豊かさとは何か

日本を離れて早1月余り、ソウルの街に触れて自身がどちらへ行くべきか、選択の岐路に立っているような気がする。折しも、齢も60と言う節目にも当り、丁度人生の転機なのかもしれない。

人は自身の幸福を夢見る。しかし、自身の想いとは裏腹に世の中の流れに翻弄され、その流れに押し潰される人の如何に多い事か。雅に、平家物語ではないが「所業無常」を感じている人が多いのではなかろうか。我々日本人は万葉の世界に憧憬を持ち、その世界が持っていた豊かさに夢を抱こうとする人が多い。

しかし、その世界は厳しい労働と貧しい生活、時には多くの人が飢え死にする地獄絵図が現実でもあった。様々な文明の利器である土器・青銅器・鉄器の利用によって少しずつ生活は豊かになり、皇朝12銭が和銅開宝で始まった頃から、貧富の差が広がってきたようだ。

現在でもサラ金で借りれば当座凌げるのと一緒で、貨幣の無い時代には凶作で収量が少なければ科祖を収めれば飢死するか、収めるのを免除して貰うかだった所を貨幣として貸付けて取立ていたようだ。庶民にとってお金は必要では有るが、苦しみの源泉というのは今も昔も変わらないようだ。

そこで、現在社会に横たわる豊かさとそれを阻害する様々な要因を掘下げていく事にする。

マネーの怖さ
マネーと豊かさの共存
真の豊かさとは

という順番に考えていきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

小林 哲人
2009年06月07日 22:04
色々検索しておりまして、

世の中の流れで検索していたら、ここに辿りつきました。

とても興味深い記事を書かれておられますね。

知り合いですが、中々面白い記事を書いているので、よければ覗いて見てくださいね。

http://plathome.livedoor.biz/archives/52222530.html

2009年06月07日 22:35
小林 哲人さんようこそ。
ご紹介頂いて有難いのですが、私にはあの頁は2度と開く気の無いページです。まあ、色々と思いついた侭を書き綴っていますので楽しんで頂ければ幸いです。

この記事へのトラックバック