よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢一郎は何時動くか

<<   作成日時 : 2009/12/13 23:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 4 / コメント 2

亀井金融担当大臣・福島少子化担当大臣の連立を揺り動かす言動に政権は揺り動かせている。社民党の沖縄問題に対する向合い方には仕方ないと思う面もあるのだが、亀井大臣の連立与党発言には全ての国民は首を傾げ、その主張に意義を挟む声が多いのは大方の国民の声であろうと受止める。

現在、発行済みの赤字国債の多くは、亀井静香と言う政治家の責任が多いのは否定できない。バブルの申し子として政界入りした亀井代議士は、頭角を顕したのは宮沢内閣において自民党政権が細川内閣に政権奪取されたのが、その行動力によって表舞台に出てきたと言えよう。

あの、村山内閣創設の立役者は野中・亀井両代議士によって実現されたと言って良い。無論、背後には清和会を後ろ盾にした森善郎が居たのは言う迄も無いが,政権奪取直後に国民の支持を集める為に、公共工事を中心とする財政出動の立役者となり、現在の赤字公債の責任の過半が亀井静香が大きく責任を負うべきものである。

要するに、現在の財政を大きく毀損した戦犯の1人が亀井大臣であり,他の共謀責任者は野中は政界を引退し、森元総理は第1戦から退き、神輿として担いだ橋本・小渕両元首相はこの世から姿さえ消してしまっている。

政治責任をもって残っているのは亀井大臣ただ1人であり、その戦犯としての罪は重く、大物を言う所か謹慎蟄居しなければならない立場だと断罪したい。それを、僅か3人の代議士で以って3百人を超える民主党に対して対等であると言い放っている。あの郵政選挙での雨に打たれての選挙戦を思い起し蹲踞して頂きたい。

今回の連立政権は、そもそも野党時代に与党と対抗すべく小沢幹事長が見えも外聞もなく、連立に踏み切ったものであるのは論を待たない。この三党連立によって政権交代が成遂げられたと言う事実は曲げられないが、民主党議席は大躍進をしたのに反して、国民新党は1議席減らした事実を厳粛に受止めるが大人の考えだ。

この所の、亀井大臣の言動には目に余るものが有る。しかし、それを小沢幹事長は何も言わず静観しているように見えるが、次の選挙の為に着々と歩を進めているに違いない。同じ連立を組むのであれば、堅固な組織票を持つ公明党と連立を組むのが良く,選挙戦は大きく民主党に靡くと考えれば現在の連立を何時解消するか見物だ。

衆議院で直近の選虚出大勝利し、過半数を取っているのであれば、野党時代の連立に固執する事は要らない。公明党も主張する政策を実験したいのは明々白々であり、自公連立も其処にその姿があったと言ってよかろう。当然、小沢一郎は公明党と隠密裏に接触しているであろうし、その政策協議は着々と進行しているに相違ない。

野党時代に協力し合ったからと言って、それに固執しなければならない法も無い。国債発行の確信犯の言いなりになるのは国民から信託された政党として如何なものか。小沢一郎の次の1手が待たれる。国民新党、社民党の言いなりになっているのもその布石に過ぎないと言っても良い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
平和?・イタリア/北朝鮮/日本
09年12月14日 月曜日 平和?・イタリア/北朝鮮/日本 ...続きを見る
護憲+グループ・ごまめのブログ
2009/12/14 16:47
火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年12月15日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 ...続きを見る
護憲+グループ・ごまめのブログ
2009/12/15 17:58
木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年12月17日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 ...続きを見る
護憲+グループ・ごまめのブログ
2009/12/17 19:40
試験制度の勝者に社会を支配する資格はない
民主党小沢幹事長と検察との間で、国家の支配権を巡り闘いが続いているようだ。 以下、【佐藤優の眼光紙背】「特捜検察と小沢一郎」からの引用。 ... ...続きを見る
日本を守るのに右も左もない
2009/12/24 19:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
元々は考え方も政策面でも共通項のない政党同士が連立を組んだのだから、そりゃ1つになるには難しいものは山積みでしょうね・・
ここのところの様々なことをみていると、政権交代がかなったと、意気揚々として旗揚げした民主も、次々に問題がでてきて・・やはりそうそう簡単に改革は進まないもののようですね
いずれにしても、今よりは増しな将来があればと願うばかりですが・・
風子
2009/12/14 15:47
風子ちゃんようこそ。
民主党は、衆参両院で第一党なんだから、自信を持ってバッサリやれば良いのに、野党ボケの後遺症なんだろうね。結果を出す為には奇麗事だけではどうもね。
Hbar
2009/12/14 17:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
小沢一郎は何時動くか よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる