クリントン元大統領の訪朝

クリントン大統領の突然ピョンヤン空港に降り立つ姿には驚いた。2人の女性記者の逮捕に対する対応とは言え元大統領の訪問には流石に驚かされる。日本で同じ事が起きた時に日本の政治家はどう対応するだろうかと言う事実に日本政治家の腰が引けている姿が脳をよぎる。拉致に対する報道は激しく、それに対して安部元総理が熱心だったはずなのだが、いざ自身がトップになると動きもすごきもしない状態にはうんざりする。

それに引換えればクリントン元大統領の訪朝を決めたオバマ大統領の決断には拍手を送りたい。この前の記事で麻生総理の政治に対する対応を零細企業の営業と扱下ろしたが、一年も期間があってもそれに対して何もしていない事実しか残さなかったのも麻生総理の人気が落ちた大きな要因としか言えない。

麻生総理はご自身の為した事を頬かむりして「政策」と言うが、どの面して言っておるのかと訝しい。年を食っている分だけ、色々と国民を欺く弁を言っているのは実の無い姿にしか見えない。無論、民主党政権が誕生した時の姿は保障できるものではないが、明治政府を切り盛りした薩長の芋侍よりはましなのではなかろうか。

ましではあろうが、ましな分恐れが多く革新的な政策が望めないのが民主党政権であるのかも知れない。革新的な政策実現の為には怖いもの知らずの薩長の芋侍的な発想が必要であろうが、現在の大国としての日本の舵取りを任すには似非大人である事も保険として仕方ないのかも知れない。

それもこれも、総理大臣の給料が安すぎると言うのが1番の原因でもある。日本の場合、トップの給料の安さには驚くものがあり、世界標準から見れば論外と言わなければならない。日本の場合はトップになって負わされる責任の重さに比して受取る給与水準が安すぎ、なるだけ損と言う現実が現在のバカボン政治の原因かも知れない。

実は、北朝鮮は喉から手が出て居る事には違いない。喉から手が出る状態と言うのは、トップに支給する配給さえ事欠く状態である事を考えれば疑いようもない事実だ。持つものを金に換える為に出てきた一般市民を強制収用所に送込み、強制労働に駆り立てなければどうにもならないのが現在の体制を守る姿だ。

そういう中で、武士は食わねど高楊枝を決込む金正日だが、その姿を日本政治化に求めるのは酷であろうか。しかし、日本と言う大国をリードしていかねばならない立場を持つ人達にとって酷とは言いたくない。クリントン元大統領は明日にも2人の拘留されている記者が連れて帰るという事になりそうだ。

雅に、今ニュースステーションでクリントン元大統領と金正日の会談が実現したそうだ。同盟国である日本と韓国を蚊帳の外に置かれての電撃的会談だ。瀬戸際外交の強かさをみても日本政治家の情けなさだけが目立つ。この月末には選挙結果が分るのだが、自民党政治家のぼんやりした姿には国民から厳しい判断が下されて当然だ。


何しろ成果を上げた政治家は小泉純一郎元総理のみなのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2009年08月05日 19:31
北のほうから、女性を通じて(家族への電話で)クリントンをピョンヤンによこしてくれるように働きかけがあったみたいですね
無事に帰れてよかったのですが・・
クリントンさん日本人拉致被害者のことも金総書記に要求したそうですね・・
2009年08月05日 20:57
風子ちゃんようこそ。
えらい早耳だね。地獄耳の風子ちゃんでならすのかな。色々と巧く世の中が廻ると良いね。何にせよ、名乗りを挙げた政治家が為すべきを為さねばね。
2009年08月07日 02:44
2001~2002年当時は、イラクよりも先に北朝鮮が武力行使をされる可能性がありました。
そういう事情を無視した言動は、本当に如何なものかと思いますよ。
それとも、我が日本に軍事大国になれと仰っているのでしょうか?
2009年08月07日 08:26
フフンさんようこそ。
米国の国家戦略はイラン・イラクの石油資源に目が行っているのみです。北朝鮮が何をやろうと知った事ではないのですが、中国に対する堤防としての役割を果す日本と韓国にコミットしているだけでしょう。米国の1番恐れるのは日本の核武装だと思いますよ。

