ロンドンで止った

未明に引けたNYダウは値上りして引けた。
ナスダックは下げが戻りきらなかったようだが。

NY市場は終日押したり引いたりの連続で、最後にはロンドンに背中を押される形でNYダウの値上りとなっている。
感じる事は自身達が世界を牽引するというプライドだ。


日本にはそんなもの1つもありはしない。
米国がくしゃみしたら勝手に風邪を引いてしまっている。


ロンドン市場は後場は休みだったんだろうか。
高値になった途端、値動きがピタリと止んでいる。


世界の金融を引っ張っているというシティの大見得で、後場を取引停止にしたのかも知れない。
結果的にアジアは全面安であったのを、高値で引けて、米国へ繋いでいる。


日本も世界を引っ張る位の気位を持ちたいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • サブプライムローン問題から世界恐慌へ

    Excerpt: 79年前の悪夢がやって来ようとしている。 しかし、当時の米国の世界経済に対する影響力は遥かに落ちている。 それは日本は元より、中国・インド・ブラジル等新興国も米国頼りとは言え大きく比重を増している.. Weblog: よく考えよう racked: 2008-10-24 09:02