日経平均が8,500円を割ってしまった。

東京市場はあっさりしたものだ。
NY市場が下がれば雷同というのか、あっさりと下がってしまう。

NY市場が下げる時は、最初もたもた、兎に角売り圧力に負けまいとする買支えが感じられる。
一方東京市場は、業績とか何とかお構い無しに、それも立会い後直に下げている。
全く買支えが無い所か、投売り状態だ。


マネーギャング達が売って来るのに合せて、投げ売りも後押をしている。
ひょっとしなくても、東京市場には証拠金を積んでの信用買いで高値で掴んでいるのは無くなっているのではなかろうか。
NY市場は反対だ。
買い支えるだけ買い支えているから、高値で買い支えた残が山のように残っているに違いない。

8,500円前後での買いは大きく膨らんでいるだろう。
今日1日、下げ圧力一方だったのは間違い無い。
10時前に崩落が済んだ後もじりじり下げている。
ナンピン買いの証拠だ。


何時、吹き上げるかだ。
これだけの崩落を成立たしめた売り注文によって、借株が大きく膨らんでいるのは間違い無い。


マネーギャング達が買いに走った時、日本株は暴騰する下地は出来上がっている。

この記事へのコメント

2008年10月16日 20:27
経済の事は、さっぱりわかりませんが・・
>日本株は暴騰する下地は出来上がっている・・の一行が気になりました
やはり暴落は免れないのですか??
2008年10月16日 22:17
風子ちゃんいらっしゃい。
相変らず天然ボケな所は変らなく、可愛らしく思います。これ以上は、そうは下がらないと思いますよ。1時的に、日本人はお付き合いが好きだから、少しは下がるかもしれませんが、その分暴騰するでしょうね。しかし、リーマンが借り株していたのが戻らなくて、処分できないなんてどうしようもない話が多いですね。

この記事へのトラックバック