よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 予算を早急に成立させ、党人事を一新せよ

<<   作成日時 : 2010/02/23 10:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

選挙に強いはずの小沢幹事長の陣頭指揮の下、長崎県知事選挙は昨年の衆議院選挙が何だったのかと言う疑問を投掛ける惨敗であった。偏に「政治と金」の問題に対する長崎県民からの強い反発と受止めるべきであろう。事業仕訳等を通じて、民主党政権に対する国民からの期待が膨らんでいるのも事実だが、今回の惨敗は真摯に受止めるべきだ。

ある程度ダーティーな部分を持って居たればこそ、前回衆議院選挙で政権与党とがっぷり組んで戦い勝利を収める事が出来たのは事実だ。しかし、政治家の腐敗は国民は許さない。民主党の取るべき策は只1つ、自民党の審議拒否に対しては最低限の儀礼に止めて予算案成立に全力を尽くし、鳩山、小沢体制を一新する事だ。

事業仕訳するにしても、官僚の協力なくしてできよう筈はない。旧自民党政権の場合、官僚の協力と言うより頼りすぎた為に官僚に振り回された挙句が、あのボンボン3代内閣の仕儀となった。先ずは官僚を味方に付けねばどうにもならない。その為には、国会議員全員が役割分担を明確にし、夫々が担当範囲の官僚の人身掌握をする事が先決だ。地方組織を作ると言っても、1朝1夕に出来るものではなく、地道に旧来通りにするしかない。

新人議員にせよ、民主党全体で組織編成をし直して、官僚に取込まれないように日々の先輩議員との会合が大切だろう。小沢一郎や管直人がその総指揮にあたればよい訳で、幹事長や代表等と言う役職を問題にすべきではない。実力があれば自ずからリーダーになる訳で,国民から見れば今でも代表よりも幹事長が上と見えるのが良い証拠だ。

真に日本の為になる政治行動を取っていれば、自ずと支持は集まるものだ。現在の民意を無視し、あからさまな選挙目当ての方策のみでは、旨くいかない事は今回の長崎県知事選挙で良く分ったはずだ。先ずは、国会議員であるから、国家の根幹になる政策について頑張らねばならない。不精しては官僚に取込まれるのは目に見えている。

公債依存度・失業問題・環境問題等解決を迫られている課題山積であるのに旧態依然とした地方組織が出来てい
ない事を愁いても国民は知った事ではないと知らねばならない。先ずは、民主党が衆議院で300議席以上頂けたと言う国民に対する感謝から始めるべきだが、パフォーマンスのみで選挙に勝つ事のみ目立てば、鼻につき国民から嫌われるのは当然ではないか。

例えば失業問題で、国と地方合わせてハローワーク以外で公務員が何人携わっているだろうか。恐らく十万人は下らないと感じているのだが、彼等の給料を全額必要な公共事業に使った方が遥かに失業対策になると考える。只、公共事業は「政治と金」は無論の事、一般指名入札にするべきであろう。それも全てペーパーレスで。

仕事が無くなった公務員は何をするかと言えば、「国家戦略局」「行政刷新会議」で働く訳だ。無論、そこには選りすぐりの優秀な人材を集めねばならないのは論を待たない。やりようは幾らでもあるのだが、全く無策で選挙に勝ちたいと言う魂胆しか見えないようでは参議院選挙で大敗北を喫するだけだ。


民主党の奮起を願う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本の生産力を支えてきたのは、エリートではなく大衆だった
2010年02月21日「戦前から顕在化していた、詰め込み教育の弊害」から続く。 『るいネット』に「官僚は優秀ではなく、運が良かっただけ その1」「同 その2」という投稿がある。 日本の高度経済成長期には目標が明確だったので、無能でも官僚は務まったということだ。それは事実だろう。 では、高度経済成長を実現させたのは誰なのか? いつも応援ありがとうございます。 ... ...続きを見る
日本を守るのに右も左もない
2010/02/23 21:56
アメリカ農業を真似した、戦後農政の決定的誤り
『るいネット』に「日本の官僚は優秀でなく運が良かっただけ」「高度経済成長期は、目標が明らかな時代なので優秀でなくても務まった」という投稿があるが、 その高度経済成長の最中1961年、農業生産性の引き上げと農家所得の増大を謳った「農業基本法」が制定された。この法律によって農業の構造改善政策や大型農機具の投入による日本農業の近代化が進められた。ここで言う農業の近代化とは、アメリカの機械化された大規模農業を目指すことだった。 しかし、農業の大規模化・機械化という農水省官僚の打ち出した方針は本当に正しか... ...続きを見る
日本を守るのに右も左もない
2010/02/27 22:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
小沢ガールズの守銭奴・福田衣里子らは、民主党候補を応援する街頭演説を盛んに行ったが、逆効果であった。
何時までも民主党にだまされ続けることは有り得ない。
外国人参政権や夫婦別姓は、民主党の反日の実態が表面化したものである。

民主党窮地の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、裏権力必衰の理を顕す。
おごれる小沢も久しからず、政権交代に酔った真夏の夢の如し。
猛き者も、遂には亡びぬ。ひとえに風の前の塵に同じ。
鳩山由紀夫は脱税王
2010/02/23 12:59
今度は自民が勝ちましたね
って、そんな単純な問題ではないかもしれませんが・・
結局、国民にとっては何も変わらないまま、何も収穫のないままの政治劇がイタズラに繰り返されていくということだけなんでしょうか・・
それではあまりにもお粗末すぎますが、簡単にマスコミに流される無党派層の方々も恐いです(>_<)
風子
2010/02/23 13:26
鳩山由紀夫は脱税王さんようこそ。
平家物語の冒頭は自民党執行部ではないでしょうか。審議拒否を貫くも、その出口を見出せずに右往左往しているようですね。兎に角、選挙制度を変えなければ駄目なんです。集金力に富んだ自民党政治家が1番のネックになっていそうです。
Hbar
2010/02/23 18:49
風子ちゃんようこそ。
今こそ小沢一郎の退陣が大舞台を迎えそうだね。20年に亘った念願の政権交代を果したんだから、辞任しても本望だと思うよ。そろそろ肩の荷を下して良いと思うんだが。それとも、欲望の焔は消せないんだろうかな。
Hbar
2010/02/23 18:54
Hbarさん、はじめまして、こんにちは。
以前、書かれていた食糧問題の記事を読みました。
僕もBIGLOBEでホームページとブログを作り、食糧問題の情報発信や募金の呼び掛けをしています。お時間のあるときに読んでみてください。
ホームページ:http://www.navyblue-challenger.com/
ブログ:http://navyblue-weekly.at.webry.info/
よろしくお願いいたします。
Navyblue
2010/02/24 21:01
Navyblueさんようこそ。
食糧問題に付いては、そんなに悲観していません。飽食と言われる日本でさえ僅か70年前には凶作で人身売買が行われていました。150年前には飢饉の度に累々たる餓死者が出ていました。それを思えば、現在の低開発国も飽食の国家となるのは時間の問題だろうと考えています。エネルギー問題も人工衛星において太陽光発電した電力を無線で地球に送込む装置が普及すれば、随分安価なものでしょうね。
Hbar
2010/02/25 10:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
予算を早急に成立させ、党人事を一新せよ よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる