取合えず、薬は留保しろ

本日のクローズアップ現在において、発達障害発達障害児に抗精神薬の投与が問題になっていた。

酷い例では、1、2才から服用させているそうだ。

精神科医は自信が無いから、抗精神薬を処方しているに過ぎない。

発達障害において、問題となるのは、前頭前野が巧く機能しない事による。

しかし、それを分らない精神科医は薬に頼ってしまう。

ドーパミンがでるように指導すれば良いのだが、それを不精してしまうのが現在の精神科医のようだ。

要するに、嬉しくなるようにすれば良いだけだ。

生物にとっての喜びはスキンシップだ。

中々、効果がでなくとも、スキンシップを保護者に指導すれば良いのだ。

それでは薬価報酬が得られない所に、現在医療の闇がある。

薬は安く、診療報酬を高くすれば良いのだが、官僚・政治家共に、制約会社からの厚遇には勝てないのかもしれない。

要するに、前頭前野が働くようにすれば良いのだ。

抗精神薬は廃止しても良い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さとちゃん
2012年06月18日 18:01
毎度素晴らしいブログを有難うございます。こちらのブログは本当に私と考えが似ていて驚きます。実は私の妹も薬が原因で社会復帰が絶望的な状態にされました。もちろんそれだけでは無いかもしれませんが、私は7割は薬のせいだと考えています。何とか命はあり、日常の生活はできる様になりましたが、今でも心の中を閉ざしています。今精神科医の専門学校が人気だとか、18歳そこそこの子供に精神の何が解るのか疑問です。そもそもこの薬で利益を上げている奴らが許せません。熱くなってしまいました(笑)また読ませて頂きます。また宜しくお願い致します。
さとちゃん
2012年06月20日 21:20
いつも為になる記事をありがとうございます。この記事の内容も全く同感であります。私の妹も薬により、社会復帰できなくされました。それが全てでは無いかもしれませんが、9割は薬のせいだと考えています。命があっただけが救いです。誰かが金を儲ける度にこの様な人が生まれる、この社会を何とか変えたいです。私には微力な事しかできませんが、自分が正しいと思える事を、まずは毎日の日常の中で行って行きたいと思います。
2012年07月09日 21:42
さとちゃんようこそ。
精神科医の無理解には腹が立つよね。
人は先ず第1に小脳によって制御されています。
その間違いを、前頭前野でやつています。
解れば、18才でも立派に解りますが、60になりなんとする精神科医が解っていないのが現代の闇です。

この記事へのトラックバック