よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 機密費

<<   作成日時 : 2009/11/10 10:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

機密費と言うのはシークレットで使うべき性格であるから、それを使う権限のある立場から言えば公表したくないのは当然だ。所謂、トランプで言う裏側の性格を持つものであるからそのカードがばれればゲームが成りたたなくなってしまうからだ。駆引きにおいては大きな駒となるのは言うまでも無い。

選挙で信託を受けた政府であってこそ、その国民の負担する税金から拠出された駒の存在を肯定される。前の3代の内閣、安倍・福田・麻生政権が国民から支持を受けなかった意味がそこにある。駒を使ってこそその政権は維持され、その政権の主張する政策が実現され、支持率も維持される。

我々が支持していた政権は賭け事師のように、その機密費を使って様々な事象を操った挙句の姿であると言う事を国民として理解していなければならない。その機密費を以ってしても政治工作に失敗している姿が支持率の低い政権であり、その姿を以前の内閣で如実に見せ付けられた。やはり、選挙による国民の信託に優るものはない。

選挙による信託を受けてこそ、その官房機密費や外交機密費が領収書の要らない費用に充てられても国民は信任し続ける。それこそが政治家の信と言うものであり、日頃の政治姿勢や生活態度が重要に成ってくる訳だ。小沢一郎は国民の権利は選挙の投票行為によって為されねばならないと言ったが、雅に国民の信頼が必要な訳だ。

さて、現政権の総理である鳩山由紀夫 は野党時代に機密費の公開問題に付いて随分突っ込んだ議論を展開していた。その論を待つまでも無く現政権において機密費の透明性の確保は必要だろう。官房機密費の大部分は政治家に対して背広代として渡されるようだ。論考業賞の意味もあるだろうが、多数派工作の意味もある。

しかし、平和ボケしてしまった日本政治家にとって機密費の必要性は殆ど無いと言って過言では無いだろう。政治家は緊張感をもって政治に臨んで頂きたいものだ。その為にも10年後には機密費の使用について公開すべきではないだろうか。無節操に使える状態で放っておくから、政治家の質がとめどなく落ちてしまう。

機密費問題に付いては鳩山総理は野党時代に追求してきた事実と一貫してそれなりの政治決断をするべきだろう。自民党時代は官僚からの丸投げで政治をやってきたが、来年度予算は官僚丸投げがベースになっているが、再来年からは国家戦略局で打出した戦略に沿って予算編成に動き出すであろう。官僚の抵抗を抑え込んで真の政治主導を実現するには4年間は最低でも掛るに違いない。下手すると8年掛るかも知れない。

これは国民の期待だ。これが実現すれば、機密費も要らなくなるに違いない。それも公表されて構わない機密費であればだ。当前自身を駄目にする機密費、詰り買収にあたるようなものは論外の話だ。


支持率を上げる為にも鳩山総理には決断をして頂きたい。支持率が落ちてからでは何をやっても糠に釘と言うのは前政権を見ればお分かりのはずだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
火曜日 憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年11月10日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 ...続きを見る
護憲+グループ・ごまめのブログ
2009/11/10 17:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近の世論調査では、少しポインとを下げた鳩山政権ですが・・
いずれにしても、まだ真価を問うには早いような気もします
あれこれマニュフェストを掲げて船出したものの、支障をきたす諸問題も多いですから
今の国民の大きな願いはやっぱり暮らしい生活ができることが一番だと思いますので
どんな資金であろうが、上手に運用して、経済の建て直しを先ず図ってもらいたいのは
山々です鯛(^▽^)ノ
風子
2009/11/10 14:50
風子ちゃんようこそ。
「鯛」は折角、ちゃん付けで会話しているのに少々頂けないね。今日は小沢さん高野山に仏教徒の票を稼ぎに出かけたようだね。マメなもんだ。しかし、政治家はこうでなくてはね。
Hbar
2009/11/10 19:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
機密費 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる