よく考えよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 野田総理は辞めろ

<<   作成日時 : 2012/05/31 00:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

今日、野田・小沢会談が行われた。

両者の言い分は平行線であったようだ。

消費増税については、もっと先にやる事があるだろうというのが国民的合意だと受止める。

消費増税を主張する野田総理と谷垣代表は財務相経験者だ。

鳩山元総理が、沖縄の普天間基地移設問題で、「最低でも県外」と言っていたのを豹変させたのは防衛省官僚からの吹込みによることだろうと言うのは難くない。

財務相経験者が財務官僚からの誘導によって消費増税を決断したのも同じ理屈と考えるが如何に。

では、小沢元代表の言が正しいのかと言えば、納得のいく説明は不十分と受止める。

日本において最大の課題は経済の低迷を打破することに反論は無いと考える。
生活保護受給者の最大の問題は勤労意欲の低さが大きく取上げられている。

考えなければならないことは、全ての日本人が働く事に喜びを感じるように労働行政をもっいくことではないのか。
国家公務員の家族が、その勤め先を隠したがる現実がある。
今の国家公務員は、その存在価値さえ否定しなければならない状態にあるのだろう。
真にあわれとしか言いようが無い。

仏教用語に喜捨というのは日本人にとって耳慣れた言葉だ。

この「喜」は雅に喜んで働くと言う意味だ。
仏の四無量心の1つの言葉に我々現代人はもっと着目したいものだ。

仏への道が日本人の心のペーソスであるのに、その肝心の「喜」を否定して、働く事は苦しみを伴うと考えている現代人の如何を考えることこそ総理の最大課題ではないのか。
そこを変えるのが、政治の最大目的と信じる。

それを怠る野田総理は総理大臣を行う資格は無い。
公務員と話をするなれば、その喜びの源について大いに聴取すべきだ。
「消えた年金」「死亡者が住民票に掲載されいる」の2点を見ても、公務員が仕事に喜びを得ていないのは明白だ。

日本人全員が喜んで働けば、経済の停滞は考えられず、景気拡大に向かうはずだ。

それを無視して消費増税を政治生命と言い切る野田総理には辞めてもらわねばならない。

民主党には、小沢元代表でなくとも、人材は多く居ると考える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小沢氏 国民の支持われわれに
支持なんかしねーって [ふっ/]あんまり困らせないでほしいってくらい微妙な二人で、いわゆる目くそ鼻くそ、どっちもどっち、五十歩百歩、大同小異ってな感じだろうな [ニヤリ/]考え方は小沢だけどキャラが嫌... ...続きを見る
時々時事爺
2012/05/31 23:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一郎にまかせよう どんどん発信して 
橋本 五郎
2012/06/01 23:28
橋本五郎さんようこそ。
一郎さんも、やることやると言っている割りに、具体的政策論に欠けるような気がしますが、他の議員よりはましかもしれませんね。
官僚の言いなりの指導者はいただけません。
Hbar
2012/06/02 23:46
読ませて頂きました。素晴らしい内容の文でびっくりして、初めてブログにコメントしてみました。私も全部同じ考えです(働く=苦という現代の考えはおかしい!)また読ませて頂きます。
さとちゃん
2012/06/09 14:21
さとちゃんようこそ。
同感いただきまして、有難う御座います。
この一文は、堪り兼ねて書いた訳で、一般世論の真相はこのようなものと考えます。
本当に「喜」に満ちた世界にしたいものです。
Hbar
2012/06/10 10:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
野田総理は辞めろ よく考えよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる