よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 景気対策の処方箋

<<   作成日時 : 2009/12/02 00:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 8 / コメント 18

景気対策に財政出動が必要との議論が後を絶たない。殊に、亀井静香金融担当大臣の声は猛烈で、如何ともし難い。失われた10年で、あれだけ財政出動して、殆ど効果無かったのを忘れたのだろうか。現実に居ると良いのは、政治屋でなくて、経済学者なのだ。日本経済を冷静に分析して、有効に対処する頭脳が必要という事だ。

この45年の間に日本の円は、対ドルベースで4倍に跳ね上っている。それも、円高に順応して物価が下がっていれは良いのだが、逆に十数倍に跳ね上っている始末だ。それに伴って人件費も鰻上りに上がっている事実を議論したのを聞いた事が無い。これは輸出産業保護を目的として人為的に為されたものだ。

どう言う事かと言えば、国内物価を上げておけば、輸出物価が下がり、貿易そのものでは赤字だが、国内で高く売って相殺すれば会社自体は利益がでるからだ。この20年近くそういうやり繰りで輸出産業に気を使ってきた訳だが、それは逆に行政コストの上昇を招いたと言わねばならない。

輸出産業では、少々気を使って貰った所で、円高によって国内生産して雇用を維持する所ではなく、行政・金融に資本の移転に繋がっただけだ。結果として、行政及び金融にコストが嵩んで、幾ら財政投融資をしても実体経済に僅かの押上げ効果が無かった現象が失われた10年においてみられた症状だ。

歪んだ体質を元に戻してこそ、経済対策が実効あるものとなる訳だ。この侭、行政・金融コストの高い侭、効果の薄い政策をとり続ければ、日本経済は取り返しのつかない状態となるのは必定だ。行政・金融コストのみに負担が掛り、肝心の輸出製造業は賃金の上昇に比例して空洞化に向わざるを得ないであろう。

結果として、行政・金融ばかりが賃金上昇し、輸出製造業から常勤は愚か派遣社員の姿さえなくなると考えられる。結果として、国内に仕事は激減し、生活保護費のみ上昇する結果となるだろう。

豊かな階層は、贅沢品にしか目が行かず、多くの需要は低価格を追い求め、輸出産業のみならず国内サービス産業までもが業績悪化の嵐に巻込まれるに相違ない。まあ、言わば日本の経済は急性の肝臓病に掛ったような状態になり、免疫力は言うに及ばず体力も落ち、衰弱の一途を辿るしか無いように見える。

これを回避するには、行政・金融のコスト削減しか無いと信じる。無論、国を率いる志を持った政治家は垂範して、これの実践すべきだ。自民党のつけを民主党が払うのは片腹痛いだろうが、これもこう言う時に政権交代したのだから致し方無い話だ。個人の生活もあるだろうから、少しずつしか削減する訳にもいかないだろう。

