大河ドラマ篤姫第13回「江戸の母君」

いよいよ大奥の扉を開けようとしている。

豊後水道までの荒波はそれを予感させるものであった。
江戸に着くまではそれでも、薩摩からの青春ドラマの続きと思って見ていられる。

近衛忠熙には「面白い姫君じゃなぁ」と言われたものの、土産が気に入り左程の事は無かった。
只、気になるのは御台所候補が公家の姫君と言う事だ。


東海道を登る途上、富士を見上げる所までは青春ドラマに相違ない。
始まりは、薩摩藩江戸屋敷に着いてからだ。


伏魔殿、大奥の入口を想起させる。
雅に、将軍家から斉彬に嫁いで来た英姫が仕切る場所だ。
薩摩における大奥は江戸屋敷に相違ない。

先ずは英姫から任されて薩摩江戸屋敷を仕切る小の島が出てくる。
中々のものだ。

ここで、青春ドラマは終わる。
それにしても尚五郎は情けない。
江戸随行を願い出ていたのを、西郷のみ許され、尚五郎は薩摩に居残りと成ったのを嘆き悲しむ様は子供と言う他無い。
これが後の小松帯刀かと思うと、男は女から見ると中々成長しないものだ。
小松清猷が琉球に派遣される事を清猷から直接聞いても、未だ頭は篤姫の事で一杯だ。
女と違い男は可愛らしいものだ。


いよいよ英姫との対面だ。
島津の分家の娘と言われ、悩む篤姫であるが幾島の頼もしさはこの上ない。
「主を守る」と言い切る。


まだまだ大奥まで幾つも山に登り谷を渡らねばならぬ予感を感じさせる薩摩大奥であった。

さてもさて、家柄というのは大変なものだ。
今の世でも結婚となると大人共の言う事は家柄と言って訊かないが。
家柄と言えば今回の土浦殺害事件犯人父親は外務省官僚だと言う。
家柄もなにもあったものでは無い。


本人の都合で言っておるのみであろう。


篤姫のめげぬ姿が楽しみだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ★ここまで来たら殿を信じるしかないよ・・「篤姫13」

    Excerpt: 今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみましたぁ~長塚パパ。。とりあえずご無事でなにより。。大河ドラマ「篤姫」江戸行きならず尚五郎ショ~~ック。。今回の江戸行きに選ばれたのは西郷どん。.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2008-03-30 22:22
  • 意気消沈尚五郎挫折を噛みしめる?

    Excerpt: 今日もあまりストーリは進展しないけど、強いて云うなら「挫折」がテーマでしょうか。これまで順風満帆だったホームドラマの登場人物が それぞれプチ挫折感と悲哀を味わう という、 これもホームドラマの定.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2008-03-30 22:27
  • 篤姫・第13話

    Excerpt: 「篤姫」オリジナルサウンドトラックTVサントラ,吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る 今日はちょっと遅くなってしまいました(来週はもっと遅くなると思いますが)さて→篤姫第13話です。 【篤.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-03-30 22:28
  • 篤姫#13

    Excerpt: 薩摩を出た篤姫。ということで今回から舞台が変わることになったが、今回は新たな舞台となる江戸までの物語と、江戸での波乱の物語の序章でした。ちょっと息抜きという感じの物語と言うこともあって、またもコミカル.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-03-30 22:36
  • 篤姫 第13話 『江戸の母君』 感想…追記・大食い女王

    Excerpt: 原作読み始めました~!バックグラウンドを知れて中々に興味深いです。 感想参りますわ~。 Weblog: またつまらぬものを書いてしまった racked: 2008-03-30 22:36
  • 篤姫「江戸の母君」

    Excerpt: 篤姫「江戸の母君」 さーてさて、江戸へ向かう篤姫は日向灘の時化で船酔いゲロゲロです。 幾島は船酔いしないみたいですね。 寝ないで看病してくれた幾島に「信頼」を寄せるようになった篤姫。 その頃、今和.. Weblog: 『ならうよりなれろ!!』 racked: 2008-03-30 22:36
  • 大河ドラマ「篤姫」#13

