95兆円掛る所を81兆円で済ませば良いではないか

少なくとも、民間企業では2年前に120円で売れていたものを、現実には87円で売って、尚且それで破産しないように経営努力をしている。その歪として派遣労働者と言う社会問題を引起してもいる。何故、行政だけが官僚のご都合で立てた予算を死守しなければならないのか、改めて政権交代をした根本を問いたい。

世間では、一時500円手前まで上がっていた牛丼が味噌汁付きで300円を切って、実に4割カットしてまで客離れを食い止めといる現状が有る。その他でも、価格引下げをする民間業者の涙ぐましい報道が相次いでいる。冬のボーナスは大幅にカットされ、その安値競争に敗れた者は倒産・破産の憂目が待っている。

税収が37兆円で、国債発行を44兆円で抑える事が大前提であるのだから、積算した予算95兆円は14兆円カットするのは民間企業で言えば当然の話ではないか。行政コストだけそのまま据え置いて、そのコスト負担を民間にさせた上で、民間は生き残りを掛けて、全社一丸となって値下げ競争をしている事を忘れてはならない。

この45年間、行政コストは上げるだけ上げて、民間がホトトギスの如く血を吐いて日本経済の屋台骨を支えてきた現実が、現在の借金塗れの財政状態を作ったのではないか。財務省は主計官が査定すると言っても、御身可愛さ一辺倒で、査定しているから、切れる所も等閑になっているのは明々白々だ。

この当り前の論理に目を瞑って、財源が無いと言うのは経営感覚が可笑しいとしかいい様が無い。誰の為の政治なのかは、官僚が幸せになる為の政治と断定せざるを得ない。民主党の最大支持母体である連合にしても賃金引下げといえば機嫌は良くないかも知れない。しかし、国家百年の大計を考える時であれば目を瞑って貰わねばなるまい。

普天間基地の問題にしても、政治決断すべきではないか。無論、どう決断するかはその政策責任を持つ鳩山総理が自身の信念に沿って日本の意思として米国に通知すれば良いだけの話しだ。外交交渉であるから、こちらからの要求があれば、その交換条件はコスト負担として圧し掛かってくるが、それは対外問題であるから仕方無い。

現在の右応、左応と言う態度が1番宜しくない。予算の問題にしてもデフレであるのだから、行政コストの大幅削減は当然の発想ではないか。百円ショップと言うのがあるが、あそこにある商品は悉く20年前の数分の一になっている。給料が減っても逆に可処分所得は増えている現状が有る。

無論、毎月1500万円の贈与があり、毎日80万円の配当所得を上げている総理には想像も付かない話なのかもしれない。この数十年の経済推移を鑑みて、日本の健康な経済がどういうものかを改めて政権交代した成果として出し、それに基いて民間企業同様に行政も頑張るべきでは無いか。

社会保険庁の不祥事を起して、殆どお咎め無しで過してきた公務員に強いメッセージを出し、総理の政権公約を改めて出し、実行すべきではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2009年12月05日 12:42
経済のこと・・
めちゃめちゃ弱いです
でも、今そんな状態になってるのがHbarさんの記事でなんとなくわかりました・・
一般家庭も国も財源の事は頭の痛い状態なのはかわりないのいかも・・
ただ、国は国民にたいして責任がありますもものね・・
2009年12月05日 17:18
風子ちゃんようこそ。
鳩山さんは予算を決定する最高責任者、族議員も居ないし、官僚も直接陳情は無いと言うのだから切って法案を提出すれば良いだけ。財政規律を守る事と、未来に夢を託す予算だけは削らないで欲しいね。
フフン
2009年12月06日 22:43
数字の裏付けも無く、ただただ、テレビや新聞の言い分をそのまま鵜呑みにして、「考えたフリ」をするのは面白いでしょう。
しかしながら、実際のところは日本の行政コストって比較的小さいのです。
問題は、社会保障に対する税・保険料の負担が相対的に軽いことなんです。
思い込みを排除し、今後はきちんとした根拠を元にして「よく考えましょう」。
http://marigold.sakura.ne.jp/doc/economy/small_gov.html
2009年12月06日 23:39
フフンさんようこそ。
民意によって選ばれた、責任政党が責任取るのに何の数字の裏付が要るのでしょう。数字の裏付と言うのは官僚の作文だけの事と違いますか。もう少し本質論を語りましょうよ。
フフン
2009年12月07日 08:49
>民意によって選ばれた、責任政党が責任取るのに何の数字の裏付が要るのでしょう。数字の裏付と言うのは官僚の作文だけの事と違いますか。
もう少し本質論を語りましょうよ。