しかし、長い時間を掛けてでも資本移転する事によって、日本経済の姿が健全化へ向うのは間違い無い。こういう営みは人体に病ができた時と同様の対処をすれば良いだけの話では有る。経済のバランスが良くなれば自ずと国内生産も増え、経済は明かに反転すると考えるが如何に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年12月2日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 ...続きを見る
護憲+グループ・ごまめのブログ
2009/12/02 18:03
北陸新幹線か自民新幹線か?
 新潟の泉田裕彦知事がごねている(見える)のは、ある意味では当然である。なぜなら北陸新幹線が、上越新幹線とつながるのではなく、長野新幹線の延長でしかないことから起きた話であろう。 見方をかえると、 北陸新幹線が開通をしたなら北陸と新潟の間が疎遠になる可能性 さえ見えてくる。東京から北陸へ出かける場合、今はホクホク線経由であり 新潟県内を通過をするといっても、越後湯沢から先は、高田というか直江津 に停車をする程度で新潟県に果たして北陸新幹線のメリットがあるかどうかという疑問が起きる。 高田には、昔... ...続きを見る
雑感
2009/12/02 21:22
趣味なら刑が軽い?
  邦夫くんをさしたのは、さぁ〜だれでしょう (笑  前にも書いたのだが、 罪は罪として司法に任したらいい のだが、どうも「ちょっと変」だなと思うのが鳩山兄弟のお金の問題である。 ようは、親からの小遣いというか贈与であるならば、親か子のどちらかが税金を納めたらいいことでしかない。よそ様の懐具合まで心配をする必要もないし、また 恩恵にあずかりながら引退をしたことをいいことに「少しおかしい」なんて言い出すやつは「もっとおかしい 」わけで(笑 この問題は、司法がけりをつけるでしょうから、それまでは静観... ...続きを見る
雑感
2009/12/03 18:30
木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年12月3日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 ...続きを見る
護憲+グループ・ごまめのブログ
2009/12/03 19:16
12.2 朝/ 経済対策。日米密約。米兵の子。アフガン力づく。米射殺。キャバクラ嬢労組。結婚2件
<2次補正>経済対策7兆円超 与党が最終調整 12月2日2時32分配信 毎日新聞  政府は1日、09年度2次補正予算に反映させる経済対策の規模について、7兆円超とすることで最終調整に入った。政府は当初、1次補正予算の見直しで執行を停止した2.7兆円を2次補正の規 ...続きを見る
地球の日記☆マーク♪のblog☆
2009/12/03 20:07
12月2日の出来事
詳細、写真、最新情報「地球の日記☆マーク♪のblog☆」も併せてご覧下さい♪ ...続きを見る
もぅ新聞紙ゎ要らない
2009/12/03 20:07
金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年12月4日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 ...続きを見る
護憲+グループ・ごまめのブログ
2009/12/04 17:11
田原総一郎は、終わっている?
 田原総一郎という最近少々「的外れのコラム」を書き続けている「 電波芸者 」と揶揄されている「 おっちゃん 」がいる。 「電波芸者」と書いたら芸者さんと言う職業の方に悪いのだが、一般にそのような呼び方をされていることから本物の芸者さんにはご勘弁願いたい。 コラムを読むという行為なら、 読者の意思で読む・読まないの問題で読者に選択権がある。 この「読むか読まないか」という行為は、アクセス数や販売部数という形である一定期間は継続される。(細部まで読むかは別として) ところが、テレビの視聴率となるとほ... ...続きを見る
雑感
2009/12/04 20:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
一言で「経済学者」とは言っても、「公共投資を上手く活用して景気浮揚を図れ」という方もいれば、「不景気であろうとも国家が関わる部分を減らせ」という方もいるので一概には言えません。
ですから、経済学者に云々というのは大きく外した見解ですね。
行政コストが大きくなっているのは、社会保障費の増大が主因であり、これを切ることは即ち、国民自身に刃を向けることなんですが、分かってて書いてます?
これは実証可能な事実です。
フフン
2009/12/03 19:17
フフンさんようこそ。
日本経済を病気の症状で言うなれば糖尿病なんですよ。余りに余っているのに、どんどん食べさせた結果が借金漬けになっています。昭和三十年代の日本は貧乏だったけれども希望がありました。今は、豊かにはなりましたが歪が大きくなる一方です。少々の貧しさは良いとして、体質改善を図らねばなりません。日本と中国だけ黒字で良い訳ないのです。
Hbar
2009/12/03 20:44
思考停止を起こされているようなので、もう一度書きます。
行政コスト増大の最大要因は社会保障費の増大です。
したがって、行政コスト削減には社会保障費の大幅削減を避けて通れません。
そのことを理解した上で、なお書いておられるのでしょうか?
また、CO2を2005年比30%削減にも大幅なコスト増大が伴うことも、「よく考えるよう」願いしたいものです。
フフン
2009/12/06 22:14
フフンさんようこそ。
思考停止なのはフフンさんでしょう。社会保障費の増大は日本が富める国家の賜です。国際比較して過ぎたれば削れば良いだけの事です。
社会保障費とて、例外のない聖域の1つに過ぎません。その前に、政党助成金、官房機密費等、税金から支出されているもののコスト意識を持つべきでしょう。
Hbar
2009/12/06 23:26
>国際比較して過ぎたれば削れば良いだけの事です。
「過ぎたれば」の部分は殆ど無いのです。
それから目を逸らしていることを、思考停止と呼んでいるのですね。
CO2削減の件についても、それに伴うコスト増大を考えることなく非常に安易な「構造改革をすればいいじゃない♪」というお気楽理論を唱えているのでも、その程度が知れるというものですよ。
メディアの作文をもって考えたフリをするのではなく、「よく考えよう」です。
フフン
2009/12/07 08:57
フフンさんようこそ。
CO2削減がコスト増大になるとすれば、それは無策と言う以外何者でもないでしょう。フフンさんこそ少しメディアに流され過ぎではありませんか。何が本質か見極められては如何。
Hbar
2009/12/07 09:46
メディアの作文どおり、「あの削減目標は素晴らしい」と書いていたのは貴方であって、私ではないですよ?
炭素税導入のような強制策を採らないと、ここまでの目標を達成するのは不可能であり、コスト増になるのは如何なる策をもっても避けがたいのです。
メディアの作文を我が意見とするのはそろそろ卒業され、何が本質か見極めては如何でしょうか?
フフン
2009/12/07 11:27
フフンさんようこそ。
何時まで経っても、視点が狭いですね。メディア云々で書いているのではありません。私の記事を読めば国策について突っ込んでいます。貴方こそメディアの餌食にならないよう祈ります。
Hbar
2009/12/08 10:04
いいえ。重箱の隅を突くレベルのものに終始しておられ、書かれている内容もワイドショーの台本程度ですね。
もっと、本質論について議論してみたいものです。
というわけで、身近の分かり易い例を提示すれば理解できるかもしれないので、こんなのはどうです?
貴方の家庭の消費電力、ガソリン・灯油などの燃料の消費量を昨年比で30%削減する場合、いかなる投資が必要であるかについて検討ください。
フフン
2009/12/08 21:07
フフンさんようこそ。
我々が安価な太陽光発電パネルを用意すべく、国策会社で太陽電池製造を手掛けるべきと主張しています。これからこの分野の国際競争は大きく凌ぎを削る時代に入ってこようとしています。立遅れない為にも予算をそちらに持って行き、大量生産を実現して安価に流通させるべきでしょう。
Hbar
2009/12/09 09:41
またしてもワイドショーの台本レベルの発想ですね。
太陽電池はその特性上、天候の変動に左右されるので、どうしても発電量の変動も激しく普及が進むと却って送電網に負荷がかかりますし、それに伴う電気の周波数の変動を抑える対策が必要です。
つまり、電気としての「質」があまりよろしくない。
2050年までの長期目標を考えると、太陽電池発電衛星なんてものが有望になるかもしれませんが、今後10年を考えるとその手の国策会社とやらは無用の長物であり、税金の無駄遣いです。
まじめに「よく考え」ましょう。
フフン
2009/12/09 21:15
フフンさんようこそ。
それでも、1990年比25%削減を達成するにはそれしか方法が無いのでは。それとも、家計や企業に負担を強いられるか、中国から嘲られるかです。それと国策会社として実行する事により、産業転換を促す狙いもあります。
Hbar
2009/12/10 08:40
>それでも、1990年比25%削減を達成するにはそれしか方法が無いのでは。それとも、家計や企業に負担を強いられるか中国から嘲られるかです。
もう一度、言います。太陽電池では補助的な役割しか果たせませんし、それをやるコストも結局のところは家計や企業が負担しなければ達成不可能ですから、「負担を強いられる」ことについては同じことです。
そもそも、このような目標を掲げること自体が誤りなのです。