    Excerpt: 「江戸の母君」 ウエッぷ{/face2_lose_m/} 日向灘の波はキツイ{/s2_sum_sea/}{/s2_sum_sea/}{/s2_sum_sea/} 私も船には滅法弱いので篤姫の気分が良.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-03-30 22:42
  • 大河ドラマ「篤姫」第13話「江戸の母君」

    Excerpt: 御台所になる前に、まずは京の近衛家の養女となることになった篤姫。でもえらく船酔いが激しいようで・・・。大変ですねぇ(^^;)でも寝ずの番をして、菩薩まで用意してくれたと幾島のこと、篤姫はちょっと心を開.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-03-30 22:48
  • 篤姫(3月30日)

    Excerpt: 冒頭で都城こそ島津発祥の地、という曰くつきのエピソードが流れましたね。 昨年の風林火山でも山本勘助出生の地ということで似たような話しがあったような・・・ こういうのもなんですが、NHKに物申してみ.. Weblog: 今日感 racked: 2008-03-30 22:53
  • 篤姫~第13話・英姫

    Excerpt: 篤姫(宮崎あおい)は、帆船に乗って京都に向かいますが、海が荒れて船酔いで苦しみます。船がどんなに揺れても幾島(松坂慶子)は泰然自若としており、下女たちをテキパキと指図して姫様を介抱させます。頼りになる.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2008-03-30 23:06
  • 篤姫第13回「江戸の母君」

    Excerpt: 遂に鹿児島を後にした篤姫。いきなり江戸へお嫁入りする訳ではなく、御台所にふさわしい身分を作るため、さらに京の近衛家へ養女になりました。船酔いやら篤姫が御台所になるなんて話はデマ…みたいなことを言われた.. Weblog: さくら色通信 racked: 2008-03-30 23:15
  • 篤姫 第13回 江戸の母上様

    Excerpt: 内容 九州を出発した篤姫たちは、 船酔いに悩まされながらも、無事京都に到着した。 数日後、 島津家と深い繋がりのある京都の近衛家 近衛忠煕を訪ねた篤姫、幾島。 そんななか、近衛家老女・村岡.. Weblog: レベル999のlivedoor部屋 racked: 2008-03-30 23:18
  • 【篤姫レビュー】江戸の母君

    Excerpt: 篤姫が江戸へ出立。船酔いする篤姫。初めての船旅、無理もないことです。ここで動ぜぬ人物がただ一人。その名は幾島。流石です。前世が「二位の尼」だっただけあって、船旅には強い様子です。しかもさり気なく一言「.. Weblog: 必然的なヒストリー racked: 2008-03-30 23:23
  • 大河ドラマ「篤姫」 第14回「江戸の母君」

    Excerpt: 船で江戸に向かう篤姫一行ですが、激しい揺れに みな船酔いで、見ているほうまで、なんだか酔ってきそう・・・。 一方 薩摩では、斉彬の江戸への参勤に伴い 人事異動です。 尚五郎は、江戸に行くのは 自分.. Weblog: 風のうわさ racked: 2008-03-30 23:37
  • 「篤姫」13話

    Excerpt: 「江戸の母君」 ≪信じる≫ が テーマのような今回の話でした。。 Weblog: ice-coffee racked: 2008-03-30 23:44
  • 『篤姫』第13回

    Excerpt: ~江戸の母君~  Weblog: 悠雅的生活 racked: 2008-03-30 23:55
  • 篤姫 #13 江戸の母君

    Excerpt: 大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 薩摩の今泉島津から本家の島津家に養女入りして、尚且つ京の... Weblog: ビヨビヨ素材日記 racked: 2008-03-31 00:27
  • 篤姫 第14回「江戸の母君」

    Excerpt: 薩摩藩邸に篤姫が入るときも、周りから思いっきり反対されたり嫌がらせにあったりしましたが、江戸でもどうやらそんな感じがしてきましたね。 大奥というのは、かなり閉鎖的なとこ... Weblog: あしたまにあーな racked: 2008-03-31 01:47
  • 篤姫第13回「江戸の母君」

    Excerpt: 船で大阪に向かった篤姫(宮崎あおい)だが、船酔いで不調。。。 あの幾島(松坂慶子)は船酔いにも強く篤姫を助ける。 Weblog: OUR DAYS  racked: 2008-03-31 02:50
  • 「篤姫」第13回

