権力を手放せば良い

昔、故人になったが藤山愛一郎と言う政治家が居た。
元々は大資産家であったのだが、政治を引退した時には苔が生えていたと言う。結局、財力が無一文になった時に発言力は無くなり、その政治生命は途切れた。
現在政治世界において、増殖するのは金脈政治家と言っても過言では無い。鳩山一郎はどちらかと言えば藤山愛一郎に似ている。只、その原資が莫大であり、愛息に注ぎ込み続けてもその原資は枯れないようだ。
鳩山総理は権力に固執した所が先人と異なっている。
無論、権力に固執する財力の裏付がある故なのかも知れない。
藤山は努力はしたけれども頂点に程遠い所で頓挫している。
鳩山は母親からの献金を断るべきではないか。
それで、離れていく人は致し方が無いと割切らねば仕様が無い。
これまでのマ゛ラ撒きだけでは離れていく人は仕方ないのだ。
それと時代の順風が吹いている事も忘れてはなるまい。
藤山の時代には無かった政党助成金という強い見方があるのを忘れてはならない。
これを活用できないのは「猫に小判」としか言い様が無い。
それと、お母さんには何処か寄付をして貰ったら如何かと想う。

それでこそ石坂財閥の遺産継承者の甲斐性と言うものではないか。
寄付が駄目ならご自身で巨大プロジェクトを起す為の基金にしても良いのだ。
そういう使い方をしてこそ、政治家鳩山由紀夫の背中を押す事になると考えるが如何。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大和
2010年01月05日 11:23
改革に取り組む鳩山内閣を応援すべきです。日本政府を牛耳ろうとする謀略工作に荷担するのは恥ずべきことです。首相と政権党幹事長への執拗な批判攻撃は、国益を損ない国民生活に危険です。時代錯誤した検察庁とメディアの病根には、メスを入れるべきです。
スキャンダルとして騒ぐべきは、文科省官僚の愚民化政策です。
 不登校、退学者20万人、精神疾患休職教員5400人。こんな学校に通えば、ひきこもり、ニート、失業者となり、4万人の自殺者が出るのは当然です。
教育現場から、愚民化教育のおぞましい実態を詳細に暴露したのが「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)です。破綻した教育の実態、世界の教育改革から逆行した改悪、時代錯誤した取り組みの異様な姿が赤裸々にされています。
この知識時代に愚民化教育を行い、若者を貧窮させ、犯罪に走らせ、国家衰退を作った文科省官僚の罪は、薬害エイズや薬害肝炎を起こした厚労省官僚を越える大罪です。
子供の不幸を見て見ぬふりをする堕落した日本人こそ、愚民化教育が作り出した愚民です。官僚は、愚民化政策を行った事実を認め、国民に謝罪すべきなのです。
2010年01月05日 12:25
大和さんようこそ。
文部官僚の罪は海より深いと言わねばなりません。その罪は現状踏襲によって齎されました。明治の元勲の創設した文部科学行政が続いています。この根を断ち切ってこそ真の世直しと言えましょう。ここらの根源の哲学のある政治家に出てきて欲しいものです。
tennsi21
2010年01月05日 23:17
こういうのはどうでしょうか。
・社会を自らの手で運営するために、公務員を参勤交代制にして、誰もが参画する場にしていく。
(日本を守るには右も左もない)(http://blog.trend-review.net/blog/)からきました
2010年01月06日 08:42
tennsi21さんようこそ。
核になるポータルサイトさえあれば(個人構築可能)官僚は要らないのかも知れません。只、運営媒体は国民生活ですので、そのポータルサイトに国民全てが議論し投票して、実行部隊を持たねばならないのです。これは官僚不要論の最右翼案ではありますが。

この記事へのトラックバック