真の景気対策とは

世紀を超えて1つの文明が終わり、新しい文明が幕を開けようと陣痛が起きている姿が現実の姿では無いでしょうか。

20世紀迄の価値創造はこのグローバル経済化する現代社会においてナンバーワンのみしか生存できない地球規模の競争社会になっています。

インターネット網は網目を益々小さくし、ITの進歩で我々の手に入れる事の出来る情報量は加速度を持って増えていっています。小さい所では、クウォークと言った素粒子から数億光年離れたブラックホールの実態が分る等無限の広がりを見せています。

詰り、20世紀と21世紀では大きく価値観が変質していると考えるべきです。

景気対策もケインズ式を代表とする20世紀型景気刺激策では巧くいかないのは、バブルが弾けて20年近く経過した今、失業に対して投入した公務員及び予算は真綿に染込む水の如く効果を持たないのは自明の通りです。
人の働き方の変化にも着目しなければなりません。

先輩から教えられたやり方で仕事をしていたのでは職場には残れません。残れる職種は公務員のみと言っても過言では無いでしょう。それと、護送船団方式に慣れた企業群も公務員に少し近いかも知れません。トヨタでさえ、社長自らが公聴会に出席する時代です。仕事のあり方そのものから見直さねばなりません。それに成功している会社のみがグローバル企業として成功し,世界に羽ばたいている現実から目を反らしてはなりません。

成長戦略の話に転じましょう。

筆者からの提案ですが、大学の研究室で研究成果をデータベースで公開してはどうでしょうか。それにピンと来る人が居れば、事業化し世に送り出せば良いと考えます。労働人口が5千万人であるとすれば5千万通りのビジネスモデルがあって然るべきです。それこそが全国民オンリーワンの実現になるでしょう。当然、それを支援する公的サービスが必要です。ビジネスと無関係の人がチャレンジする訳ですから、それを支援する仕組が必要だと言う事です。

日航の応援に止まらず、そう言う事に支援を特化させていけば、少ない予算で実現可能と考えます。

無論、現在の景気・失業対策は打ち止めにしてという事です。効果の無い分野から撤退してより優先度の高い予算措置をすれば財政も健全化するでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

さとし君
2010年03月02日 22:51
マスコミが国民が欲しい情報を出すなどとは幻想なのですが、それにしましても景気回復への方策などの真剣なまなざしあるお方の論調が目立ちません。Hbarさんからはいろんな提案を今後も是非お願いしたいものです。
記事についてですが、確かに民が「ダメ」過ぎますので、官の持つお金とその職種が相対的に高まるのはしょうがないということですね。それではあまりにも寂しい事態ですが。地上の経済活動の富は一定なものでしょうか?日本が「ダメ」で、地球のどこかが豊かかになってるのだ、このように考えるべきでしょうか?
学会会員などの枠をはずし、データベース化と自由な検索可能には大賛成です。
2010年03月03日 20:55
さとし君ようこそ。
地上経済での富は無限に膨らみますよ。それは人の叡智によって切り拓かれるもので、常識的な施策ではありえません。民主党が折角政権獲ったのに何もなさないのが歯痒いですね。

この記事へのトラックバック

  • 自我原理に支配され、隠蔽・言い訳・誤魔化しの巣窟だった旧軍部

    Excerpt: 「2/28なんでや劇場レポート(2) 隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制」では、 隠蔽・言い訳・誤魔化しが顕著になったのは'90年バブル崩壊以降であるとされたが、 それより50年以上.. Weblog: 日本を守るのに右も左もない racked: 2010-03-09 23:28
  • 世界情勢が読めず、思考停止する外務官僚

    Excerpt: 2009年10月11日「世界の覇権交代が読めない、日本の特権階級」という記事があるが、田中宇氏も日本の外務官僚の無能さに警鐘を鳴らしている。『田中 宇の国際ニュース解説』2007年9月18日「強まるド.. Weblog: 日本を守るのに右も左もない racked: 2010-03-16 22:45
  • 市場構造を直視できず、バブル(と崩壊)を深刻化させた大蔵・日銀官僚

    Excerpt: 「幕末の志士亡き後、戦前の試験エリートは失策に失策を重ねた」でも取り上げたように、大蔵・日銀の金融・経済政策は戦前から失敗続きだった。 いつも応援ありがとうございます。 ... Weblog: 日本を守るのに右も左もない racked: 2010-03-23 23:11