揉み合って、上げかけたNYダウだったが、最後は下がった

少し安値から入ったダウだったが、1日を通じて樅合いの展開であった。

FRBの大幅な短期資金を放出し、公定歩合も0.5%下げを受けて上昇心理が働いている。

しかし、丁度3ヶ月前から長い高原相場が続く。
ここで多くの信用買いの残が重石となっている事は否めない。
株価を上げようとする意思は高く感じる。


下がるに任せている日本の金融とは大違いだ。

NYダウにも下げ圧力は強いだろう。
米国を代表する企業群の経営危機の重圧は重い。
それでも上げようとする意思は固いように感じられる。
引け前に、上げようとしていた。


最後に力尽きたのは信用買いの期限切れの圧力に他ならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マーケット事情

    Excerpt: 水は高きより低きに流れる。 金の流れに伴う物流等、様々な流れは自ずと定められた方向へと流れる。 自らの意思とは関係なく、夫々が夫々のポテンシャルの影響を及ぼしながら流れ行く。 雅に、無住の世界そ.. Weblog: よく考えよう racked: 2008-10-30 07:31