日経平均1万4千円割れに思う。

終に、2年2ヵ月振りに1万4千円を割込んだ。

日本の不人気はどうしようも無いと力を落とす他無い。

現実に他のアジア諸国と比べて日本がこれ程売られる理由は思い浮かばない。

この下げの主役は外人売りであるから不人気と言う他に表現の方法が無いのだ。

サブプライムに端を発した米国経済の先行き不透明感が齎したニューヨーク証券取引所でのダウジョーンズ225平均の下げに吊られて日本株を売っているのが実情だ。

日本にも確かに全く脛にキズが無い訳ではない。

建設国債を入れると公的債務総計が2千兆円を越している件と捩れ国会だ。

先の問題は米国格付け会社が日本の国債に対して随分格付けを下げている。

全く根拠に乏しい格付けで外人売りに拍車が掛っているといっても良い。

何しろサブプライムローンをトリプルAと言う口の先は同じなのだから権威がないはずなのだが他に無いからこれを頼りにしているようだ。

捩れ国会というのは日本において初めてと言っても良い現象だから強調されるのかもしれない。

これまでの独裁で無いにせよ自民党長期政権という政治形態こそ共産国家もしくはイスラム又は軍事政権で無い国家においては珍しい政権スタイルだった。

殆どの国においては政権がころころ変るのだから日本のみ売られるという事態が理解できない。

その他の分野においては群を抜いて他国を圧倒していると言っても過言では無い。

もう1つあった。

日本人が自国について悲観的だという事だ。

マスコミにおいて露出するのが悲観論だ。

本質的に嫌われる理由があるのはある。

配当が低すぎるのだ。

目先値上がりしなければ、持っていると利回りが悪すぎるという事だ。

ここを改善しなければ東京市場に明日は無く、株価の安い我国優良企業は乗っ取りの憂き目に遭うこと必定だ。

安定株主が欲しければ、せめて世界水準に配当性向を高めねばならない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日経ミニ225先物取引:株価

    Excerpt: 日経225とは東証一部上場の代表225銘柄を対象にし日経平均株価の上下を予測して取引することをいいます。日経225は金や大豆などの商品の取引とは違い、株価を売買するということではありません。日経ミ.. Weblog: 日経ミニ225先物取引 racked: 2008-03-09 06:17
  • 日経ミニ225先物取引:証拠金

    Excerpt: 日経ミニ225は従来の日経225先物取引の10分の1となるミニサイズの商品です。日経ミニ225の特徴は少ない資金から取引ができることが挙げられます。日経ミニ225は日経225先物取引のメリットをそ.. Weblog: 日経ミニ225先物取引 racked: 2008-03-25 09:30