「官僚主導打破」と言っているが

民主党鳩山邦夫代表は今回の衆議院選挙を「政権選択を問う選挙」と位置付け、「官僚主導打破」と言っている。国会議員を目指す以上政権を獲り、自身の手で国政を動かす事が最大目標と言うのは分る。しかし、それを手に出来るのはたった1人の総理大臣に任命されたものしか為しえないと言う現実がある。その政権とは絶大なもので、あの麻生総理を見れば分るように如何なる逆風が吹こうともその強大な権力でもって思いの侭にできる事に尽きる。

さて、「官僚主導打破」と言っているがそんなに生易しいものではない。少なくとも「官僚主導打破」の為の法案は自らの手で書く事ができなければならない。当然、様々な識者から意見を聞くのは自由だが、とどのつまり制度を変えようとする本人が事の本質を知り、その抜本的改革を実行可能な法律案に書き下ろさなければできるはずも無い。

今までの民主党の言い分を聞いていると、国会議員を霞ヶ関に多数入れると言う事位しか耳に入っていないのは不勉強のせいだろうか。少なくとも国会議員が100人や200人入った所で官僚主導が変る道理が無いのだ。経済学者である元竹中金融担当大臣の話によると金融庁の中身が分らないと述懐している程に魑魅魍魎の闇は深いと考える他無い。

少々一夜漬けで学んだ所で、省庁の何たるかを理解できる道理が無いというのが私の人間観だ。専門知識に加え人を清濁あわせのむ位の度量も必要だろう。そういう人間が果たして国会議員に何人いるかと言う疑問の方が先にたつのは私一人ではあるまい。私が言いたいのはそんな小手先の改革でなくて、抜本的な改革に手が付けれるかどうかが問題だ。

このブログを読んで頂いている方々には私の理想はどういうものかすでに承知されていると思うので敢えてこの場では言わない事にする。投票日までまだ1月以上ある訳だから国民に分り易いロードマップを示して頂きたいものだ。それのできた政党が勝利を収める事となるはずだ。

政治家は明確なポリシーを持ち、それを分り易く国民に知らせなければならない。その一番大切な事を抜きにしているから地盤・看板・鞄が必要なのではないか。そうして、官僚に舐められる政治家しか出てこないのではないか。

私は小泉改革である「新自由主義」に対しては肯定的だ。何が悪いのかと言えば、全ての人に機会均等であるはずのものが既得権益が多くを握っている所に問題点があると考えている。小泉改革を悪く言う人は既得権益者であって自身を恵ませているものをオブラートで包むべく言っているのだと考えている。ここらに対する対立軸も欲しいと考えている。


それには分り易い説明とその解決策を示すロードマップが必要であろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年07月23日 10:04
明確なマニュフェストの提示をと言われはじめてますね・・
人気取りだけじゃなく、よりよい政策で今後の国民生活の改善やらなにやらを願うばかりです

2009年07月23日 11:44
風子ちゃんようこそ。
マニュフェストの中身が問題だね。大方はスローガンの列挙で、中身がからっぽの事が多いんだ。何とかならんかね。
2009年07月23日 22:09
今だって、70人くらいの議員が大臣・副大臣・政務官といった肩書きで行政府に入ってるんですよね。
それが30人くらい増えても関係ないでしょうね。
民主党が出し続けていたお粗末な法案を思い出すと「お飾りになる」か「邪魔者になる」かのどちらかでしょう。
2009年07月23日 22:38
フフンさんようこそ。
政治家が哲学を持つか否かですよ。地盤・看板・鞄の政治を止める事ですよ。兎に角、学校教育で1番大切な哲学を軽視し過ぎているのが問題です。重箱の隅を突くようなコメントも困ります。
フフン
2009年08月02日 19:38
>政治家が哲学を持つか否かですよ。
じゃあ、尚のこと駄目でしょうね。

>重箱の隅を突くようなコメントも困ります。
質の問題(官僚頼みの法案しか作れない)について指摘したのですが、何で「重箱の墨を突く」ことになるんでしょうか?
哲学とは言っても、今度は「官僚の作文を読んでるだけ」と批判するだけでは?
2009年08月02日 23:02
フフンさんようこそ。
官僚の作文を読まず、自らの政治信条を語れてこそ国民は信頼もしついてもいくものです。それも出来ない政治家は去るのみでしょう。

この記事へのトラックバック

  • 国民に問うのは政党の責任力です

    Excerpt:   国民に問うのは政党の責任力です!   By 麻生太郎 瞬間風速で国政が決まってしまうほど国民につけを回すことはない! By 佐藤ゆかり 自公は、何か一つでも 責任を取ったのであろうか? 郵政選挙の.. Weblog: 雑感 racked: 2009-07-23 13:19
  • 「嘘も1000回言うと本当になる」By自民党

    Excerpt:   野党の審議拒否で船舶検査法案成立が出来なかった との記事がWEB上でも残り、又自民党も言い立てている。 はたして本当にそうなのだろうか(笑  日曜日(19日)の朝、討論番組モドキをみていた。特に自.. Weblog: 雑感 racked: 2009-07-23 14:58
  • 黄昏のラプター・F22生産中止、軍産複合体に鉄槌

    Excerpt:    ||| 軍産複合体 半世紀目の黄昏 |||  米軍 F-22ラプターの生産中止は、米国に跋扈した軍産複合体 解体への第一歩か  アイゼンハワー半世紀の悲願「米国の主権を軍需産業に渡すな.. Weblog: 米流時評 racked: 2009-07-24 08:57
  • 何者にも平等に法律が適用されているか?

    Excerpt:     樋渡利秋最高検察庁検事総長の前任者であった但木敬一前最高検察庁検事総長が、日本記者クラブの昼食会(2006/8/25)に語った言葉が残っている。 http://www.jnpc.or.jp/c.. Weblog: 雑感 racked: 2009-07-24 18:16