>それと国策会社として実行する事により、産業転換を促す狙いもあります。
何で、こういう時は「官」を信用するのでしょう?
残念ながら国策会社というのは、失敗に終わるのが圧倒的多数なのですが。
フフン
2010/01/09 17:24
フフンさんようこそ。
国家プロジェクトとして、廉価な太陽発電装置の開発が欠かせません。民間主体としては電力各社の連合体を想定すべきでしょう。他国より先んじて廉価と効率を実現するべきでしょう。その為の国家プロジェクトであり、他国の後塵を拝さないようにしなければ。
Hbar
2010/01/09 21:56
太陽電池は、365日24時間発電できるものではないことをよくよく理解すべきであり、それでは「よく考えよう」というブログ名が泣くというものです。
貴方の仰りようは、詭弁のガイドラインそのものですね。
http://bio-diversity.hp.infoseek.co.jp/kiben.html
フフン
2010/01/12 00:29
フフンさんようこそ。
少し多めに造れば良いだけの事です。余った電力は水を電気分解させて、液体窒素で保存しておけば良いだけの話です。
Hbar
2010/01/12 10:19
液体水素だと仰りたいのでしょうが、その液体水素のまま貯蔵することがどれだけ困難であるかも、よくよく考えて頂きたいものです。
書けば書くほど無知を曝け出してますが、その自覚はあります?
フフン
2010/01/14 15:21
フフンさんようこそ。
困難と言った所で、プルサーマルよりは低コストになるのでは。それと、液体水素は売れますよ。
Hbar
2010/01/15 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
景気対策の処方箋 よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる