原発非依存と生活保護対策を一緒に

管前総理が米外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」(電子版)に寄稿したと言う。

その中で「日本を原発非依存の国にしなければならない」と述べている。

あの大災害の中でリーダーシップを発揮してきたのだから、そういうのは頷ける。

既得権益でのエネルギー政策では原発依存にならざを得ない。

しかし、本当に守らなければならない日本固有の森林があることをわすれてはならない。

過疎の山村における高齢化は止まらず、山はあれる一方だ。

主な任務は間伐材を抜く森を守る仕事だ。

住宅の庭には野菜を植え、自給すれば良い。

食糧需給率は上がり、日本の自然が守られ、漁場の確保にも繋がるわけだ。

間伐材はチップにして、発電に使うと良い。

遊んでいるものを有効活用して、福祉財源も豊かにする、一石二鳥だ。

既得権益を守るものがこの発想を駄目にする。

1度、既得権益をリセットさせることが必要だ。

この記事へのコメント

2012年03月10日 19:54
原発非依存は今後真剣に考えていかなければならない大きな課題だと思います
安全神話が崩壊した今、それでも原発は必要だ、何がなんでも反対するのはおかしいって説もありますが・・
あの戦争で被爆したわが国日本が放射能の恐ろしさは一番知ってるはずの日本が、それでもなお、危険きわまりない原子力に頼ろうとするのは、自分の首を自分で締めるようなものだとつくづく思います・・
さとし君
2012年04月06日 20:46
こんばんわ~。森林へのHbarさんの想いには同感です。戦前の軍事施設関係の木材特需で伐採したものは、即時植林してきた政策は見事だったのですが、森林体積は伸びに伸びてますが、間伐材同士で細いものになってしまうことは国の財産を失いますね。
商社は世界の山を潰し歩き、戦後の復興と建築産業の成長を外材に頼ってしまったことの反省は僕にはできてませんが。関税と成長の関係とか難しい反省になりますようで。。
2012年05月06日 10:57
風子ちゃんようこそ。
日本は原発を廃止すべきだね。
火山や地震があるものの、そのお陰もあって自然に恵まれた国土を有効に活かせば簡単にできると思うよ。風力に止まらず、黒潮や親潮を使った発電だってできからね。
さとし君ようこそ。
日本のエネルギー政策の本命は間伐材利用なんだけど、中々その議論は出てきませんね。森あってこその漁場保護に繋がるということから目が逸れてしまっています。生活保護も受給者にのみ話題がいくけど、その活用論議はでてきませんね。
フフン
2013年01月25日 20:00
太陽光の次は間伐材利用。4年経っても、単位が2~3桁違うものを混同する悪癖が治っておられないようで。
「人類がどうして化石燃料を使うようになったのか?」ということから勉強して頂く必要がありますね。
しかも、生活保護受給者は傷病で働く能力そのものが危うい人が多数なので、そういう精神論は通じません
2013年02月19日 01:50
フフンさんようこそ。
間伐材は本格利用すれば、無限のエネルギー源です。それを利用するシステム構築すれば、多少はエネルギーコストは上がるかもしれませんが、雇用対策にもなり、有効だと思いますよ。

この記事へのトラックバック