テレビや新聞の作文レベルの言い分ですね。そういうのを衆愚政治と呼びます。
以前、僕に「民主主義が嫌いなのか?」と仰っていましたが、逆に「民主主義を殺すことを希望されるのか?」と言いたいですね。
もうちょっと、「よく考えよう」
2009年12月07日 09:36
フフンさんようこそ。
鳩山総理が決断すれば良いだけの事。誰もその事に言及せず、亀井大臣の声ばかり大きく感じます。バッサリやるとこはやって欲しいものです。
フフン
2009年12月07日 11:30
不況下に伴う緊縮財政は、景気の更なる悪化を招きます。
せっかくのデフレなのだから国債を日銀に買ってもらい、そのカネで整備新幹線だとか外環道のような将来にも繋がるインフラ整備だとか、逆に持て余しているインフラの縮小工事などに充てればよいのです。
経済の悪化が何を招くかも、よく考えましょうね。
2009年12月08日 10:08
フフンさんようこそ。
これまでの常識に囚われていては、日本を滅ぼします。経済の本質が何か、改めて問い、真に為すべき施策に集中すれば良い。枝葉まで満載にするから95兆円になるのです。
フフン
2009年12月08日 21:12
仰っているのは、メディア好みの常識論ですが、自覚あります?
95兆円を81兆円に削減する場合、GDPを3%ダウンさせる効果があり、しかも公債発行額を幾らか減らせる程度で、税金や保険料の法人・個人負担は微動だりしませんので、物価にも何の変動もありません。
ただただ、経済が縮小する痛みのみで、何ら得るところがありません。
むしろ、失業者の増加(特に若年層と中高年層)で却ってコストが嵩むかもしれません。
2009年12月09日 09:51
フフンさんようこそ。
現在の縦割り行政の中で総花的に出された要求が95兆円な訳で、当然マクロの観点から鉈を入れねばならない所をスパッと切ると言う事です。視点を切換えなければ、何れ行く所迄行き着く訳です。今を凌いでも,明日はありません。破綻が待っているだけです。個人的には、それには備えなければなりませんが。政策責任者はそれでは通りません。時代が時代であれば、断頭台ものです。
フフン
2009年12月09日 21:05
ナポレオン戦争後の英国はGDP比300%の国債を抱えていましたが、破綻はしていません。
もうちょっと、我が国の国際の中身についてマクロ的な観点が必要であって、貴方はマスコミに言われるがままの誤った知識による判断をされていると心配しております。
2009年12月10日 08:34
フフンさんようこそ。
富める国の戦時国債は、論外でしょう。日本は軍事力は持たない事を宣言していますので、国際社会で黒字のみを出し続ける訳にはいきません。かと言って、資源小国の日本が国民を守る為には黒字は避けられません。その際どさにあるのが我国の現状です。その中で円を強い侭に持っていくには財政規律は不可欠です。不可能であれば言いません。できない国家は猛烈なインフレと通貨切下げによって国民に皺寄せをしています。日本がそうならぬよう願うのみです。
フフン
2010年01月09日 17:31
>その中で円を強い侭に持っていくには財政規律は不可欠です。
経済が底抜けをしたら、それっきりですよ?
1998年に1ドル=140円まで下落したことをお忘れで?

>日本がそうならぬよう願うのみです。
まあ、現政権による意味不明な経済・外交政策が続くと、本当にそうなるかもしれません。
これも、みんなでメディアの煽りに乗っかって、各人の1票により「更に酷い政権」を選択してしまった結果でありますから、止むを得ません。
英国のことわざで言う「地獄への道は『善意』によって舗装されている」ですね。
2010年01月09日 22:05
フフンさんようこそ。
現政権による意味不明な経済・外交政策に映るかも知れませんが,自民党長期政権によって齎された司令塔無き利権政策よりは遥かにましです。後2年位はどちらへ転ぶか見守るべきでしょう。
民主党政権はまだまだ野党ボケしていますから、自民党政権の引続きが多く感じられ、それが予算の膨張を招いています。真に、民主党単独政権運営に入ってからが見物です。
フフン
2010年01月12日 00:33
とぼけているようなので思い出させてあげますが、どちらへ転ぶかは例のマニフェストに書かれているのでは?
あれを見れば、予算の膨張を招くのは必然であって、民主党単独政権運営になろうが無かろうが大した関係はありませんし、どちらに転んでも前政権よりも酷い「速やかなる衰退」を招くのみですね。
2010年01月12日 10:23
フフンさんようこそ。
マニュフェスト万能とは考えていません。それに固執もせず、旧態を打破せよと言いたいのです。そうすれば、現状より全てが良くなると思いますよ。
フフン
2010年01月14日 15:31
マニフェスト万能とは考えていないとは言っても、現実問題としてはそういう方向でカネを使われるため、予算の膨張は必然的に起きつつあるんですよ?
ま、「マスコミの報道を鵜呑みにして考えたフリをする喜劇」の観察としては面白いですね。
2010年01月15日 00:18
フフンさんようこそ。
しかし、現在の自民党の惨憺たる有様はどういうものでしょう。野党慣れしていないと言っても酷すぎます。あのていたらくで権力を握っていたのですよ。

この記事へのトラックバック

  • 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

    Excerpt: 09年12月6日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・財政難と公約 定額給付金{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・沖縄{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) .. Weblog: 護憲+グループ・ごまめのブログ racked: 2009-12-06 18:23
  • 欧州勢力に対する戦争屋の反撃か?

    Excerpt: 世界の覇権闘争において劣勢にあった戦争屋(ロックフェラー-CIA勢力)が、欧州貴族+ロスチャイルド勢力に対して反撃に出ているようだ。 一つは、ドバイ・ショックだ。 いつも応援ありがとうございます。 .. Weblog: 日本を守るのに右も左もない racked: 2009-12-07 22:02
  • 欧州貴族も一枚岩ではなく、銀行屋と戦争屋に分かれている?

    Excerpt: 世界の闇勢力の抗争の構図は、これまで、 欧州貴族+ロスチャイルド連合VS米戦争屋-CIA勢力(D.ロックフェラー)と捉えてきたが、 欧州貴族も一枚岩ではなく、少なくとも一部に米戦争屋と結託する勢力が存.. Weblog: 日本を守るのに右も左もない racked: 2009-12-12 23:14
  • 裁判官はどのようにして判決を下すのか?

    Excerpt: 本ブログで「法制度をどう改造するか?」という追求テーマが提起されています。  このテーマについての私なりの問題意識は次の通りです。参考にして下さい。 ... Weblog: 日本を守るのに右も左もない racked: 2009-12-19 22:43