熱力学第2法則に逆らうものは消滅する

釈迦は「苦しみから逃れたければ拘りを捨てよ」と言った。そうして、自身はあの2千5百年前に只1人の従者を連れたのみで涅槃に旅立った。しようと思えば、帰依した多くの王族から金銀財宝に囲まれ、そうして慕ってきた多くの信者と共に余生を過せたのだが、その信念を貫き通し堂々たる人生の終末を迎えて、この21世紀になっても燦然とその姿は輝いている。

その熱力学第2法則に支えられて展開した経済のグローバル化によって世界の工場へと変貌を遂げた中国が自然法則に逆らい、軍備を拡張して独立心溢れる辺境地域を殺戮によって固めようとしている。過去において倭族を始とする多くの民を四散させてきた漢民族が今又、四散させようともがいている姿は見苦しい。

漢民族が周辺部族を悉く四散させたお陰でわが日本も現在の形を取りえているのは否定しようも無い。大きなエネルギーを使えば、その法則の定める如く四方にエネルギーは分散する。そうして、エネルギーを消耗して消耗してしまうのが自然界の法則であり、隆盛を誇った様々な帝国は見る影も無く消え失せてしまう。現在の北朝鮮がいい例だ。金王朝の政権固執力により、国力は見る影も無く衰えて国の体裁さえ取れなくなりつつある。

あの向う所敵なしであったヘッジファンドでさえ、この熱力学第2法則に逆らって崩壊したのだから、中華人民共和国とて例外ではない。人権擁護を唱える欧米に止まらず、弾圧を受けているイスラム諸国からも非難声明が出され、中国品非買運動にまで発展しているというのだから驚きだ。只、来日した中国首脳の日本でのパフォーマンスや昨年夏開催された北京オリンピックにおける演出力から見てこれからどう展開していくか見守りたい。

同じく熱力学第2法則に逆らっているのがわが国の高級官僚群であろう。先日の都議選での自民党の負け方は酷かった。これも政権や権力を固守するという自然法則に反する事をやっている所以であり、我々庶民も他山の石としたい。

イランにおけるイスラム革命も理想であったはずが権力に対する固執があのような様を呈する原因であろう。


兎に角、全ての要諦は拘るなだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年07月16日 14:05
熱力学第2法則
聞いただ毛で難しそう・・
よくはわかりませんが、因果応報ってことでしょうか・・
今の政治家さんたちにもそこのところをきっちり自覚して欲しいものですね・・
2009年07月16日 23:41
風子ちゃんようこそ。
固まっているものが分散するというだけのもんだよ。ビッグバンが始まって宇宙が広がり続けているという事実がそれを物語っているんだよ。最初は熱いものが周囲の冷気に冷やされる事を言ったんだろうね。しかし、この物理法則位誕生してから裏切らない法則は無いんだよ。

この記事へのトラックバック

  • 速報!ジャカルタのリッツカールトンとマリオット連続爆破テロ

    Excerpt:    ||| ジャカルタホテル連続爆破テロ |||  ジャカルタのリッツ・カールトンとJ.W.マリオット 2ホテル連続爆破テロ発生  死者9名負傷者50名以上 過激派ジャマア・イスラミア4年.. Weblog: 米流時評 racked: 2009-07-17 23:10
  • NHKは集団訴訟で詰むかもしれない?

    Excerpt: NHKについては、NHKスペシャル偏向報道での集団訴訟に続いて、もう2件集団訴訟になりそうな案件があります。 NHK自身が視聴者の立場に立って解決する姿勢を見せなければ、視聴者はNHKに償わせるため.. Weblog: 美しい国への旅立ち racked: 2009-07-22 20:06