共同で投資会社を創り買い下がれ

今日も日経平均が続落した。

米国経済は底なしに重症だ。
日本の失われた10年を見るようでもある。
米国のバブルを作ったのは、日本の0金利であるが、長銀・興銀・山一等のような大型破綻がなければと心配する。

大型破綻となれば日本の金融も貸倒れの金額が半端でなくなるのは間違い無い。
総崩れかも知れない。


何しろ、国内企業は消費者金融に任せて楽な方へ向いたのだから。

大型破綻は無いと信じるが、日経平均が9千円を割れたらどうなるか知っているのだろうか。
先日、Nikkei.Netで1万3千円の下値ラインとあったが、昨日あっさりと割込んだ。

米国の下げはこれからなのだが、金融機関も下げに付合うつもりなのだろうか。

昭和40年不況で日経ダウが千円の攻防ラインを防御したのは買取機構の存在だったように記憶しているのだが記憶違いだろうか。


ニュースででかでかと出ていたように記憶しているのだが。

それとももう1度公的資金を金融に持ってきて欲しいのか。


兎に角、売り浴びせて来れば買えば良い。
それも、金融が資本を出し合って防衛ラインを守る為だけの投資会社を作れば良いではないか。


法の抜け穴位は幾らでもあると思う。
株価さえ守れば、企業業績は良いのであるから米国に付合わなくても良くなるのではないか。

余りに素人論法過ぎるだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ありがとうございます
2008年03月20日 13:03
初めまして、貴重なご指導ありがとうございました。

この記事へのトラックバック