今の日本を考える

この数日のニュースを見ると、ブータン国王夫妻が新婚旅行に来て、その一挙手一頭足が話題になっている。まるで、あの橋下前大阪府知事が大阪都構想の命運を掛けた選挙戦が全く持って影が薄く感じる。

今日、記事を書く気になったのは、東日本震災に連なる福島第1原発メルトダウンに伴う除線費用が五百兆円を越すとの報に接したからだ。この金額は、現在の日本GDPに匹敵するものであり、既にその倍の国際発行をしている国家に住む住民として、この除線に対してどう向き合うかを決めねばならないからである。

平成23年11月20日現在の日本は1ドル75円という円高と東日本震災に見舞われている。
テレビ番組の多くの識者による論調を聞けば、絶望の2文字しか出てこない。しかし、円高は裏を返せば、世界に比べて、日本の国力が勝っているという状況証拠に他ならない。事実、日本と同様に失速した経済状態に陥った欧米諸国では、失業から来る生活苦に対する政府の対応に不満のデモが頻発している。欧米経済は雅に底割れしていると言っても過言ではない。

しかし、日本経済が順風満帆な訳では無いのは、本年7月に生活保護受給者が戦後最悪の205万人を突破して、只でも福祉予算がオーバーラップして財政が万年赤字になっている事から明白だ。それ以上に、欧米は深刻といわざるを得ない。要するに、蒸気機関による欧米文化が終焉したといわざるを得ない。日本もそうなのだが、雇用という概念が終焉した訳だ。詰り、文明の制度疲労と言えるだろう。

日本において、「消えた年金」はその象徴かも知れない。公務員は忙しそうにパソコンのディスプレーと向合っているが、仕事になっていない状態が真実だろう。

「失業」という概念自体が様変わりなのかも知れない。
これから、そこらの仕組を概説していきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年11月21日 17:27
ブログを再開されていたのですね~
最近はあまり詳しく管理ページとか見てなくて気がつくのが遅くなってしまいました~~
2011年11月23日 00:43
風子ちゃんようこそ。
世の中が余りに見兼ねてね。
しかし、時間が無くて、中々書きたい事がかけません。
世直しブログにしようと思って、気負っています。
2012年05月26日 01:56
お久しぶりです。
不安定な先行きの見えない日本という国…
いったいどうなっていくのでしょう。
なかなか、希望が持てない世の中です。
2012年05月29日 14:11
GAKUさんようこそ。
本当にお久しぶりです。
本当は、文明が大転換起している時に、行政が居心地の良さのみ追求していることが今の事態を引起しています。
その本質を理解して、革命を起さなければなりません。革命と言っても、文筆によるものですが。
必ず、良い世の中になります。
しなければなりません。
その為に、獅子粉塵の働きをしなければなりません。
それにしても、野田総理の覚悟は軽いですね。

この記事へのトラックバック