    Excerpt: 第十三回「江戸の母君」徳川将軍家の御台所になるため、篤姫はまず船で大坂に向かう。荒い波にもまれ激しい船酔いに苦しむ船旅となったが、篤姫と幾島の絆はさらに深まった。その後、篤姫らは京都の近衛忠熙に挨拶に.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-03-31 06:35
  • 篤姫 第13話 「江戸の母君」

    Excerpt: 篤姫ら一向は日向に向かい、そこから 瀬戸内海を通って京へ向かった。 Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2008-03-31 07:20
  • 篤姫「江戸の母君」

    Excerpt: 篤姫「江戸の母君」 近衛家は名門なのですね。 五摂家筆頭らしい。 この名門家と600年も付き合うのある島津は、昔は近衛家の家来だったのか?。 侍女のしの帰る。 しのが…、篤姫に随行せず薩摩に残った.. Weblog: ありがとう!、あてつけじゃないよ。 racked: 2008-03-31 07:29
  • 大河ドラマ 篤姫 第13回「江戸の母君」

    Excerpt:  今週は何だか嫌な予感。ともうしますかあの~、予告篇の中に「口裂け女」がいませんでしたか?ガクガクブルブル・・・ Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2008-03-31 09:21
  • 篤姫 第13回「江戸の母君」

    Excerpt:  この作品の基本図式は、篤姫(宮崎あおい)と人物との対決。  斉彬(高橋英樹)、幾島(松坂慶子)らと相まみえ、今回も難敵が。  江戸の薩摩藩藩邸。  待ち受けていたのは老女の小の島(佐藤藍子)。  .. Weblog: 平成エンタメ研究所 racked: 2008-03-31 10:39
  • もう一人の篤姫!!

    Excerpt: 激しい船酔いに苦しむ篤姫と幾島ですが、人間は苦境 に陥ると絆が深くなるものなのです{/kaeru_love/} 幾島が言った『波さえ無ければ籠に乗るよりはるかに 楽』とは全くその通りかも知れません。 .. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-03-31 10:56
  • 第13回「江戸の母君」

    Excerpt: 島津家発祥の地、そこは東国原英夫(そのまんま東)宮崎県知事が学生時代までの18年間を過ごした出身地たる、今の宮崎県都城市に広がっていた近衛家の荘園・島津荘に苗字が由来するのだそうだ。ただ、今の宮崎県都.. Weblog: 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ racked: 2008-03-31 19:24
  • 篤姫 第13回「江戸の母君」

    Excerpt: 江戸へ向かう船で猛烈な船酔いに苦しめられながら、まずは京都に向かう篤姫御一行。 京都の場面は短めで、幾島(松坂慶子)は家祥(堺雅人)が公家の娘を正室にするという噂 があると聞きます。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2008-03-31 21:23
  • 『篤姫』第13回「江戸の母上」

    Excerpt: 2008年『篤姫』第13回。。島津氏って宮崎県から出た家柄なのね。。しらなかった。。船旅は、やっぱり揺れるのね。。大荒れの日向灘。 篤姫、酔う。で瀬戸内海から京へと。。江戸の母上・英姫から西陣織の生地.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2008-03-31 22:11
  • 篤姫大河ドラマ・あらすじ 13.江戸の母君

    Excerpt: 篤姫大河ドラマ・あらすじ 13.江戸の母君 今回の大河ドラマ篤姫は「江戸の母君」です。江戸入りした篤姫(宮崎あおい)が、斉彬の正室で篤姫の母となった英姫(ひさひめ。余貴美子... Weblog: 篤姫大河ドラマ racked: 2008-04-02 22:54
  • 篤姫 #13 江戸の母君

    Excerpt: バ・バ・バ・バトルの予感! 何故に顔を隠してるんでしょうか・・・[E:coldsweats02] 怖いよ>英姫 薩摩を出てからの船旅。結構、海も時化ております。船酔いで散々の篤姫w 陸路よりも海路の方.. Weblog: たっくんママのひとりごと racked: 2008-04-02 23:44