大河ドラマ「篤姫」のバックグラウンド(3)

今回の論題は天保の改革だ。

水野忠邦は悲劇の老中だ。
時代の要請に応え、信念を以って望んだ改革は抵抗勢力に押し潰され、失敗に終わった忠邦は悲嘆に暮れてひっそりと罪人として小さな長屋で逝った。
名門水野の当主だった男がである。
その時於一は15才で、このドラマに出てきだした頃の話である。


徳川幕府3大改革は中学でも日本史で習う。
享保・寛政・天保の三大改革である。
何れも、天変地異を切欠にした飢饉が引金になっている。
飢饉であっても、年貢を取立てねば幕藩体制は保っていけないので、取立てに耐えかねた百姓が跳散して、田畑が荒れ放題になり、財政の立てようがなくなるのだ。


現在の日本でも似たような事は起っている。
止めようも無い経済のグローバル化で、企業はリストラをし、又中小零細企業は倒産して行き場の無くなった人々はネット難民やホームレスに成り果て、それも出来ない人は自殺して、自殺者は年間3万人を超えてはや20年が来ようとしている。
現在でも改革は必要でその為に空転国会等せずに審議を尽くす事を願う。


話を本題に戻す。
3大改革で成功したのは享保のみであった。
これは断行したのが将軍であったか、老中であったかの違いという他無い。
後の2つは何れも後に於一が入る西の丸という怪物のせいで頓挫してしまう。
西の丸は大奥で主要な位置を占める場所だ。
これから物語りの展開に従って、この既得権益としての姿をブログで書いていく場面は数多く出てくるものと思う。
現在社会においても官僚組織がこの西の丸に当る。
詰りは、この大河ドラマ「篤姫」は、単にドラマとして面白く見るだけではなく、現在の官僚組織の膿をドラマを通して実感したいと思うものだ。

改革と言うのは倹約と言う事だ。
倹約要請に対して大奥が将軍に寝物語で訴えて、将軍の部下が不本意の叱責を受けたのが水野忠邦の悲劇性の本質に他ならない。
この時代において倹約を推奨して泣かした事例は枚挙に暇ない。
それは又の機会に述べよう。


天保の改革と言うのは幕府のみではない。
薩摩・長州のみならず多くの藩で改革が断行されている。
又、二宮尊徳のような多くの民間識者が輩出したのも改革の成果に他ならない。
ここらに目を向けねば、行財政改革に繋がらない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • NHK篤姫(10)薩摩の話:篤姫が結婚の決心をした

    Excerpt: 承前:NHK篤姫(09)薩摩の話:幾島の特訓  箸の持ち方(箸先五分しか濡らすな、長くて一寸)、手を付いての挨拶(両の人差し指で△をつくり、畳につけてその△に頭を押し込む気持で)、箏曲(これは長い練習.. Weblog: MuBlog racked: 2008-03-13 12:43
  • 「篤姫」第10回

    Excerpt: 第十回「御台所への決心」篤姫を次期将軍、家祥に嫁がせたいという斉彬の意向を聞いた幾島は、これまでにも増して篤姫の教育に力を入れる。だが事情を知らない篤姫は全く興味を示さず、何も上達しないまま時が過ぎる.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-03-13 14:05
  • 篤姫 第10回 御台所への決心

    Excerpt: 内容篤姫の嫁ぎ先が、次期将軍・徳川家祥であることを、斉彬から聞かされた幾島。御台所として、幾島の教育は熱を帯びる。箸の使い方にはじまり、琴、鼓、書道。。。何をやっても前向きにならない篤姫。仕方なく幾島.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2008-03-13 18:25
  • 篤姫第10話・御台所への決心 感想

    Excerpt: ハイビジョンで見たけど、セリフ補完の為もっかい見ちゃった(つーか聞いちゃったv) 今回の斉彬様と姫様のやりとりが真剣そのものでとても良かったので!! Weblog: またつまらぬものを書いてしまった racked: 2008-03-13 19:17
  • 大河ドラマ「篤姫」第10話「御台所への決意」

    Excerpt: 篤姫御台所決定!?今回はお箸の使い方から練習。豆ひとつつまめたことでめちゃ嬉しそうにする篤姫が可愛かった~♪でもやっぱ幾島ってすげぇ!!この琴はものっそ小気味よかった~♪本当この人って何でもできる女性.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-03-13 19:47
  • 篤姫 第10回「御台所への決心」

    Excerpt:  第10回「御台所への決心」 ★納得と覚悟  次期将軍・家祥(堺雅人)の御台所にと望まれていることを知る篤姫(宮崎あおい)。  混乱・当惑。自分のまわりがどんどん変わっていってしまう。  現状のお姫.. Weblog: 平成エンタメ研究所 racked: 2008-03-14 13:02
  • 大河ドラマ「篤姫」#10

    Excerpt: 「御台所への決心」 こんな事なら最初から言ってれば・・・・と思ってしまうのでした。 だいたい篤姫みたいなタイプは強制的にアレをやれコレをやれって言われてもヤル気が出ないタイプ。逆に彼女の好奇心旺盛な.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-03-15 20:30
  • 西暦1787年 - 寛政の改革

    Excerpt: 1787年、田沼意次が失脚した後、松平定信が老中に就き、倹約を中心とする寛政の改革を行うが、十分な成果を上げないまま終わった。 Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2009-10-09 17:59