円高は国家の力の象徴である

円高を何故、悪材料として扱うのか分らない。

円高ほど様々な良い事の源泉になるものはないのではないか。

輸出製造業の目先の利益が減少する事を以って悪材料とみなすのは近視眼的過ぎる。

無論、円高が進む事によってその安くなった通貨の国家において値上げしなければ-になるのは必須だ。

しかし、そんな事をすれば隣り合う国家において、差益が生じる事になる事にもなり兼ねない。

やはり、日本における原価を元に価格算定すべきで、目先販売数量の落ち込みに繋がりはするだろう。

しかし、円高が定着すれば、日本の資源は殆ど海外頼みだから安くなる。
それと、以前の円高の時に1ドル80円を切った時には輸出製造業は80円を前提に企業体質を切替えてきたではないか。

当然、長い目で見れば、販売価格は見直され、国内価格も下がろうというものだ。

人件費は円高になるので国際的に人件費が高くなりすぎるので行政・金融を中心に切り下げるべきであろう。

足を引っ張るしかしない人々の実質賃金が高くなるのは宜しくない。

輸出製造業は円高を乗り越えれば、賃上げすれば良いし、難しい内は自然と人件費カットになるだろう。


円高を切抜ける要諦は行政と金融の賃金カットにあると言ってよい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック