何故下がるのか

昨夜半のニューヨーク上げを見て、今日の相場は安心して見ていられると思ったが、そうでもないのには恐れ入る。

材料を見ると、証券会社が挙って業績を落としている。
同時にソニーと松下が純利益最高とある。
何故、弱い方だけ見て好材料を見ないのか訝しい。


日本は昔から判官贔屓のお国柄だ。
又、水戸光圀や鞍馬天狗に見られる如く勧善懲悪が人気沸騰のお国柄でもある。
そこらが影響しているのかも知れない。
株安に振れるのはそこらの心理的なものが多いのだろう。



外人投資家もそこらへんの日本人の国民性を研究していて引いたり乗ったりしているのだろう。


今も弱含みで前引けを迎えようとしている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 読書の鶴 02042008

    Excerpt:  相場や投機の類、日本人の感覚では低くみられた、以前はごく当然のように。額に汗してお金を稼ぐことが尊いと、ものづくりこそが経済の柱だと、かたく信じていた。アングロサクソン流の投資銀行などという、金融制.. Weblog: つき指の読書日記 racked: 2008-02-04 07:53