一燈を頼め

「一燈を提げて暗夜を行く。 暗夜を憂うること勿れ、只一燈を頼め。」と言志四録にあるが、これは釈尊の自身の死後における弟子達への戒めの言葉を噛締め、自身に対する戒めの言葉として、佐藤一斎が書残したものであろう。現在の政治情勢を鑑みるに、この一燈を持つ人が如何に少ないかと嘆かわしく考える。

私は自身が自閉症と知らずに自分探しを数十年に亘って続けてきたので、その「一燈」の意味が身に染みて分る。天は2物を与えずと言うが、健常者で無ければこそそういうものに辿り付けたと改めて感謝したい。そうして、教育現場では「一燈」と言う言葉等横において、手方のみを教え、それを何の為に使うのかを教えない。

現代社会に横たわる闇は、雅に釈迦従者アナンに向かって言った言葉を全く無視している所にあると考える。マニフェストを作成するにおいても、真に日本のあるべき姿を考えず、選挙民への媚や米中の顔色を基準にしている所がブレの原因でもあり失言を誘っている本体と知らない所に大きな不安がある。この解決にはこのブログではしつこく言っているが、教育行政の大転換しか方法が無い。どういう人間を育てるか、人格を作るかの答えは「一燈を頼め」を実行できる人間を育む以外にそういう政治家は育たないし、それを評価する社会風土も出来ないからだ。

自閉症療育においても些事にばかり気を取られ、その解決にしか目が行かない所に大きな欠陥がある。自閉症者は自ずと自己生成機能によって自らをその持つ環境に適応させようと脳が努力している事を一燈と考えるべきだ。その証左に、知的障害者も含めて療育の手を離れてから60才を越える頃には自ずと社会に適応している。

何度も書いているが小手先の療育手法は害あって益なしと声を上げたい。その自閉症者が行く人生全てを見通した上でサポートの手を出さねばならない。現状では目の前に見える事にしか対応をしていない現実が大きく、二次障害への大きな要因となっている事が分ってやっているのかと問いたい。雅に、支援者の置かれた位置は暗夜に他ならない。

今回の韓国90日ビザなし滞在は、闇夜に向かっての試みと言えよう。思い立ったのは、2月半ばのリーマンショックから5ヶ月弱経ってからであった。最初はリーマンショックと言うのは世界規模のもので政治や経済の中枢に居てこそで、自身には全く関係ないと考えていたのは今から考えれば無様な姿であったと反省している。

色々為替を調べてみると殆どの国が円に対して半値になっている事に気付いた。そう言う中でその円高が消費者物価に反映していないと言う観点でのみブログで批判記事のみ書いていたのだが、ふと書くだけより自分が手本を示せば良いと気付いた次第だ。そこで韓国ソウルへの旅費を調べてみると、1番安く行く方法だと東京へ深夜バスに乗っていくより安い。それと、90日までだとパスポートは無論要るがビザ無しで滞在できる事が分り決行する事に決めた。


この行為を闇夜に自ら歩を進めると言う以外にどういう表現方法があろうか。


明日はこの韓国旅行が如何に自己生成原理にもとったものであったか紹介しよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年07月25日 18:01
こうと思われて、それを実行されたHbarさんってすごいですよ
若い時ならいざ知らず年齢を重ねてくると、腰が重くなってなかなか新しいことにも取り組めないものなのに・・
それも、これもご自信の病気とかを自覚されてるからでもあるとは思いますが、前向きな姿勢がなんともいいですね・・
2009年07月25日 19:33
風子ちゃんようこそ。
人生は「一燈を頼め 」しかないんだよ。それを腹に持てばクロクマ君との付合いも違ってくるかも。

この記事へのトラックバック

  • また墜ちた!イラン2度目の旅客機事故で17名死亡

    Excerpt:   ||| アーリア航空着陸事故で17名死亡 |||  イランで今月2度目のジェット旅客機事故、着陸時に滑走路ランオフで17名死亡  イラン航空墜落事故で168名全員死亡から、わずか10日目.. Weblog: 米流時評 racked: 2009-07-25 13:22
  • 「国民の程度を表している」 By細田......撤回

    Excerpt:  時事通信では、 「国民の程度を表している」  イザ!では、「程度を表している。国民の程度かもしれない」 FNN⇔ 自民・細田幹事長、「日本国の程度を表している」などと発言 「真意ではない」と撤回 ど.. Weblog: 雑感 racked: 2009-07-25 19:19
  • 7/24 (金) 去る者は追わず。 

    Excerpt:  ★ゆったり ゆったり Weblog: 酔語酔吟 夢がたり racked: 2009-07-25 20:31
  • 切羽詰ると必ず相手を冤罪ではめる亡国のイイージ○と傾向と対策

    Excerpt: 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジンからの転載です。 以下は2年前に植草氏が二度目の謀略にはめられたときに書いた記事を改訂したものである。 相手は、切羽詰ると必ず、検察警察を使っ.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2009-07-25 22:15