崩落で始まったNYダウ

市場が開いて5分位でナスダックとNYダウの株価速報を開けた。
開けた当初は350ドル安位であったのがほんの1~2分程の間に650ドル安迄下がった。
昨日の投売りが続いている。

東京市場であればこれて一気に千ドル迄いってしまうのだろうが、YKでは世界のリーディングマーケットの自負が大きく現在は166ドル安まで戻している。
昨日までであれば、寄付きはどんなに悪材料であろうとも安寄りする事はなかったのだが、今日だけは昨日の投売りの地合を引継いでいる。。


この5日間連続しての値下がりだ。
その悉くの寄付きはどちらか言えば、高く寄付いていた。
昨日だけは、寄付きだけは2百ドル近く安寄りしたのだが、開始と間を置かず買いが入り2百ドル位まで値を上げている。

一昨日は変らずで寄付いたが、上げようとしていた。
しかし、上げたい気持が見え見えなのだが、売り浴びせに抗しきれずに徐々に値を下げて引けた。
昨日は2時過ぎまで同様のじり安相場だったが、最後に持ちきれず投売りと見られる相場展開で引けた。

それを受けての今日のNYだ。
160ドル安まで1時は持ち直したが、今は260ドル安だ。
しかし、上がれば良いのだが、下がった時にこの数日に買いを入れた金額は天文学的数字になるだろう。
当然、大きな金額が動くのだから証拠金による信用買いに違いなかろう。


下げ止まらず、29年前の大恐慌時と同様の下げであれば7千ドルは割るだろう。
半年後、証拠金の期限が切れる時に上がっていなければ、暴落要因ではある。
兎に角、開始1時間乃至1時間半位は、値を上げる努力が続いている。


これを容認する為に各中央銀行が短期金利を放出していると考えて良いだろう。


たった今、昨日平均から見ると上がっては居る。
無論、売り浴びせの利食いもあるだろう。
これから夜半に掛けてのNY市場の動向から目が離せない。
12時を回った時点で-2~4百ドルを行き来している。


昨日までの相場展開であれば、これから投売りが始まるはずだ。


明日の朝の寝起きの相場を見るのが怖い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック