界はもう一段と底無し沼に足を突っ込まざるを得ないだろう。そういう危うさの中で我々は安穏と生活をしている。次のバブル崩壊は各国の経済縮小が起きるだろう。それこそドルの信認も無くなってしまうかも知れない。中国は見せかけのマネーを投資家に供給している事を知らねばならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
貨物検査法
  日本ほどいい加減な国はない。 なぜなら、 いざというときの覚悟を明確に示した内閣が今までなかった事にある。 この貨物検査法一つとっても総選挙の時に自公は、内閣不信任案を野党が提出をしたがゆえに廃案になったとしている。 まぁ〜、昨日書いた「議員立法」に関する記事でも書いたのだが 麻生が廃案にした諸法案ははじめから通す気はなかった のである。証拠はといわれると今まで何度も書いているのだが、 当初の解散予定日ともかかわる。 産経の記事 にも次のような一文が見受けられる。   政府・与党も法案提出に... ...続きを見る
雑感
2009/10/24 19:09
土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年10月24日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 ...続きを見る
護憲+グループ・ごまめのブログ
2009/10/24 19:23
今そこにある危機(120)
「「お言葉、コメントすべきでなかった」首相の懇談要旨 2009年10月24日(土)22時53分配信 読売新聞  【ホアヒン(タイ中部)=円入哲也】鳩山首相が24日行った同行記者団との懇談要旨は次の通り。  【普天間飛行場移設問題】閣僚が自分のいろんな思いを述べることはあってもいい。ただ、最後は私が決める。日米合意も大事だ。選挙で我々が訴えたことも大事だ。沖縄県民の心は一番尊重しなければならない。それを勘案しながら、しかるべきところで私が判断する。(岡田外相の発言は)ひとつの大臣の考え方だ... ...続きを見る
行雲流水の如し
2009/10/25 12:09
今そこにある危機(121)
「NHK偏向報道 「客観的判断」 台湾人は怒る 2009年10月6日(火)8時0分配信 産経新聞  NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」の番組内容に偏向・歪曲(わいきょく)があったと批判が相次いでいる問題は、国内だけでなく台湾人社会でも批判が広がっている。彼らは何に怒り、なぜ怒りが収まらないのか。                    ◇  ■要人も批判  番組への批判は台湾要人からも相次いでいる。  「制作者に問題がある。NHK全体の問題か、... ...続きを見る
行雲流水の如し
2009/10/25 12:10
<中国人が見た日本>中国人が思う「日本の良さ」
「<中国人が見た日本>日本に来て味わった「生まれて初めての自由」 2009年10月24日(土)22時17分配信 Record China 22日、中国のブログサイトに「日本に来てどんな良いことがあったか」と題したブログ記事が掲載された。筆者は中国での安定した生活を捨て、40歳で来日。生まれて初めて法治国家の自由な生活を味わった。写真は豊かな自然が残る沖縄のビーチ。 2009年10月22日、中国のブログサイト・新浪博客に「日本に来てどんな良いことがあったか」と題した記事が掲載された。... ...続きを見る
行雲流水の如し
2009/10/25 13:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
百年に1度の経済危機から、本当に脱しているんでしょうか
マスコミ報道なんかではそういう風に言っていますが、実際にはまだまだ景気の回復は時実感できないというのは、零細企業で不況波に悲鳴をあげているクロクマ君の弁ですが・・

最近の中国は経済大国へ、のし上がりつつはありますね
それでも、あれこれ諸問題も尽きない中国・・真の大国への仲間入りはまだまだ先だと思いますし、もうバブルがはじけてしまいそうなのですか??

と、今日も低レベルなコメントでした(^_^;)アセアセ.
風子
2009/10/24 10:03
風子ちゃんようこそ。
0金利下にある事事態がバブルの温床なんだ。それが昨年の不動産会社倒産続出の背景にあるんだ。不況波にあるのは営業手法を変えろと言うメッセージなんだ。どんな大きな会社でも10年経てば扱い品目や顧客層が変っているんだから。同じ仕事では常に不況波なんだ。
Hbar
2009/10/24 10:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
バブル崩壊の足音 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる