1日も早い解散総選挙を

今日の日経1面でも2万人の正社員希望退職へ、倒産による失業者4万7千人とある。

麻生解散先送りが無ければ日本経済はここまで追込まれていなかった。
3年前の国政選挙で自民党が駄目押しを喰らっている訳だ。
その時点で早々に解散総選挙を戦うのが本筋ではある。

国民から選ばれたと言う自負を持ちたいなら尚更そうであろう。
残念ながら安倍元総理は小泉元総理の指導の下解散先送りをした。
結果として鬱病に陥った。

後を引受けた福田内閣も捩れ国会に為す術も無く、解散の顔を決める為に内閣を譲った。
解散先送りであれば辞めなくて良かったように思う。
結果として学者が内閣から外れ、政権運営の論理性が損われ、官僚主導の政治に戻ってしまった。
その付けは税金の垂流しとして、国民が負担しなければならない。

何の為す術も無く、政局を繰り出す愚か者達。
その間に経済はどんどん悪化の道を辿っていく。
若き日本の政治家はこの国難に立ち上がる元気は無いのか。
年より連中に押さえ込まれ続けるのか。

こうやって書いている内にも景気はどんどん悪くなっていく。
麻生総理は解散する勇気が無いだけだ。
後を推さねば、日本はどんどん悪くなっていく。

日本の場合、まだ軽症だからやりようはある。
これだけの政治空白の中でまだこれですんでいるのだから。
悪くなっているのは行政責任だ。

麻生総理が1番悪いと言って過言では無い。
自分が好きで景気を悪くした積りは無いと言いたいだろうがそれは通らない。
挙国一致を造らないのも、官僚を専横させているのも全部太郎ちゃんの責任だ。
変えれるのは麻生総理その人だけだ。

半年経ち、派遣切りだけでなく正社員切りしなくては企業はやっていけない。
法案を通さない野党が悪いと言いたいのかも知れないが、信を得ていないと言う自覚に立ち戻れば如何。


正しい方向は決っている。


解散総選挙しか無いのだ。


細田幹事長は喜んでるねぇ。
責任の無い人はお気楽で好い気なもんだ。
信を得てない自民党の幹事長は地に落ちたも同然だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

二本人でない日本人
2009年03月11日 01:19
失業者が47000人でたのは総選挙しなかったからで、やれば良くなるってのは、単純かつ短絡的な根拠なき思考としか思えませんね。まさか創価学会の般若経の様に、「民主、民主」と叫べばよくなると言う訳でもないでしょう。
それとも民主党の皮被った社会党なら、又、例の如く村山富市のように虐殺で口減らしをすれば経済が良くなるという事でしょうかね。
2009年03月11日 07:44
二本人でない日本人さんようこそ。
内閣発足時には未だ内閣支持率が5割あったわけです。その時に選挙していれば、何れにせよ直近の民意を得た衆議院になる訳ですから、今のように民主党も反対の為の反対はないでしょう。09年度予算もとっくに決まり、2次補正は昨年中にそれも11月には決まっていたのではと思います。選挙したから民主党に政権が移るとは限らなかったからで、内閣支持率が2割を切っては駄目でしょうが。それでも百年に1度の危機ですから挙国一致内閣を作る絶好の好機は続いています。

この記事へのトラックバック