心を支える化学物質たち

ここまで心を象る脳の成長について書いて来ましたが、これは生理学的にも容認できます。
我々を象る細胞は、様々な化学物質を受け入れて細胞膜内でビタミン群の参加するクエン酸回路ないしミトコンドリアによって排出されるアデノシン三リン酸をエネルギー源として化学反応を起して、生態を維持しています。
その受け入れる化学物質はその臓器に適合したもののみに限られます。
細胞はその化学物質のみを通過させる通路を細胞膜上に受容体を用意しています。
先に述べた脳の成長もその化学反応の帰結に他なりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック