金融よ、お前は分りきった危機に何もせず、中小企業の貸剥しをするのか

これまで金融機関に対して色々と注文を行ってきた。
サイトの注目度が低い為に真に見た方が良い人は見ていない人が多いだろう。

結果として、この2日間で千五百円以上下げたのは金融の責任以外の何ものでもない。
嘗て、この株価になった時、貸し渋りはおろか貸剥しをしてしまうだろう。
既に契約時の不動産取得金利が大幅に上がり、家計を圧迫している顧客も多いのだろう。
金融だけ顧客を疎かにしてでも自身を守る企業は無い。


そのくせ、分りきっている株式防衛を共同でしないというのはどう言う事だろう。
兎に角、金貸しは経済の血管という重要な位置を占めているのにも係らず、責任を取らない。
一般の消費者から見れば、金融は民間企業にも拘らず人殺しにも等しい。


事故米であれば、販売元の責任追及は免れない。
それても、元々の輸入者である農水省はお咎めなしだ。
人を人と思わないのが行政と金融の実態だ。


その癖してその責任者は天下りなり大きな収入を得ている。
この業と官の癒着が無責任な日経平均の下落を生んでいる。


株で損した人は損しただけだ。
しかし、金融はできなければ貸し渋りをして終わりだ。
貸し渋りせずに破綻すれば血流が止まり、それに依存していた人々が流浪するという訳だ。


何故、日経平均下落を防がなかったのか。


これは確信犯ではないのか。


これには犯罪として追求できないのか。
金融の責任は大きい。


どうにもならないのか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 速報!チェッチェンに地震発生!12名以上死亡

    Excerpt:   ||| 北コーカサス地震・第1報 |||  ロシアの北コーカサス地方チェッチェンに M5.3の地震発生  地元住民12名以上死亡、グロズニー市内の病院・学校に被害 米国時間 200.. Weblog: 米流時評 racked: 2008-10-12 11:00