割を食った中国

この所、1人勝ちと言われている中国だが、実はそうでもない。毎年10%を超える成長率を続けるのは良いのだが、この所の工場生産は自動制御が多く、人手を必要としていない。チベット自治区やウィグル族の辺境貧民対策をしたくてもロボットがやってくれるビジネスモデルを真似するのだからどうしようもない。


その点、日本の場合は「ああ上の駅」の歌が流行った頃はオートメーションとは言うものの人手集約産業であったから1億総中流が実現出来た。誠に運の良い国家と言わねばならない。その運を当り前のものとする鳩山総理も如何なものか。当り前でなければ、就任直後の外遊は控えたはずではないか。


今の不人気を作った大本は総理の心得違いにあると言って過言では無い。若い国会議員は心すべき他山の石なのだがどう映っているのだろう。韓国の輸出企業が好業績であるが、あれはウォン安のお陰に与ったせいだろう。韓国の殆どの国民は貧しい。しかし、我国の人から見ると結構気持ちよさそうに暮らしているのはどうしてだろう。


中韓において歴史問題が由々しき問題として取上げられている。これは日本が富、かの国が貧しい故に起きる議論に違いない。EUが国境を越えて仲良くやっている話を良く聞くが、ドイツとフランスは数世紀を越えて争いから逃れる事はできなかった。その逃れられない宿命が団結を生んだ最大の原因ではないか。


少々の非難に怒ってどうするかと言う態度を要請したい。日本は運が良いと言う紛れも無い歴史的事実がある。はるかな昔は東シナ海に阻まれて大陸から侵攻してこなかったから現在の日本がある。それ故に、韓半島のように朱子学に縛られずに済んだ。それが欧化できた最大の理由であり、こんな幸運はない。


鳩山由紀夫よ確りせよと言いたい。

この記事へのコメント

2010年04月20日 08:50
Hbarさんはなんでもご存知なんですね
と、またまたお馬鹿なコメを書きましたが
中国ってだだっ広い国だから、経済的なこと意外でも一筋縄でいかないところも多々あるような気がします
日本も鳩山さんだけの問題でもないような気もしますが・・
2010年04月21日 20:01
風子ちゃんようこそ。
よく知っている訳でもないんだ。当り前に受とめ、考えると書いている結果が生れてくるだけなんだ。要するに、メディアに惑わされるなと言う事かな。

この記事へのトラックバック