この記事へのトラックバック

  • アメリカのクリントン元大統領が訪朝

    Excerpt: アメリカのビル・クリントン元大統領(62)が、北朝鮮に拘束されている(国境地帯で Weblog: 本質 racked: 2009-08-04 22:55
  • ビル・クリントン訪朝で米国人記者解放へ

    Excerpt: 結局、北朝鮮って、こういう「特別扱い」をして欲しくてしょうがない国ということなんですな。 Weblog: つらつら日暮らし racked: 2009-08-05 06:45
  • クリントン氏が訪朝?

    Excerpt: クリントンといっても、夫のほう。 そういえば、2人の米国人記者が実刑判決を受けていましたね。 北朝鮮の朝鮮中央通信によると、北朝鮮を訪問しているクリントン元米大統領は4日、金正日総書記と会.. Weblog: いい加減社長の日記 racked: 2009-08-05 07:03
  • クリントン氏 2記者と北朝鮮を出国

    Excerpt: 北朝鮮、拘束中の米2記者に特赦(朝日新聞) - goo ニュース 今朝NHKのラジオニュースはクリントン氏の訪朝とそれに続く金総書記の会談で 「拘束されていた米国2記者に特赦がされクリントン氏と出国.. Weblog: 王様の耳はロバの耳 racked: 2009-08-05 13:20
  • 8.5 朝/ クリントン氏と記者2人出国。裁判員裁判3日目。変死女性は背中に入れ墨の銀座ホステス

    Excerpt: クリントン元米大統領、米国人記者2人と北朝鮮を出国 8月5日9時14分配信 ロイター 拡大写真  8月4日、クリントン元米大統領が米国人記者2人と北朝鮮を出国。.. Weblog: 地球の日記☆マーク♪のblog☆ racked: 2009-08-05 15:39
  • 北朝鮮がクリントン元米大統領の訪朝受け米国人記者を釈放

    Excerpt: 北朝鮮がクリントン元米大統領の訪朝受け米国人記者を釈放 8月5日13時52分配信 ロイター  [ソウル 5日 ロイター] 北朝鮮は5日、クリントン元米大統領による訪朝を受け、拘束していた米.. Weblog: もぅ新聞紙ゎ要らない racked: 2009-08-05 15:40
  • 人質解放!ビル・クリントンのYES, YOU CAN外交

    Excerpt:    ||| 金に言わせた YES, WE CAN |||  不法入国で12年の強制労働懲役刑判決を受けた米人女性記者二人、ついに解放へ 人質解放の交渉役として、米人の誰もが想定していた .. Weblog: 米流時評 racked: 2009-08-05 17:18
  • 北朝鮮、2米人記者を解放=クリントン氏と出国-金総書記が恩赦

    Excerpt: 『【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、金正日労働党総書記が、拘束中のローラ・リン(32)、ユナ・リー(36)の両米人記者に対する恩赦を行い、解放することを命じたと報じた。クリントン元米大統領のス.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2009-08-05 22:27
  • 朝鮮人質外交成功

    Excerpt: ★当地時間の八月四日 ビルクリントンは朝鮮にニ十時間滞在した後、十二年の実刑判決がでていたふたりの米人ジャーナリストを取りもどして帰国の途につきました。★朝鮮外交の勝利であって、アメリカ外交の勝利では.. Weblog: 木霊の宿る町 racked: 2009-08-06 01:01
  • 北朝鮮の術中にまんまと嵌ったアメリカ人記者解放劇

    Excerpt: エキサイトがサーバーのメンテナンスで半日使えない様態の中で、世の中には大きな動きがあった。 クリントン元大統領の突然の訪朝で、拘束されていたアメリカ人女性記者2人が解放された。報道から1日以上経.. Weblog: かきなぐりプレス racked: 2009-08-06 10:45